イケメン 男性

イケメンの基準を満たしている男性の特徴まとめ

いつの時代もイケメンと呼ばれるタイプの男性は魅力があります。何よりルックスの部分が重要ですが、こちらにはイケメンの基準を満たす外見の要素について集めました。イケメンの定義には外見だけでなく内面も必須条件。そのため、内面の要素についても集めました。

イケメンの基準:外見編

イケメン 男性

歯並びが整っていて歯が白い

男性の魅力を決定するのは美しい笑顔でしょう。そして、笑顔とは必ず歯が見えるものですが、そこで歯が汚かったら一気に幻滅してしまうものです。そのため、イケメンを満たす基準のひとつとして歯並びの良さと歯の白さは大切でしょう。現在は歯の矯正やホワイトニングも人気となっており、男性の歯に対する美意識も向上しています。

顔が小さい

人間の印象は何より顔で決まります。しかし、そこでいくら整った顔立ちをしていたとしても、大きい顔ではどこかかっこ悪く見えてしまうのです。そのため、イケメンを決める要素として小顔は重要なポイントでしょう。現在は小顔効果のあるマッサージも紹介されており、女性だけでなく男性も小顔マッサージをする時代となりました。

流行を取り入れたヘアスタイル

ヘアスタイルの流行とはいつの時代も変化しており、常に流行の最先端のヘアスタイルが注目されています。そのため、ファッションに気を遣う男性は常に新しいヘアスタイルをチェックしており、それを取り入れているのです。そして、似合うヘアスタイルでなければ意味がありませんので、自分を客観的に見るセンスも問われるでしょう。

澄んだ瞳をしている

イケメン 男性
顔にはさまざまなパーツがありますが、そこで最初にチェックするポイントは目でしょう。日本には「目は口ほどに物を言う」という言葉もあり、目から気持ちが伝わるものです。そのため、イケメンの基準のひとつとして澄んだ瞳というものがあります。澄んだ瞳をしているだけでピュアな性格が分かるのです。

美肌である

いくら整った顔立ちをしていても、肌がガサガサでは意味がありません。そのため、美肌は非常に重要なポイントなのです。これまでのスキンケアは女性だけのものでしたが、現在は男性向けのスキンケア用品が発売されており、スキンケアに気を遣う男性は増加しています。そのため、美肌はイケメンに欠かせないポイントでしょう。

適度に眉毛のお手入れをしてある

イケメン 男性
かつて日本人男性の間で細眉のブームがありました。しかし、現代の日本で細眉にする男性は減少しています。そのため、男性は眉毛の手入れをしなくても良いイメージがありますが、そのようなことはありません。細眉は行き過ぎですが、適度に眉毛の手入れをすることは大切です。眉毛の手入れをすることで清潔感が与えられます。

スッと鼻筋が通っていて鼻が高い

鼻は顔の中心にあるパーツです。そのため、スッと通った鼻筋はイケメンの大切な要素なのです。ほかのパーツがいくら整っていたとしても、鼻筋が通っていなければバランスが悪くなってしまうのです。鼻筋を通す整形手術も人気になっており、人間にとって鼻筋とは顔立ちを決める大切なポイントと言えるでしょう。

高身長である

かつては高収入、高学歴と並んで高身長が人気となっていました。それはいつの時代も同様のことで、高身長の男性は魅力的に見えるものです。高身長はたくましさや強さを感じさせるため、多くの女性を引きつけています。さらに、高身長はスポーツが出来るイメージも与えますので、これに惹かれる女性も多いことでしょう。

体を鍛えている・スタイルが美しい

現在は多くの町でスポーツジムが営業を行っており、多くの方が身体を鍛えています。鍛え抜かれた身体はそれだけで美しさがありますが、そのほかに健康的な肉体のアピールになるのです。また、あまりにマッチョな身体は嫌がられることもありますが、締まったスタイルはどのような女性からも好かれます。

清潔感のある服装をしている

イケメン 男性
ファッションセンスとはイケメンを決める重要な要素です。流行に合ったファッションを選ぶことも大切ですが、いつの時代も高い人気を誇っているのは清潔感のある服装でしょう。ヨレヨレの服装はだらしないイメージを与えるので、性格までルーズに思えてしまうのです。そのため、清潔感のある服装は間違いありません。

横顔の鼻先とアゴを結んだ線(Eライン)よりやや内側に唇がある

顔のそれぞれのパーツも重要ですが、鼻先とアゴを結んだラインも重要です。このラインはEラインと呼ばれており、このEラインよりも少し内側に唇にあると理想的な顔とされています。このバランスが悪くなると、どこかノッペリとした印象を与えてしまうのです。

イケメンの基準:内面編

立場が下の相手に傲慢な振る舞いをしない


いくら外見が良かったとしても内面が悪くてはイケメンと呼べません。そんな内面でも特に大切なことは、下の相手への振る舞いでしょう。本当のイケメンであれば下の相手だったとしても傲慢な振る舞いはしません。下の相手に対して偉そうな態度をとってしまうと、余裕が無いように感じられてしまいます。そのため、器の小さい男のように見えてしまうのです。

嘘をつかない

イケメンとは誠実な態度をとる男性でなければなりません。誠実な男性とは嘘をつかない男性です。人間はどうしても自分を大きく見せたがりますので、ある程度の嘘をついてしまうもの。しかし、嘘をついてしまうとどこかのタイミングでバレてしまうことがあり、その時は非常にみっともないものです。そのため、本当のイケメンとは自分を大きく見せるようなことはしません。

気遣いが上手

ふとした瞬間にちょっとした優しさや気遣いを見せるだけで、男性は魅力的に見えるものです。そのため、気遣いが上手い男性はイケメンと言えるでしょう。こういった小さい積み重ねによって男性の魅力がより引き立つのです。そして、しつこい気遣いはかえって逆効果になってしまうので、気遣いの上手い男性は相手の気持ちが読み取れるタイプと言えるでしょう。

常識・マナーを守る

人間は誰しも踏み込まれたくない領域を持っているものですが、そこに気が遣える男性はマナーのある男性でしょう。こういった常識やマナーを持っている男性はイケメンと言えます。そして、常識やマナーを守る男性は、社会性が身についている男性とも言えるでしょう。社会性はビジネスシーンでも役立ちますので、仕事の出来不出来にも関係します。

乱暴な言動を取らない


些細なひと言で相手を傷つけることがあります。そのため、乱暴な言葉遣いの男性は大きく魅力を下げてしまうものです。本当のイケメンとは乱暴な言葉遣いではなく、優しい言葉遣いを心がけています。これは相手に対する優しさでもありますので周囲に人が集まり、女性からも注目されるのです。

口先だけでなく行動が伴っている

口先だけで一切行動をしない男性がいますが、これは非常にみっともないものです。自分で言葉にしたことを直ちに行動に移すタイプは魅力があり、イケメンと呼んで良いでしょう。いくら口が上手かったとしても行動力が無ければ、逆に魅力が半減するのです。

些細なことで動じず常に落ち着いている

些細な出来事で動じてしまうタイプがいますが、こういったタイプは弱々しいイメージがあるものです。そのため、何があろうとも常にどっしりと構えている男性は強さが感じられます。落ち着きのある男性は大人の魅力があり、女性からもモテるでしょう。

仕事がデキるビジネスパーソンである

仕事で成功するには頭の良さだけではありません。信頼感、責任感、行動力、判断力などがなければビジネスシーンで成功は難しいでしょう。そのため、ビジネスパーソンとはイケメンの要素のひとつなのです。

まとめ

イケメンを決めるポイントはいくつかありますが、何よりも大切なことは外見の良さでしょう。特に清潔感のある外見は魅力的です。そして、内面も大切な要素ですが、そこでは優しさ、マナー、行動力などが求められます。