カップル マンネリ

付き合って5ヶ月のカップルってどんな感じ?過ごし方と倦怠期の対処法

付き合いだして5ヶ月目くらいになるとさまざまな変化も現れてくるものです。付き合いだしたばかりの頃に比べて気軽に会話もできるようになっているでしょうし、お互いのこともかなり理解できている状態ではないでしょうか。ただ、これくらいの時期になると必ずと言ってよいほどやってくるのが倦怠期です。ここでは、付き合って5ヶ月目のカップルの様子や過ごし方、倦怠期への対処法などについてお話したいと思います。

付き合って5ヶ月目のカップルはどんな感じ?


付き合って5ヶ月目にどのようになるかはカップルによってまちまちですし、中には付き合いだした頃とほとんど変わらない関係性という方もいるかもしれません。カップルによって変わってはくるものの、ここでは一般的な5ヶ月目を迎えたカップルの様子をお伝えしたいと思います。

関係が落ち着いている

この時期になると二人の関係はだいぶ落ち着いています。付き合いだしたばかりの頃のような初々しさはもうありませんし、気軽に会話できるようにもなっているでしょう。最初は些細なことでも衝撃を受けたりカルチャーショックを受けるようなこともあったと思いますが、お互いのことをだいぶ分かってきているのでそのようなことも少ないのではないでしょうか。

倦怠期を迎える

だいたいこの時期に倦怠期がやってくると言われています。一緒にいても何となく楽しくない、ケンカばかりしてしまう、本当にこの人のことが好きなのかどうか分からない、という状況になってしまうケースも少なくないでしょう。倦怠期を経験していないというカップルもいますが、多くの場合はこれくらいの時期に倦怠期を経験します。

デートがお決まり過ぎてマンネリ化する

カップル マンネリ
これも定番ですね。付き合って5ヶ月目くらいになるとデートがお決まりのパターンになってしまうことが少なくありません。いつも同じお店で食事、同じ場所に遊びに行き最後にはホテルに行く、といった定番の流れができていると思います。カップルによってどのようなパターンかは異なるでしょうが、毎回デートが同じような感じになってしまうというのは多いのではないでしょうか。

相手の本当に良いところが見えてくる

付き合い始めるきっかけもいろいろなことが考えられますが、付き合って5ヶ月目くらいになると相手の本当に良いところも見えてくるようになります。当初はイケメンだから、という理由で付き合い始めたのに実は人のことをとても思いやれる優しい心の持ち主だった、といったことも分かってきます。

早いカップルでは結婚を意識する

これはカップルによって違ってくると思いますが、中には結婚を意識し始めるような人もいます。特に社会人カップルでお互いがある程度の年齢になっているのならこうしたことも珍しくないでしょう。20代後半や30代のカップルだとこれくらいの時期に結婚も意識し始めるのかもしれませんね。

付き合って5ヶ月目はどんな風に過ごすのがいい?


ここでは付き合って5ヶ月目はどんな風に過ごせばいいのかについてお話したいと思います。ちょうど5ヶ月目を迎えるという方はぜひ参考にしてくださいね。

相手と会う時間をしっかりと取る

相手と会う時間をしっかり確保するようにしましょう。この時期はどうしても倦怠期に陥りがちですし、それが原因で別れてしまうということもあります。相手と会う時間をしっかりと作り、お互いの愛を育めるよう努めたほうが良い結果となると思います。仕事などで忙しいかもしれませんが何とか時間は作りましょう。

明るく接する

相手に対してすっかり慣れている時期ですし、最初の頃に比べるとあまり感情を表に出さなくなるようなこともあります。そのため、これくらいの時期には意識的に明るく接するよう心掛けましょう。お互い明るく接することを心がければもっとイイ関係になれるのではないでしょうか。

相手との居心地が良いことを楽しむ


お互い好きで付き合っているのですから、居心地の良い時間を過ごしていることを楽しむようにしましょう。5ヶ月目にもなるとだんだん新鮮味も薄れていますし、一緒にいるのが当たり前のようにもなってきます。そうなってしまうと少々危険信号ですから、初心を忘れないということも大切ですね。

自分の趣味を満喫する

恋愛のことばかりではなく自分の趣味も満喫するようにしましょう。ずっと一緒にいると疲れてしまうこともありますし、特にデートなどがパターン化してマンネリになっているとどんどん一緒にいることがつらくなります。この時期はなるべく自分の時間もしっかり作り、趣味などに没頭するのもおススメですよ。

スキンシップを心がける


次第にスキンシップも少なくなる傾向にありますから、意識的にスキンシップを心がけるようにしましょう。ベタベタしすぎるのもまた逆効果になってしまうかもしれませんから、そのあたりは考えてください。適度なスキンシップを心がけることでさらに良い関係性に近づけるでしょう。

デートの時は普段より楽しいをアピール

デートにもすっかり慣れてくるころですし、付き合いだした当初に比べて楽しいという意思表示もあまりしなくなると思います。これだとどんどん新鮮味も薄れてしまいますし、何となくダラダラ過ごすようになってしまいます。デートの時は普段よりも楽しいということを体全体でアピールしましょう。

倦怠期を感じる場合の対処法

カップル マンネリ
カップルや夫婦に必ず訪れると言われる倦怠期ですが、ここでは倦怠期への対処法についてお話したいと思います。

二人で新しいことを始めてみる

2人で何か新しいことを始めてみるというのは効果的です。一緒に行動することが当たり前のようになっていますし、新鮮味もかなりなくなっている頃ですから刺激を受けるためにも新しいことにチャレンジしてみましょう。2人が興味を持てる趣味を見つけるのもいいかもしれませんね。

あえて少し距離を置いてみる

一緒にいることでどんどん嫌いになりそう、イライラしてしまいそう、という場合には敢えて少し距離を取るという手もあります。倦怠期にはどうしても相手に対して不満が出てきたり、イライラすることもあります。少し距離を置くことによって関係が回復することはよくありますよ。

話し合いをしてみる

一度2人でしっかり話し合ってみるのもいいかもしれませんね。この頃になるとお互い意地の張り合いのような喧嘩をしてしまうこともありますし、本音を言わなくなっている可能性もあります。お互いが思っていることをしっかりぶつけあいましょう。

初心に戻ってみる

彼氏いるの?と尋ねる男性心理とモテ回答
付き合いだしたばかりの頃はとても楽しかったはずです。特に何かしなくても一緒にいるだけで楽しかったと思いますから、その時のことを思い出してみましょう。喧嘩しそうになったとき、イライラしてしまったときこそ初心に返るべきです。楽しかった頃を思い出してみましょう。

ときめくような状況を作る

デートもマンネリ化してしまってドキドキしなくなった、という状況に陥ることも多々ありますから、このようなときは敢えてときめくような状況を自分たちで作り出すという手もあります。サプライズを仕掛けたり、初デートした場所に行ってみるなどいろいろアイデアを出してみましょう。

まとめ

付き合って5ヶ月目ともなるとどうしても倦怠期が訪れてしまいますし、この時期に別れてしまうというカップルも少なくありません。喧嘩の回数も多くなってしまいますし、別れ話が出やすいのもこの時期ではないでしょうか。しかし、この時期を2人で乗り越えることができればもっと強い絆を築くことができるでしょうし、さらに良い関係へと進むこともできるでしょう。イライラしたときや喧嘩したときは初心に戻り、ピュアな気持ちで相手を好きだったことを思い出してください。その上で倦怠期を乗り越えるような方法を2人で考えられるとイイですね。ここではそのためのヒントも出しましたから、参考にしていただけると幸いです。