オラつく男性の共通点と状況って?辞めさせるためにすべきこと

男性の中にはオラついている方がいます。オラつく男性というのは最近よく耳にする言葉です。それではオラつく男性とはどのような人なのでしょうか。こちらではその特徴とオラつきをやめさせる方法について教えましょう。

オラつくって何?

そもそもオラつくとはどのような意味の言葉なのでしょうか。こちらではオラつくということの意味について解説しましょう。

見下したことを平気で言う


まずオラつくというのは相手のことを見下している状態のことです。相手を見下すようなことを平気で言ってしまうのです。相手を馬鹿にしたり、相手をけなしてしまうのです。それを頭の中で思っているだけではなくて、平気でそれを言葉にしてしまうのが特徴となっています。そのようなことを平気で言ってしまうと相手が傷ついてしまったり、周りから引かれてしまうことがあるのですが、そのようなことを意に介さないのです。

店員さんなどへの文句

オラついている人というのはさまざまな相手に対して文句を言います。特に多いのは店員に対してです。店員のことを完全に見下してしまうのです。そして、ちょっとしたことですぐに文句を言ってしまいます。クレーマーだと思われるのですが、そのようなことは気にしないのです。たとえばちょっとしたミスをされただけでもそれに怒り狂って店員を怒鳴り散らしてしまうことがあるのです。そのような行動がオラついていると評されてしまいます。

オラつく男性の共通点は?

オラついている男性というのはさまざまな共通点があります。こちらではオラついている男性の特徴について紹介しましょう。たとえば自分の彼がオラついているかどうかを判断するための参考にしてください。

子供っぽくて大人になりきれていない

カップル
オラつく男性というのは基本的に子供っぽいです。精神年齢が子供だからこそ、大人な対応ができないのです。どこかで大人になりきれていない部分があるのです。子供というのは感情の赴くままに行動をしたり発言をしてしまいます。それがまさにオラついている男性に見られるものとなっています。子供っぽい発言を繰り返してしまいます。自分の感情を抑えることができないのです。

短気ですぐに怒り出す


オラついている男性というのはとても短気です。常に怒っている印象があるでしょう。すぐに怒り出してしまうのです。自分が馬鹿にされているとすぐに考えてしまっています。周りの人のことを基本的に見下しており、とてもプライドが高いです。そのため、自分が舐められているとすぐに考えてしまいます。その結果として、すぐに怒ってしまうのです。自分の怒りを抑えるということができないのです。相手に向かって感情を爆発させてしまいます。

悪ぶることが格好いいと誤解している

オラついている行為というのは、基本的に悪いこととされています。そのため、普通の人はそのようなことをするのは恥ずかしいことだと考えているものです。しかし、オラついている人は悪ぶりたいのです。それは中学生や高校生のうちに卒業するべきことなのですが、子供っぽいオラついている人というのは、大人になっても悪ぶりたいのです。悪ぶるということが格好良いと考えているのです。それによって自分がモテると考えています。女性の前で格好をつけたいという思いがあるのです。

父親がオラつく人だった

どうしてその人はオラついてしまうのかといえば、父親が影響している可能性があります。父親もオラついている人の場合は性格が遺伝してしまうことがあるのです。また、子供の頃からオラついている男性を目にしているため、それが当たり前のことだと考えているのです。そのため、オラつくことが悪いことだとは基本的に考えていません。それが自然なことのようにオラついてしまうのです。環境が影響してしまいオラついてしまうのです。

目つきが鋭く怖い印象


オラついている男性のイメージとしては、目つきが鋭くて怖いという印象があります。常に周りの人を睨んでいるという印象があるのです。実際にオラついている男性は、周りを威嚇していることが多いでしょう。そのため怖いと思われています。誰彼も構わずに怒ってしまったり、文句を言ってしまいます。オラついている人はそのようなイメージを別に悪いことだとは思っていません。

どういう状況でオラつくの?

オラつく人というのは、どのような状況でオラついてしまうのでしょうか。こちらではオラついてしまう状況について細かく紹介しましょう。

食事中にウエイターさんにオラつく

飲食店でオラついてしまうことは多いです。よく利用する機会があり、さまざまな部分で文句を言ってしまうのです。たとえば食事をしているときにウエイターさんにオラついてしまうのです。注文をしてなかなかこなかったら怒ってしまうでしょう。声が小さいと言って怒り出したり、言葉遣いを注意してしまうこともあります。

ウエイターというのは基本的に弱い立場となっています。どんなにオラついている男性であっても、お客さんであることには変わりないため、低姿勢となっています。そのため、オラついている男性は調子に乗ってしまうのです。たとえ女性と一緒にいたとしても、それには関係なくウエイターにオラつくのです。それが格好いい姿だと勘違いしています。

ドライブ中に他の車をあおる

ドライブをしているときにオラついてしまうことがあるでしょう。他の車をあおってしまうことがあるのです。最近では他の車をあおる行為は犯罪として周知されており、最悪の場合は捕まってしまうこともあります。それでもいまだに車をあおる行為を繰り返している方は多いのです。法定速度を守っている車に対してさえ遅いと罵倒してしまうのです。実際に前の車をあおったり、クラクションを鳴らしてしまうこともあるでしょう。

ドライブをしていると人格が変わるという人がいるのですが、オラついている人というのはどのような状況でも基本的にずっとオラついています。車に乗っているときは特にオラつきが増幅されてしまうことがあるのです。

お店で列に並んでいる時のイライラを態度や大声で表す

お店の中で列に並ぶことはよくあります。そのときにはとてもイライラしてしまいます。もちろん、普通の方であってもイライラすることはあるでしょう。しかし、オラつく人というのはそのイライラを表に出してしまうのです。たとえば態度に表してしまったり、大声を出してしまうのです。店員に向かって早くしろと怒鳴りつけてしまうこともあるのです。そのため、店内の空気を悪くしてしまうでしょう。周りから白い目で見られてしまうのです。

彼がオラつくのを辞めさせる方法

オラつく行為というのはメリットはありません。周りに迷惑をかけてしまい、最悪の場合はトラブルにさえ発展してしまいます。そのため、オラつきを辞めてほしい方は多いでしょう。こちらではどうすればオラつくのを辞めさせることができるのかを教えましょう。

みっともないのでやめようと言う


まずオラつく行為はみっともないということをしっかりと伝えておきましょう。もちろん、それで辞めてくれる可能性は低いかもしれません。それでも自分はオラつきを嫌がっているということは主張するべきです。それは理解してもらいましょう。

相手が迷惑に感じていると伝える

オラつきを自分が嫌だと思っているだけではなくて、周りの人達にも迷惑だということを教えましょう。たとえばお店で店員にオラついているのであれば、それは迷惑なことであるとちゃんと伝えておきましょう。

オラつくのをやめないなら別れる

どうしてもオラつきを辞めてくれない方がいます。その場合はオラついている男性と別れるという選択肢も考えておいてください。オラつきというのは生まれてついてのものである可能性が高いです。そのため、どれだけ注意をしても直してくれなくて、むしろ逆切れされてしまう可能性があるのです。もしオラつくのをやめないのであれば、別れてしまった方が良いです。その方がトラブルを避けることができます。オラつく男性と付き合っていても良いことはないでしょう。

まとめ

オラついている男性というのはだいたい似たような人達です。とてもプライドが高くて、どんどん相手を威圧してしまいます。辞めさせるためには、それが迷惑であることを教えるべきです。どうしても解決されないのであれば、別れましょう。