メラニン毛穴は消せる!メラニン毛穴の基礎知識から治し方まで

黒ずみは皮脂や角質、汚れなどが角栓となって毛穴を詰まらせることがよく知られています。毛穴の黒ずみは、角栓によるものではなく色素沈着によるメラニン毛穴である可能性が高いです。そこで、通常の毛穴の黒ずみとは対処法が全く違うメラニン毛穴を理解して治すための方法を伝授します。

メラニンについてはこちらをチェック!

メラニンと体の関係について!メラニンを増減させる方法

あわせて読みたい

メラニンと体の関係について!メラニンを増減させる方法

続きを読む

メラニン毛穴とは

基本をおさらい!崩れにくい下地の塗り方・下地の効果

毛穴が黒くなる

メラニン毛穴は毛穴が黒くなることでは、一般的な毛穴の黒ずみと変わりはありません。したがって、毛穴のなかの皮脂や角質、汚れなどを除去しようと洗顔を重視したスキンケアをします。しかし、メラニン毛穴は汚れなどが毛穴を詰まらせているのではなく、メラニン色素が関係しているいわばシミであるため、普通のケアで治すことはできません。黒ずんでいるのに手で触ってもツルっとしているので普通の毛穴の詰まりではないことはすぐにわかるでしょう。

色素沈着した状態

メラニン毛穴は、過剰に紫外線を浴びたり、肌のターンオーバーが乱れたりすることによって、毛穴の周辺にメラニン色素が沈着した状態となります。毛穴の入口に色素が沈着してシミのようになってものであるため、見た目にも黒ずみやシミが目立ちます。黒ずみというものの、実際の色は茶色やこげ茶であることがほとんどです。肌を守るために生成されるメラニン色素が過剰であるために、皮膚に沈着してメラニンが溜まった状態となっています。

黒ずみ毛穴との違いは?

メラニン毛穴も黒ずみ毛穴も毛穴の周辺部が黒くなることでは変わりがありません。したがって、メラニン毛穴であっても黒ずみ毛穴と勘違いして、間違ったスキンケアをしてしまって全く改善できないことがあるため注意が必要です。黒ずみ毛穴は、毛穴に皮脂や汚れなどが詰まって固い角栓になり、この角栓がはがれずに酸化して黒くなるものです。一方、メラニン毛穴は毛穴が紫外線やターンオーバー、摩擦などの影響を受けて色素が沈着して黒くなるものです。判別をきちんとして対処することが大切です。

メラニン毛穴ができる原因

紫外線を浴びたため

メラニン毛穴の原因として最も影響を与えるのが日焼けです。日焼けとメラニン色素の関係についてはよくご存知の方も多いでしょう。日光には有害な紫外線が多く含まれており、日光を浴びると肌は自己防衛機能としてメラニン色素を作り出します。メラニンは過剰に発生する活性酸素の除去にも役立ちますが、過剰に発生されるとシミやそばかすの原因となってしまいます。毛穴の入口や周辺にメラニン色素が沈着すると毛穴が黒ずんでメラニン毛穴になります。

ターンオーバーが遅れたため

メラニンは肌を守るためにいつも生成されていますが、通常はターンオーバーによって不要なメラニンは毛穴から排出されます。毛穴に色素沈着してしまっても古い角質と一緒に剥がれ落ちるのが普通です。しかし、加齢やストレス、ホルモンバランスの乱れなどよってターンオーバーのサイクルが乱れて遅くなると、メラニンを排出することができなくなり、毛穴に色素が残ったままになってしまいます。メラニン色素の沈着を放置すると、紫外線によってたるみやシワの原因になることもあります。

摩擦の影響を受けたため

メラニン毛穴は、紫外線やターンオーバーの異常だけでなく日常の摩擦の影響によってもできます。肌の摩擦はメイクやクレンジングなどのときにも起こりますが、最も注意しなければならないのが洗顔です。メラニン毛穴を単なる毛穴の黒ずみと勘違いして、角栓を除去しようとゴシゴシこすって洗うことでさらに摩擦が加わってメラニン毛穴の黒ずみがひどくなることがあります。加齢とともに肌の修復力は低下するので、なるべく日頃から肌に摩擦や刺激を与えないようにしなければなりません。

老化

肌は約28日間のサイクルで古い角質が剥がれ落ち、新しい肌細胞が再生することでみずみずしい肌を維持することができています。正常なターンオーバーが繰り返されていれば、毛穴に沈着したメラニンは古い角質とともに剥がれ落ちるので黒ずみになることはありません。しかし、基礎代謝や血行が悪くなり、肌が老化してくるとターンオーバーが乱れるとともに肌の再生機能も低下するため、古い角質もメラニンも剥がれずに残って黒ずみになってしまいます。

メラニン毛穴の治し方

ピーリングをする

ピーリングは薬剤を使って化学反応を起こすことによって皮膚の表面の角質を溶かして除去するものです。メラニン毛穴の原因の1つにターンオーバーの乱れがあります。通常は28日程度のサイクルで古い角質が剥がれそのときに毛穴に沈着した色素も剥がれますが、ターンオーバーが乱れている場合は古い角質といっしょにメラニンも残って沈着したままの状態になってしまいます。ピーリングをすることによってターンオーバーや新陳代謝を促すことができ、メラニン毛穴の改善が期待できます。しかし、ピーリングは肌に必要な皮脂や若い角質まで剥がしてしまうため、回数を守って施術を受けることが大切です。

紫外線対策をする

メラニンは紫外線を浴びることで大量に生成されるものです。毛穴も日焼けして色素沈着がしやすい部分となるため、メラニン毛穴を予防するためには紫外線対策をすることが不可欠となります。紫外線は夏の強い日差しが降り注ぐ時期だけでなく、春や秋の曇った日や室内でも肌に影響を与えます。季節や室内外を問わず、UV配合の化粧下地やファンデーションを使用し、帽子や日傘を活用して万全の紫外線対策をすることが必要です。

美白ケアをする

メラニン毛穴の黒ずみは、汚れや皮脂ではなく色素沈着であることを理解すれば、通常のスキンケアではなく美白ケアをしなければならないことに気づくでしょう。美白ケアは紫外線に対する対抗力を強くするのもではなく、メラニンを肌から追い出すために行うものです。ビタミンC誘導体やハイドロキノン、アルブチンなどの美白成分が配合された化粧水や美容液を使用することで、毛穴にできたシミやメラニン色素を薄くする効果が期待できるでしょう。

ハイドロキノン配合化粧品を使う

自宅でメラニン毛穴の美白ケアに活用されることが多いのが、ハイドロキノンが配合された化粧品です。ハイドロキノンは、メラニン色素を生成するメラノサイトの働きを抑制したり、メラニン生成をサポートする酵素であるチロシナーゼの働きを阻害したりする作用があります。また、ハイドロキノンには抗酸化作用が高く美白にも効果があるとされるビタミンCの10~100倍の美白成分が配合されています。シミや黒ずみの改善には高い効果が期待されますが、肌の漂白剤といわれるほど強力な効果があるため、肌へのダメージを与えないように正しく使用することが大切です。

低刺激のクレンジングを使う

洗顔する女性

メラニン毛穴は、紫外線やターンオーバーの乱れとともに摩擦や刺激によってもできやすいものです。普段、顔の皮膚に摩擦や刺激を与えるのは洗顔、クレンジングをするときでしょう。特に、油性成分が多く配合されている化粧品を落とす際のクレンジングでは、パフなどを使ってゴシゴシとこすってしまいがちです。また、最近では、一度のクレンジングでメイクをスッキリと落とすことができる刺激が強いタイプのクレンジング剤が人気です。なるべく肌へ摩擦や刺激を与えないように低刺激のクレンジング剤を使用するようにしましょう。

低刺激で保湿も◎バームで優しく洗えるおすすめクレンジング「DUO クレンジングバーム」

毛穴が気になる人にぜひおすすめしたいクレンジングが「DUOクレンジングバーム」。独自開発の成分で毛穴よりも小さい「毛穴クリアカプセル」がしっかりと毛穴に入り込み、角質も毛穴汚れもメイクも一掃してくれます

クレンジング・洗顔・角質ケア・マッサージケア・トリートメントの5つの機能を持ったクレンジングで、すべてがこれ1本。肌にのせるとじんわりと溶けて力を入れなくても馴染むので、肌への負担も少なく洗顔をすることができます!

油分が多い食事を控える

油分が多い食事は、皮脂の過剰分泌を促すだけでなく肌のターンオーバーを乱す原因となります。日頃から油分の多い食事を続けていると毛穴に皮脂や汚れが溜まって角栓ができ、酸化して黒ずみの原因となります。また、ターンオーバーが乱れることで古い角質とともにメラニン色素の排出がスムーズにできなくなるため、色素沈着による黒ずみも生じるようになります。一般的な毛穴の黒ずみ、メラニン毛穴の両方を予防するためには、油分が多い食事を控えることが大切です。

保湿をしっかり行なう

潤いやハリのある肌は保湿から生まれるものです。保湿をしっかりしていれば肌細胞間の水分や油分が十分に行き渡り、乾燥して摩擦が起きる可能性も低くなります。また、保湿によって肌のターンオーバーや新陳代謝が促されるため、毛穴に沈着したメラニン色素もスムーズに排出することができます。美白成分が配合された化粧水や美容液で保湿をしっかり行えば、肌のターンオーバーを維持するだけでなくシミや黒ずみを改善することもできるでしょう。

まとめ

毛穴の黒ずみには、皮脂や汚れなどが毛穴に溜まって角栓となり酸化して黒くなる一般的な物とは別に、メラニン色素が毛穴の入口や周辺に沈着することで生じるシミのようなメラニン毛穴があります。メラニン毛穴ができる原因には、紫外線やターンオーバーの乱れ、肌への刺激や摩擦などが考えられます。メラニン毛穴は一般的なスキンケアでは改善できないため、美白を中心としたケアが必要となります。メラニン毛穴のメカニズムを理解して紫外線対策や美白ケアに努めましょう。