「自分に自信が持てない」を克服!自信をつける方法とは

自信のある方は常にイキイキとしており、周囲に多くの人が集まるもの。そして、自信を持っているだけで異性からモテることも。しかし、自分に自信が持てないことで悩んでいる方は多いことでしょう。

こちらでは、

  • 「自分に自信がない」と答えている女性が7割以上
  • 自分に自信がない理由
  • 「自身がない」を克服する方法

を紹介します。なかなか「自信がある」と言い切れないものですが、自分を信じてあげることにも繋がるので、ぜひ参考にして前向きになれるよう努力してみてくださいね。

20代・30代女性の7割以上が「自分に自信がない」と感じている!

「どちらかと言えば自信がない」とか「まったく自信がない」など、7割以上の女性が自分に自信がないと答えているそうです。顔や肌、スタイル、仕事の出来、人間性など、何に対して自信が持てないのか、人によって違いはあるものですが、いずれにしても、自信を持てずにいる女性が多いのが、日本の現状です。

自分に自信が持てない原因

自分に自信が持てない原因は人それぞれ違ってきますが、主な原因をここではご紹介していきます。原因が分かれば、そこから気持ちを切り替えて自分の自信の無さを改善することにも繋がります。

親から「出来が悪い」と言われたなど幼少期の生活環境

小さいころの教育やしつけは何歳になっても影響を与えるものです。そのため、小さいころに親から「出来が悪い」と言われてしまうと、「自分は出来が悪い人間なんだ」と考えてしまうのです。

大きくなってからであればすぐに忘れることが出来ますが、小さいころはすべてを鵜呑みにしてしまいます。そして、親から言われたことはなおさら強い影響を与えてしまうのです。そのため、親から「出来が悪い」と言われたことのある方は何歳になっても自信が持てません。

過去の失敗からのトラウマ

前向きな性格の方はちょっとした失敗をすぐに忘れてしまいます。そして、新たなことに向けて行動が出来るのです。しかし、中にはそういった気持ちの切り替えが出来ないタイプの方も少なくありません。

こういったタイプは失敗をいつまでも引きずってしまい、ちょっとした失敗もトラウマとして心に残ってしまうのです。そして、自分に自信を持つことも出来ません。

他人から批難・批判・バカにされるなどした

女性 孤独過去のトラウマが原因となって自分に自信が持てなくなることがあります。特に他人からの批難や批判、バカにされた経験はトラウマになってしまうのです。反省することは大切ですが、それをいつまでも引きずってはいけません。こういったトラウマを忘れて克服することで自信を取り戻すことが出来るのです。環境を変えることでトラウマを克服出来ることもありますので参考にしてください。

周りに自分より優れた人が多くいる

周囲に優れた人がいるとどうしても「自分は劣った人間なのではないか」と考えてしまい、自信を喪失してしまうものです。どのような場面でも優れた方はいますが、そこで自分と比較してはいけません。誰しも得意な分野がありますので、自分にも優れた部分はあるものです。そのため、周囲の人間の優れた部分だけを見るのではなく、自分の優れた部分を探すようにしてください。これによって自信を付けることが出来るでしょう。

自分に自信がないことを克服する方法

自分に自信がない人は、過去の失敗やトラウマに引きづられてしまい、なかなか前を向くことができません。しかし、気持ちを切り替えることで一歩前に進むことができます。ここでは、自信がないことを克服する方法をご紹介します。

目の前のことに一生懸命になる

まずは目の前のことに一生懸命になりましょう。これによってひとつの結果を出すことが出来るので、これが自分の自信につながるのです。小さなことからコツコツと積み重ねましょう。

そして、他人と比べることは避けましょう。自信を持っていない方が他人と比較してしまうと、自分の悪い部分しか見えなくなってしまうのです。

自分をありのままに表現できる場を作る

自信を持っていないと自分の気持ちを正直に表現することが出来ません。そして、そういった生活を続けていると余計に自信を失ってしまうのです。そのため、ありのままの自分を表現出来る場所を作りましょう。友だちや家族の前であれば比較的自由に表現が出来るものです。また、それが難しいようでしたらネットなどで新たなコミュニティを探しても良いでしょう。新たなコミュニティであれば新たな自分になれるものです。

小さな欠点を克服する場を作る

誰もが欠点を持っておりそれが気になって自信を喪失することは少なくありません。そのため、そういった欠点を少しずつ克服することが大切です。いきなり全てを克服することは出来ませんので、小さいことから克服することをおすすめします。これを繰り返すことで徐々に自信を持つことが出来るでしょう。

他人と自分とを比較しない

他人と比較してしまうとどうしても自信を失くしてしまうものです。誰もが得意な部分や優秀な部分を持っているので、そこと比較してしまうときりがありません。そして、自分の良い部分を探すようにしてください。小さいことでも構いませんので、少しずつ探すことがポイントです。この積み重ねが自信になります。

小さな達成感を積み上げていく

人は成功体験によって自信を身につけ、より自分を高めることが出来ます。こういった成功体験が少ない方は自分に自信が持てないのです。そのため、ちょっとしたことで良いので、物事をひとつ達成したら自分を褒めるようにしてください。これによって達成感や成功体験が得られますので、少しずつ自信をつけることが出来ます。自分に自信の無い方はどうしても自己評価が低くなりがちなのです。

人の長所を見つけることを意識する

女子会
周囲には色々なタイプの方がいますが、人の長所を見つけるようにしてください。そして、そこで卑屈になってしまうと自信を失ってしまいます。そのため、「周りにはこんなに優秀な人がいる自分は恵まれている」と考えるようにしましょう。これによって優秀な方を見ても劣等感を意識せずに済むのです。そして、長所を見つけることを意識することで、自分の長所も見つけられるようになります。

1日1回はありがとうと言われることを意識する

人の役に立つことで人間は自信を持つことが出来ます。そのため、1日1回は人から「ありがとう」と言われることを意識しましょう。これによって気を利かせることが出来るので、さまざまな部分でメリットがあるのです。また、感謝してもらうことでコミュニケーションも生まれるので、より周囲の方と仲良くなれます。そして、人から何かしてもらったら自分からも「ありがとう」と言うようにしましょう。

とにかく強気な言葉を使う

気持ちの持ち方ひとつで人間の自信とは大きく変化します。そのため、強気な言葉を使うことで自分の気持ちを盛り上げ、自信をつけることが出来るのです。弱気な言葉ばかりつかっていると気持ちの面でも弱気になってしまい、次第に自信が失われてしまいます。そして、強気な言葉を使うことで周囲を盛り上げることもでき、より多くの方から好かれることでしょう。言葉ひとつで人間は大きく変われるのです。

背筋を伸ばし姿勢は崩さないように心がける


その人のイメージは外見によって決まるものです。特に姿勢は大きくイメージを決定します。姿勢が悪くなると自信がなさそうに見えてしまい、実際に自信も失われてしまうのです。そのため、自信を付けたいのであれば背筋を伸ばして姿勢を崩さないようにしましょう。これによって周囲からの評価も良くなりますので、同時に自信も持てるようになるのです。

趣味を多く持つ

常にアクティブな生活をしている方はハツラツとしており、自信にも満ち溢れています。そういった生活をするには趣味を持つと良いでしょう。これによってさまざまな楽しみがありますので、生活にハリが出るのです。趣味のない人生は盛り上がりに欠けてしまうので、どうしても気分が沈んで自信も失われてしまいます。

まとめ

自信を持っている方は魅力的に見えるため異性からモテるのです。いくら外見が良かったとしても自信のない方はどうしてもモテません。そのため、こちらで紹介したことを参考にして、自信をつけるようにしましょう。ちょっとした心がけで自信が持てるようになるものです。