一夜限りの関係ってアリ・ナシ?翌朝になってから後悔しない方法

一夜限りで異性と関係を持つという人がいます。このような行為がアリと思う方もいれば、ナシと思う方もいるでしょう。翌日になって後悔してしまう方もいるはずです。一夜限りの関係を失敗しないためのポイントをまとめました。

一夜限りの恋ってアリ・ナシ?

一夜限りの恋に興味のある方は多いでしょう。果たしてこれはアリなのでしょうか、それともナシなのでしょうか。一夜限りの恋について注目してみましょう。

実際に一夜限りの関係を持った経験のある女性は3人に1人


まず実際に一夜限りの関係を経験したことのある女性はどのくらいいるのでしょうか。これはとても気になる問題でしょう。少ないと考えている方は多いかもしれません。実は女性にアンケートをとると3人に1人はそういう関係を過去に経験したことがあると答えています。

これは想像よりも多いのではないでしょうか。もちろん、少数派であることに違いはないのですが、全体の3割を超えるということは多くの女性が一夜限りの関係を経験しているということなのです。

アリ派の意見:深追いせず割り切れるならOK

まず一夜の関係がアリの方の意見として、深追いをしなくて割り切れるのであればOKというものがあります。一夜の関係を深追いしてしまうと面倒なことになってしまいます。相手も一夜の関係を望んでいたのに、あなたの方がもっと深い恋愛を望んでしまえば、相手に迷惑をかけることになるでしょう。相手につきまとってしまうような方もいるのです。

このようなことにならない自信があるのであれば、一夜の関係はアリと考えている方はいます。いわゆる大人の関係としてその場限りとするのです。

ナシ派の意見:2人の関係が発展するのは難しいのでNG


一夜の関係がナシだと考えている方も当然います。このような方は、一夜の関係ではそれ以上発展するのが難しいためナシだと考えているのです。基本的にナシ派は関係を持つのであればそのまま恋愛に発展するべきだと考えています。このような方にとっては、一夜限りの関係というのはあまり良いものではないでしょう。恋愛にはつながらないからです。

一夜限りの関係を後悔しないための対処法

一夜限りの関係をした結果として後悔してしまったという方がいます。このような結果にならないために対処したいという方は多いでしょう。こちらではどのような対処法があるのかを解説します。

酔った勢いやその場の流れではなく自分の意志で決めること

まず一夜限りの関係だとしても、それは自分の意志でしっかりと決めるべきです。たまに酔ってしまった勢いで一夜の関係をしてしまったり、その場の流れや勢いに任せてやってしまったという方がいます。これは後悔してしまう可能性が高いです。よく検討をした結果ではないからです。

たとえ一夜のその場限りの関係だったとしても、しっかりと検討をした上で決めるべきでしょう。そうすれば、後悔することはなくなります。

一夜限りを過ごす相手に対してハードルは高く設定すること

一夜限りの相手を求めている男性はたくさんいます。そのため、女性がそれを望めば毎日でも一夜の関係を経験することは可能でしょう。しかし、これではキリがないでしょう。そのため、一夜限りの相手を選ぶ際にはハードルは高めに設定しておくべきです。そうすることによって、やみくもに関係することを防ぐことができるでしょう。

自分にとって理想的な男性が現れれば、その人とは一夜の関係をしても良いと考えるのです。逆にいえば、理想の相手ではなくどこかに不満があるならば、そのような相手と一夜の関係をしてもあまり満足できないため避けるべきでしょう。

セックスは本気で楽しむこと


そもそも一夜の関係を求めるのはセックスをしたいからです。それが最大の目的であり、唯一の目的といえるでしょう。そのため、実際にセックスをする際には心の底からセックスを楽しむべきでしょう。そのときには躊躇したり、余計なことに気を取られるべきではないのです。

自分の好きな相手と気持ちの良いセックスをすることが一夜の関係の目的です。それを忘れないようにしましょう。セックスに集中できないような方は、一夜の関係をするのにあまり向いていません。

「いい女だった」と相手の記憶に残るセックスを心がけること

実際にセックスをする際には相手の男性にいい女だったと思われるようにしましょう。それぐらい相手に尽くして熱のこもったセックスをすることによって、相手の記憶に残るだけではなくて、自分の記憶にも残るセックスとなるでしょう。一生懸命することによって、相手も本気になってくれます。そうなれば、ますます気持ちの良いセックスができるのです。

避妊や病気対策は徹底すること

トラブルを避けるためには絶対に避妊をしましょう。さらに性病対策もしっかりと行って下さい。万が一一夜の関係をともにした後に妊娠してしまったり、性病にかかってしまうと大変なことになります。面倒なことが起きないようにこれらの点は徹底して注意しておくべきです。

一夜の関係をする際には、普段のセックスよりも何倍も慎重にならなければいけないのです。たとえば評判の悪い相手を選ぶのもやめましょう。できるだけ真面目で誠実な男性を選ぶべきです。

その後の発展は望まないこと


一夜の関係を経験する際の鉄則として、それ以上の関係の発展を望んではいけません。それを望んでしまうから失敗してしまうのです。お互いがその場限りの関係だと割り切っているからこそ、一夜の関係は成立しているのです。割り切ることができなければ後悔してしまいます。本気で愛している人とはそのような関係をするべきではないでしょう。好きな人に対してはまずは告白するべきです。

一夜限りの関係で失敗するケース

一夜限りの関係を持って失敗してしまったという方もいます。それにはさまざまな状況を考えることができるでしょう。こちらではどのようなケースで一夜限りの関係が失敗してしまうのか、具体的な例をあげましょう。

既婚者が相手だった

既婚者とは一夜限りの関係をするべきではありません。これは浮気になってしまうからです。浮気をしてしまうと相手の家庭を壊してしまいます。相手に迷惑をかけてしまいます。また、相手の奥さんにあなたが訴えられてしまう可能性もあります。浮気をしたという噂が広がってしまい、社会的にも影響を受けることもあるでしょう。

浮気というのは誰も幸せになりません。たとえ一夜限りだったとしても、浮気をしたことがバレてしまう可能性は常に存在しています。とてもリスクのある行為なのです。そのため、既婚者を狙うべきではありません。既婚者から誘われたとしても、しっかりと断りましょう。

自暴自棄な状態だった

好きな人に振られてしまったり、恋人に浮気をされたといった状況で、自暴自棄になって一夜限りの関係をしてしまうという女性は少なくありません。たとえば男友達に相談をしたり、愚痴をこぼしていて、その場の流れで一夜をともにするというケースもあります。

自暴自棄になっていると正常な判断力が失われています。状況を正確に判断することができないのです。そのため、翌朝になって後悔してしまう可能性は高いでしょう。このような行為をするべきではありません。相手と気まずい関係になってしまったり、浮気を責められてしまう可能性もあります。

酔った勢いだった


お酒に酔って、その場の勢いで男性に誘われてやってしまったという経験のある方は少なくありません。これもやめた方が良いでしょう。まずお酒に酔っていると避妊を忘れてしまったり、怪しい男性と一夜を共にしてしまう可能性があります。判断力がなくなっているため、後になってどうしてあんなことをしたのかと後悔してしまうこともあるのです。

お酒に酔っていると普段はしないようなプレイまですることがあります。複数の男性としてしまったり、男性にお金を盗まれるような被害にあってしまう可能性もあるでしょう。リスクが高いためお酒に酔っている状態での一夜限りの関係は危険です。

まとめ

一夜限りの関係というのは意外と多くの女性がしているものです。しかし、失敗している方も少なくありません。きちんと注意点を守って、後悔のしない一夜を過ごしましょう。