ゆらぎ肌は春に多い!原因を知って正しいケアを

季節の変わり目になると「なんとなく化粧のノリが悪い」「肌がガサガサする」「吹き出物ができる」など、肌の変化を感じることがあります。特に春先に肌の微妙な変化に悩まされるということも多いのではないでしょうか。季節の変わり目にありがちな気温や環境の変化によって、肌が一時的に敏感になっている状態といえるものですが、最近では「ゆらぎ肌」と呼ばれることもあります。春に多いゆらぎ肌の原因や症状はどういうものなのかを理解すれば、正しくケアすることができるのではないでしょうか。

ゆらぎ肌とは?

ピーリングV10クレイマスクの使い方

ゆらぎ肌とは簡単にいうと、季節の変わり目や急激な気温や環境の変化などによって、肌が一時的に敏感になっている状態のことをいいます。肌のコンディションが乱れた状態であり、肌の調子が安定せず揺らいでいるような状態であることから「ゆらぎ肌」と呼ばれています。季節の変わり目は、寒暖の差が激しく肌が気候の変化についていけないことが多いため、ゆらぎ肌になる傾向がみられます。ゆらぎ肌にはゆらぎ肌に適したケアをしないと肌トラブルを多く抱えてしまうことになります。

ゆらぎ肌が春に多い理由

ゆらぎ肌は、気候の急激な変化や紫外線、空気中の汚染物質やストレスなど、外的要因と内的要因によって引き起こされることが多いとされています。特に、大きな気温差や乾燥、紫外線、花粉などの外的な刺激を受けやすい春は要注意となります。春になると寒さが緩みだんだん暖かくなりますが、夜はまだ肌寒く日中と夜との気温差が大きくなります。また、気温が上がって皮脂分泌が増えそうですが、湿度が低いため肌は乾燥しがちになります。さらに、真夏なみの紫外線が降り注ぐこともあってゆらぎ肌が春に多いとされています。

花粉の影響を受けやすい

ゆらぎ肌が春に最も多いといわれる理由の1つに花粉の影響があります。空気中には、PM2.5や黄砂、光化学スモッグなどの汚染物質が含まれており、肌に付着することによってアレルギー症状が引き起こされることがあります。また、春先に大量に飛散するスギやヒノキの花粉は、炎症や吹き出物などの肌に影響を与える期間が長くとても厄介なものとなります。肌のコンディションが極端に悪くなるのでゆらぎ肌の状態が長く続くのも問題です。

空気が乾燥しやすい

長い冬が終わりを告げる頃、三寒四温を繰り返しながら本格的な春を迎えることになります。日差しは暖かくなるもののまだまだ冷たい空気に肌がさらされる状態が続くため、肌は冷気にあたって乾燥しやすくなります。湿度が低い冷たい空気は、肌の状態を崩すだけでなく屋内と屋外の気温や湿度の差が大きくなるため、肌がその変化についていくことができません。暖かくなると空気まで潤っているように思いがちですが、まだまだ乾燥していることを忘れないようにしましょう。

ストレスがたまりやすい

春は卒業や就職、転職や異動など環境が大きく変化する季節です。同じ職場であっても部署替えや新入社員や転入社員によって気を遣うことも多くなります。また、家庭があれば夫の仕事による転居や子供の入園、入学、などを迎えるのも春の時期となります。肉体的にも精神的にも疲労が溜まりやすく、ストレスによって自律神経やホルモンバランス、免疫や代謝の低下などが生じやすくなるのもゆらぎ肌の原因です。また、ストレスによって腸内環境が乱れればさらに肌の調子が悪くなることもあるでしょう。

ゆらぎ肌の症状

ケミカルピーリングとは

ゆらぎ肌は、季節の変わり目、特に春に多くみられるものです。外部刺激やストレスなどが原因となって肌の状態が一時的に悪くなります。急にメイクのノリが悪くなったり、これまでなかったニキビや吹き出物ができたり、顔がピリピリしたり、など人によってその症状はさまざまです。ゆらぎ肌と呼ばれているものの、肌の症状としては乾燥肌と敏感肌が混在しているような状況であり、それぞれに合った適切なスキンケアをすることが大切です。では、多くの人に見られるゆらぎ肌の症状にはどんなものがあるのでしょうか。

肌に発疹ができる

気温差や環境の変化などによって肌のコンディションが極端に悪くなると、肌に赤いポツポツとして発疹がでることがあります。春先によくみられるもので、徐々に気温は上がっているもののまだまだ空気は乾燥して冷たく、肌にダメージを与えます。室内外で大きな温度差ができることもあって、アレルギー、じんましんのような発疹ができるのです。いつもよりも丁寧に洗顔しないと発疹がひどくなることもあるため注意が必要です。

吹き出物が増える

機構の急激な変化や昼と夜との激しい寒暖差、花粉などによって肌の状態が悪くなるとニキビや吹き出物が出やすくなります。また、腸内環境の乱れやストレスによってホルモンバランスが乱れて吹き出物が増える場合もあります。肌が乾燥して保湿機能が低下することから保湿機能が低下し、過剰に皮脂が分泌されることによって毛穴が詰まってニキビができることもあるでしょう。刺激を与えないように注意しながら洗顔や保湿をすることが大切です。

肌がかゆくなる

春先や秋口などは、温度や湿度が急激に変化することで肌が乾燥しやすくなります。角質層の水分や油分が奪われて肌を守るためのバリや機能が低下するため、水分が蒸発しやすい状態となり、皮脂分泌も乱れます。このようなゆらぎ肌の状態が続くと、朝起きてすぐに肌にかゆみを生じることがあります。肌が敏感な状態になっているとともに、体の疲れも関係している場合もあります。ちょっとした刺激で肌がトラブルを起こす状態となっているので、過剰なケアは逆効果となります。

肌がピリピリした感じになる

ゆらぎ肌の状態になると、肌が乾燥して敏感になるため肌トラブルが起こりやすく、メイクのノリが悪くなるだけでなくメイクによって肌の状態が悪くなることがあります。いつも使用している化粧水や乳液でも肌がピリピリと突っ張ったような感じになり、場合によっては痛みを感じることもあるでしょう。また、湿度が低い季節に起こることが多いため、肌の水分が失われることで肌と肌の摩擦が強くなってピリピリと感じることもあります。

ゆらぎ肌の効果的な対策

ゆらぎ肌の状態になるといつものスキンケアでは、肌のコンディションが戻らず肌トラブルが続出することがあります。乾燥しているのに部分的に皮脂が過剰に分泌されたり、これまでできなかった吹き出物ができてしまったりすることもあるでしょう。ノーマル肌の人であっても乾燥肌や敏感肌に近い状態になっているため、スキンケアでは極力保湿に努め、刺激を与えないようにすることが大切です。ゆらぎ肌を少しでもいつもの肌の状態に改善するための効果的な対策にはどのようなことがあるのでしょうか。

保湿をする

ゆらぎ肌は外的刺激やストレスなどによって肌が乾燥して敏感になっている状態といえます。肌バリアや肌のターンオーバーの機能が低下しているため、肌の角質層から水分が蒸発しやすい状態になっているため、放置すると肌の乾燥がさらに進みます。肌の乾燥を改善するためには、肌の状態にあった化粧水などで十分な保湿をすることが大切です。ただ、敏感になっている肌は刺激に弱いため、いつも使用している化粧水よりも刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。

食事を改善する

ゆらぎ肌になっている場合は、肌だけでなく腸内環境や自律神経、ホルモンなど、体のあちこちでバランスが崩れていることが考えられます。したがって、ゆらぎ肌に合ったスキンケアとともに食習慣や生活習慣を改善することも必要です。抗酸化作用や美肌効果のある食事を意識して摂取すること、栄養バランスのとれた食事を摂取することが大切です。また、ストレス発散や十分な睡眠時間の確保など、生活習慣の改善にも取り組む必要があります。

刺激の強い洗顔を避ける

スキンケアの基本は洗顔なので、ゆらぎ肌で肌の調子が悪くなった場合も洗顔が重要となります。ただ、通常よりも敏感な肌の状態になっているため、いつも使用している洗顔料が肌にしみてピリピリしたり、洗顔後に肌が突っ張ったりすることもあるでしょう。ゆらぎ肌の洗顔では、いつも以上に低刺激の洗顔料を使用することを心がけ、十分に泡立てて優しく肌にのせるだけのイメージで丁寧に洗顔することが大切です。いつもよりぬるめのお湯や水で十分にすすぐようにしましょう。

フィトケミカルを摂取する

ゆらぎ肌は紫外線や花粉などの外的刺激を受けることによっても起こるものです。外部から刺激を受けると肌は自己防衛本能から活性酸素を産生します。ただ、加齢やストレスなどによって活性酸素が過剰に産生されると健康な細胞を錆びさせてしまうことがあり、肌のコンディションを悪化させることがあります。ファイトケミカルは植物に含まれる化学成分で、優れた活性酸素吸収力を発揮してくれます。抗酸化作用や代謝を高めてゆらぎ肌を改善したいという方にはおすすめの栄養成分といえるでしょう。

まとめ

春先や秋から冬にかけての季節の変わり目に、一時的に肌のコンディションが悪くなるゆらぎ肌。気候や気温、湿度の変化、紫外線や空気中の汚染物質、環境の変化によるストレス、などさまざまな原因から引き起こされる乾燥肌や敏感肌に似た状態といえます。肌のかゆみや吹き出物、発疹などの症状は、いつも使っている化粧品やスキンケアでは改善できないことが多く、刺激を与えずに十分な保湿をすることがポイントとなります。肌の状態に合った適切なケアでゆらぎ肌の改善に努めましょう。