字をきれいに書くコツは?字が汚くて悩んでいるかた必見の情報

字がキレイな人に憧れているという方は多いと思いますし、自分の字の汚さにコンプレックスを抱いている方もいるのではないでしょうか。大人になると字を書く機会も少なくなるでしょうし、特に最近だと直筆ではなくパソコンで文章を作成したり、メールやLINEでやり取りすることが増えたため、さらに字を書く機会が少なくなってしまいました。何とかして字がきれいになりたいと考えている方もいるかと思いますが、ここでは字を綺麗に書くコツなどについてお話したいと思います。

字をきれいに書かなければいけないシチュエーション

別に字が汚くても今の時代は問題ないのでは?と思った方もおられるでしょうが、字を綺麗に書かないといけないシチュエーションもあります。ここではいくつか字をキレイに書く必要のあるシチュエーションについて見てみましょう。

年賀状

日本の伝統でもある年賀状は直筆で書くことが多いですよね。最近では年賀状専用の作成ソフトなどもありますし、テンプレートをそのまま使用してしまうという方もいるでしょうが、一言二言直筆で書くということも多いです。完全にテンプレートのデザインだけで送ってしまうよりも直筆でメッセージを載せたほうが気持ちもこもっていますし、この時は自分で文字を書かなくてはなりません。当然字はキレイであることに越したことはありませんよね。

履歴書

就職や転職活動において履歴書は必須です。履歴書も直筆で書かなくてはいけませんから字が汚いとそれだけでマイナス要因となってしまうでしょう。正直、直筆での履歴書というのは不合理極まりないとは思いますが、日本では未だに直筆による履歴書の提出が求められます。いずれは直筆でない履歴書でも構わない時代がやってくるでしょうが、まだもう少し先の話でしょう。先ほど言ったように履歴書の字が汚いとそれだけで減点対象になってしまう恐れがありますし、何より性格が字に表れると言われていますから汚いと恥ずかしいですよね。

ラブレター

今の時代にラブレターを書くことなどあるのか、と思われた方もいるでしょう。メールやLINEでやり取りするのが常識となった昨今において直筆のラブレターを送るということはそうないとは思いますが、だからこそ逆に直筆のラブレターが相手の心を動かすこともあります。ラブレターの字が汚いと気持ちがこもっていないように思われてしまうこともありますし、誠実さを欠いていると思われてしまうことも考えられます。やはりキレイな字で書いたほうがイイですよね。

社内の書類

書類

社内で使用する書類などは直筆で書くこともありますから、これも字が汚いとあまりよろしくありません。字が汚いと何を書いてあるのか分からないと言われてしまうかもしれませんし、字の汚さを職場の人みんなに知られてしまう恐れもあります。一番困るのは何を書いてあるのか分からないという状態ですよね。上司からも叱られるでしょうし、業務に支障をきたしてしまう恐れすらあります。

結婚式の招待状・芳名帳

結婚式の招待状なども直筆で書くことが多いですから、字が汚いと恥ずかしいです。教養のない人、雑な人だと思われてしまう可能性もあるでしょう。先ほども少しお話したように字が性格を表すとも言われますから、字が汚いだけで人間性を判断されてしまうこともあるのです。

字をきれいに書くための効率の良い練習方法

字が汚いことをコンプレックスに感じている方もおられるでしょうが、字は練習すれば誰でもキレイになれます。人間練習すればたいていのことは克服できますし、字がきれいに書けないという方も正しく練習さえすればキレイな字を書くことができるようになるのです。そこで、ここでは字をきれいに書くための効率的な練習方法についてご紹介したいと思います。絶対にきれいに字を書けるようになりたい、という方はぜひ目を通してくださいね。

正しいペンの持ち方を確認

ペンが正しく持てていないと字が汚くなってしまいます。意外とここが盲点で、いくら練習しても字がきれいにならないという方はペンの持ち方が間違っていることが多いです。癖のある持ち方、間違った持ち方をしているといくら練習したところで字はキレイにならないでしょう。まずは自分が正しくペンを持てているかどうかを確認してください。本格的な字の練習をするのはそのあとのことです。

直線を引く練習

字がキレイに書けない、汚くなってしまうという方の多くは直線をキレイに引くことができません。ぐにゃぐにゃになってしまったり、斜めになってしまったりします。キレイな字を書くうえで直線をきちんと引けるというのは大切なことですから、まずは直線を引く練習をしてみましょう。定規を使ったようにまっすぐな線を引けるようになれば字もキレイになるはずです。

らせんを引く練習

真っすぐな線を引くことができるようになれば次はらせんを引く練習をしてください。ひらがなやカタカナ、漢字どれにしても直線ばかりで構成されているわけではありません。らせんも使われていますから、綺麗な直線と螺旋を組み合わせて字を書きます。らせんをキレイに引けるようになれば自然と字も上手に書けるようになりますから、らせんの練習もしましょう。

ペン字の練習テキスト

ペン字の練習テキストを使って練習するのもおススメです。書店に行けばこうしたテキストはたくさん販売していますから、練習テキストを使って練習すると効率よく上達できるでしょう。

字をきれいに書きたい人が覚えておくべきポイント

いくつかのポイントを押さえておくと字をキレイに書けるようになります。ここでは字をキレイに書きたいと思っている人が覚えておくべきポイントについていくつかご紹介しましょう。

右上がり6度で書く

右上がり6度で書くというのはキレイな字を意識するうえで大切なことです。字はいくつもの線を組み合わせて構成されますが、縦線の配置や横線が右上がりになっているとキレイに見えます。この時の角度が6度ということですね。もちろん、正確に6度を測る必要はありませんから、意識しておけば問題ないと思います。

右下に重心をかける

右下に重心をかけるということも覚えておきましょう。何を言っているのか意味が分からない、と思った方もおられるでしょうが、例えば「川」という字なら一番右の縦線の下を少し伸ばします。右上がり6度だけだとバランスが悪くなってしまいますから、右下に重心をかけることによってバランスのとれた美しい字になるのです。

等間隔を意識する

等間隔を意識することも覚えておきましょう。平行する線や点の間隔を等しくすることによって全体的にバランスのとれた美しい文字となります。右上がり6度、右下重心、等間隔の三つを意識して字をかけば自然とキレイな字になりますよ。

動画でみる美文字ポイント


美しい字を書くためのポイントがまとめられた動画です。見るだけでも参考になりますから、綺麗な字を書きたい方は何度も観てください。こうした動画はネット上にたくさんありますから、いろいろな動画を参考に学ぶと良いでしょう。

書籍で勉強もおすすめ!字をきれいに書きたい人へのイチ押しの書籍

キレイな字を書けるようになりたいのなら書籍で勉強するのもおススメです。ここでは字をキレイに書きたい方のためのおススメ書籍をいくつかご紹介しましょう。

百人一首で美文字練習帳 (COSMIC MOOK)

百人一首で美文字練習帳 (COSMIC MOOK)
美文字を求める方のためにいくつものポイントを記述した書籍です。百人一首を題材にした教材ですから百人一首にも詳しくなれるでしょう。ひらがなだけでなく漢字の練習もできますから、綺麗な字を書きたい方は一冊持っておいて損はありません。

ワンランク上の美文字が書ける!! 極める! ペン字・筆文字練習帳 (COSMIC MOOK)

ワンランク上の美文字が書ける!! 極める! ペン字・筆文字練習帳 (COSMIC MOOK)
こちらもワンランク上の美文字を書きたい方にお勧めしたい一冊ですね。解説がとても分かりやすく丁寧に書かれていますし、キレイな字を書けるようになるための練習本としてはベストではないでしょうか。基礎から実践と段階的に習得できる構造になっているのも嬉しいですね。着実にレベルアップできるテキストです。

基礎の基礎から美しい筆文字がじっくり学べる 筆ペン練習帳 (インプレスムック)

基礎の基礎から美しい筆文字がじっくり学べる 筆ペン練習帳 (インプレスムック)
こちらも基礎からキレイな字の書き方が学べる本です。初心者にも分かりやすく説明されていますし、これ一冊あればかなり上達するのではないでしょうか。

歌謡曲でペン字練習帳

歌謡曲でペン字練習帳
歌謡曲のフレーズをなぞることで美しい字が身に付くというちょっと変わった教材です。ヒット曲を中心としていますから、興味を持って字の練習を行うことができます。楽しく学びたいという方にピッタリの教材でしょう。

まとめ

パソコンやメール、LINEなどの普及によって字を書く機会はどんどん失われていますが、それでも直筆で字を書くシーンというのはまだまだあります。滅多に字を書くことがないからこそたまに書くと字が汚くなってしまうということもありますよね。普段から字を書くことを意識しているといつでも美しい字を書けるようになると思います。また、もともと字がヘタでコンプレックスだった、という方もここでご紹介した方法で練習すればきっと字は上達します。すぐには上手にならないかもしれませんが、継続して練習していればいつか必ずキレイな字を書けるようになりますよ。