女性 洗濯

女性が専業主婦になりたい10の理由!結婚相手選びのコツも紹介します

最近は専業主婦になりたいという女性が増えています。どうしてそのような人が増えているのでしょうか。こちらではその理由や、専業主婦になりたい女性が結婚相手を選ぶ際のポイントについてまとめました。

専業主婦の割合は?


そもそも日本にはどのくらいの専業主婦がいるのでしょうか。こちらでは専業主婦の割合について紹介しましょう。

約3割が専業主婦を希望

まずアンケート調査によると結婚をして専業主婦になりたいと考えている方は3割いることが分かっています。これにはさまざまな原因があるとされています。それぞれ専業主婦になりたい理由は異なっているのですが、合計してみるとかなりの数の女性が専業主婦に憧れを抱いていることが分かるのです。

30年で専業主婦はおよそ半減

専業主婦に憧れる方は増えているのですが、実際に専業主婦の数というのはどんどん減少しています。その割合はなんとこの30年で半減してしまったとされているのです。これは女性の社会進出が進んでいることや不景気のために共働きをしなければ家計をやりくりしていくことができなくなったといった理由を考えられるでしょう。専業主婦をしていられる環境というのは、現在では珍しいものとなっており、それはとても貴重なものとなっています。

女性が専業主婦を希望する10の理由


専業主婦になることを望んでいる女性はたくさんいます。それではどうして女性は専業主婦を希望するのでしょうか。こちらではその理由を10個まとめています。

家事と仕事を両立できない

まず、家事と仕事の両立をすることに自信がないために専業主婦になりたいという女性がいます。今でも日本は育児へのサポートが不十分だとされています。仕事をしながら家事をこなしていくのは大変であり、職場でもそれについて理解されないことが多いのです。そのため、家事と仕事を両立するのではなくて、家事に専念をしたいという女性が増えているのです。専業主婦として主婦業に専念することを希望しています。

仕事にやりがいがない

そもそも、仕事に対してあまり憧れを抱いていないという方がいます。仕事をしていてもやりがいを感じられないという方が多いのです。これは女性だけではなくて男性にも当てはまることでしょう。最近の若い世代は仕事に夢を見ることが少なくなっており、それよりも余暇の時間を重視する傾向があります。そのため、女性は専業主婦になりたがっているのです。仕事をしなくても良いのであれば、そちらのほうが幸せだと考えているのです。

子供と一緒に居たい


仕事をすると子供と一緒にいる時間はどうしても短くなってしまうでしょう。できるだけ子供と一緒にいたいと考えている女性は専業主婦になりたいと考えています。仕事をしてしまうと、たとえば子供が小さい時でも保育園に預けて自分は働くことになります。そのため、子供と接する時間がどんどん短くなってしまいます。それは親として寂しいと感じてしまうのです。それならば、子供ともっと一緒にいるために専業主婦になりたいと考えるのです。

家事が好きで向いていると思う

家事が好きな女性もいます。料理をしたり、洗濯をしたり、掃除をするということにストレスを感じないのです。このような方は専業主婦の方が向いているでしょう。実際に専業主婦向きの性格をしている女性はたくさんいます。仕事よりも家事をしている方が生き生きとするというタイプの女性もいるのです。家事が向いている女性は専業主婦に憧れています。

夫婦の時間が作れる

夫婦 子供

妻が専業主婦であれば、夫と一緒にいる時間は長くなるでしょう。夫が仕事を終えればその後はずっと一緒にいられるからです。妻も仕事をしていると夫婦の時間の都合がつかないということは珍しくありません。なかなか夫婦が一緒に揃って休みを取ることもできなくなるでしょう。そうなると夫婦の絆がおかしくなってしまいます。夫婦仲が悪化しやすいというリスクがあるのです。大好きな夫と一緒の時間が少なくなるため、自分は家庭に入りたいという女性もいるのです。

外に出ると危ない

外に出て働くのは基本的にリスクのあることです。それよりもずっと家にいる方が基本的に安全でしょう。そのようなリスクを避けるために専業主婦になりたいという方もいます。たとえば都会に働きに出るということは、いろいろなトラブルに巻き込まれてしまうリスクがあるのです。電車通勤をするのであれば、そこでもトラブルにあう可能性があります。それよりも家で安全な暮らしがしたいという女性は多いです。

精神的な余裕が欲しい


基本的に仕事をしている方というのは精神的な余裕がないことが多いです。それよりも家庭にいる方が、たとえ家事や育児をしなければいけないとしても落ち着けることが多いのです。たとえば人間関係のトラブルに巻き込まれてしまうことも少なくなるでしょう。精神的に楽な気持ちでいられるため、家庭にいることを望んでいる女性がいるのです。たとえば仕事で現在ストレスを抱えている方は専業主婦になることを望むでしょう。

趣味に時間が作れる

何か趣味を持っている女性の場合は、専業主婦の方が都合が良いでしょう。たとえば家事の合間に自分の趣味に打ち込むことができるからです。働くとなかなか趣味の時間を確保するのが難しくなってしまうのです。それならば、専業主婦になった方が幸せな生活を送れると考えている方は多いです。自由な時間が減るために働きたくないという女性はたくさんいます。そのような女性にとって専業主婦とは憧れの形態といえるでしょう。

夫婦喧嘩の原因が減る

共働きだとどちらもストレスを抱えている状態となります。これでは夫婦喧嘩になってしまうことが多いです。どちらも自由のない状態となっており、精神的に余裕がなくなってしまうからです。一方、専業主婦がいる家庭の場合は、奥さんの方が余裕のあるケースが増えてきます。この場合は夫婦喧嘩になってしまうことが少なくなるでしょう。夫婦による役割分担がしっかりとできているため、安定した夫婦生活を送ることができるのです。

社会保険の負担が減る

家計簿
実は専業主婦のいる家庭の方が社会保険の負担は減りやすいです。専業主婦というのは扶養家族となります。これによって、夫は収入について控除を受けることができるのです。その結果として、税金や社会保険の負担を抑えることができるでしょう。奥さんは自分で健康保険や年金などを支払う必要がなくなります。それらはすべて会社が負担してくれるのです。そのため、下手に奥さんが働きに出るよりも家計が安定するということもあるのです。

専業主婦になるために見極めるべき男性のポイント

専業主婦を目指している方はたくさんいるでしょう。それでは具体的にどのようにすれば専業主婦になることができるのでしょうか。こちらでは専業主婦になるための方法について紹介しましょう。専業主婦になりたい方は参考にしてください。

手取り収入600万円以上の男性と結婚する

専業主婦になるのであれば、夫の収入が高くなければいけません。これは最低限必要な要素となるでしょう。夫の年収が600万円以上であれば、妻が働かなくても十分家計を支えていくことができるでしょう。しかし、夫の年収が400万円程度だときつくなります。それを下回ると平均年収以下となってしまうため、生活がかなり苦しくなってしまう可能性があります。それでは共働きをしなければいけなくなるでしょう。

専業主婦というのは共働きをしなくても余裕のある家庭でないと成立しないことなのです。だからこそ近年は専業主婦がどんどん減っています。専業主婦が成立するほどの高年収の男性というのは少なくなっているため、結婚相手探しに苦労してしまうことが多いのです。

経営者や士業など社会的地位のある男性が狙い目


社会的な地位のある男性であれば専業主婦になれる可能性が高いでしょう。たとえば会社を経営している方や、弁護士や税理士などの士業をしている方などです。このような男性というのは年齢が高いです。また、専業主婦として女性が家庭にいることを望む傾向にあります。そのため、女性が専業主婦を希望していたとしても、それを許してくれる可能性が高いでしょう。家庭環境も安定しやすいのです。

このような人と出会うためには、普段の生活の中では難しいでしょう。たとえば婚活パーティーに参加してみたり、婚活のサービスを活用してみることをおすすめします。そうすれば社会的な地位のある人との接点も生まれるのです。

専業主婦希望であることを伝える

男女 仕事 打ち合わせ

すべての男性が専業主婦を許してくれるとは限りません。男性の中には専業主婦を望まないという方もいるのです。そのため、結婚相手を探す際には専業主婦を希望することをきちんと伝えておくべきです。そうすることによって、食い違いを防ぐことができます。最初に専業主婦希望だと伝えておかないと、後になってトラブルになってしまうことがあるのです。最初から専業主婦になりたいと伝えておけば、それを許してくれる男性だけがあなたのところに集まってくるでしょう。

料理や掃除のスキルを磨く


専業主婦になりたいならば、家事がしっかりとできなければいけません。家事も仕事のうちです。けっして楽ができそうだからという理由で専業主婦を目指すべきではありません。それでは夫に呆れられてしまうでしょう。そもそも結婚ができないかもしれません。料理や掃除のスキルをしっかりと高めておくことによって、男性にアピールすることができるのです。

男性から見て安心して家庭を任せられるような女性を目指しましょう。そのような魅力のある女性でないと専業主婦になれない時代となっているのです。昔のように結婚をすれば簡単に専業主婦になれた時代とは違っていることを理解しましょう。家事のスキルについては普段から自分でやるようにしましょう。実戦経験を積むことによって、スキルを磨いていくことができるのです。男性に見せても恥ずかしくないようなスキルを身につけておきましょう。

まとめ

専業主婦を望んでいる方はどんどん増えています。それだけ魅力があるのです。ただし、専業主婦になることは簡単なことではありません。結婚相手を選ぶのに苦労してしまう方もいるでしょう。こちらで紹介した方法を参考にして、専業主婦を許してくれる理想的な男性を見つけましょう。専業主婦になりたいならば、自分でも努力をすることは大切です。きちんと家事をこなせるようになり、理想的な専業主婦になれるようにがんばりましょう。