飲み会が嫌いってもったいないかも!?参加することで得られるメリット

飲み会を嫌っている方は多いでしょう。特に最近の若い世代はそのような傾向にあります。しかし、飲み会には実はメリットもたくさん存在するのです。こちらでは飲み会に参加するメリットについて教えましょう。

飲み会が嫌いな理由


そもそもどうして飲み会を嫌ってしまうのでしょうか。飲み会が嫌いな理由にはさまざまなものが考えられます。こちらでは飲み会を嫌っている人の理由について紹介しましょう。

お酒が飲めない

そもそもお酒を飲むことができないという人がいます。日本人はもともとお酒が得意な人種ではありません。そのため、お酒が苦手な人はたくさん存在します。昔はそういう方に無理やり飲ませていただけであり、昔からお酒が苦手な人は一定数存在していたのです。そういう方は飲み会を嫌う傾向にあるでしょう。

拘束時間が長い

飲み会というのは拘束時間が長いというケースが多いです。数時間もずっと飲み続けなければいけません。それがもったいないと感じる方は多いでしょう。飲み会に参加するぐらいならば、家で自分の趣味に熱中している方が楽しいと考える方は多いです。

無駄話ばかり聞かされる


酔っている方というのは同じ話ばかりしてくることがあります。そのような対応をされると面倒くさいと感じてしまうでしょう。無駄な話ばかりしてくる方もいます。説教されてしまうこともあるでしょう。そのような話を聞かなければいけない状況が嫌で飲み会を避ける方がいるのです。

お金がもったいない

女性 浪費 お金

飲み会に参加するためにはお金を支払わなければいけません。会費はかなり高くなっていることもあります。あまりお酒を飲まないのに高いお金を払わないといけないケースもあります。そのようなお金がもったいなくて飲み会に参加したくないと考えている方がいるのです。

気を遣う

飲み会というのはいろいろな人に気を使ってしまうことがあります。特に神経質な方や周りの空気をよく読むような方というのは、飲み会に参加すると疲れてしまうという方は多いでしょう。先輩や上司などが参加していると、気を遣いすぎて全然落ち着けないというケースもあります。

参加するとすぐに帰れない

飲み会というのは一度参加するとなかなか帰れないものです。ずっといることを強制されるでしょう。途中で帰ることも可能なのですが、そうなるとのりの悪いやつと評価されてしまうでしょう。また、帰るにしてもある程度の時間はいなければいけません。場の雰囲気を壊してしまうからです。

飲みすぎて二日酔いになる

体調不良
飲み会で飲みすぎてしまえば、そのまま二日酔いになってしまうことがあるでしょう。二日酔いになってしまえば次の日に影響してしまいます。二日酔いはとても辛いものです。それが嫌で飲み会を敬遠してしまうという方もいるでしょう。飲み会では注意してもたくさん飲んでしまうことが多いからです。

飲み会のメリット

嫌な面がたくさんあるように思われている飲み会なのですが、もちろんメリットも存在しています。こちらでは飲み会にどのようなメリットが存在しているのかを具体的に紹介しましょう。

周りとの親睦を深められる

まず飲み会に参加することによって、多くの方と親睦を深めることができます。たとえば職場の飲み会があるならば、それに参加することで普段は話をする機会がない人とも交流することができるでしょう。それはあなたにとって大きなメリットとなります。いろいろな人と仲良くなっておけば、その人達に助けてもらえるでしょう。相談事もできます。良い雰囲気の中で仕事をすることもできるでしょう。メリットが多いのです。

人脈が広がる

パーティー
飲み会には知らない人が参加しているケースもあります。そのような方と仲良くなることができるのが飲み会です。そこでどんどん人脈を広げていくことができるでしょう。人脈が広がれば、いろいろな出会いが生まれます。チャンスも発生するでしょう。仕事でもプライベートでも人脈を広げることは大切なことです。

コミュニケーション能力が上がる

飲み会によっていろいろな人とコミュニケーションを取れるようになります。そうなるとコミュ力を高めることができるでしょう。この社会においてコミュ力はとても重要です。仕事や恋愛、趣味などどのような分野においても高いコミュ力があればより楽しく生きることができるようになります。誰とでもすぐに仲良くなれるコミュ力を飲み会で伸ばすことができるのです。

有益な情報が得られる

お酒を飲んでいる時というのは普段よりも口数が多くなる人が増えるでしょう。普段は隠しているようなこともどんどん教えてくれるようになります。お酒の席で打ち解けることによって、有益な情報を与えてくれるかもしれません。飲み会に参加しなければ得られない情報が存在するのです。

いいお店を体験できる


飲み会によって、普段は行くことがないようなお店を体験できる機会があるかもしれません。いいお店を体験することによって、貴重な経験ができるでしょう。たとえば飲み会で初めて知ったお店を気に入って、そこの常連になるというケースもあります。あまりお店に詳しくない方はどんどん飲み会に参加してみると良いでしょう。毎回、違う会場で飲み会が開かれることが多いはずです。お店に詳しくなれます。

普段話さない人の意外な一面が見える

飲み会というのはその人の意外な一面を見ることができる良い機会となります。普段は話さないような人が意外と明るかったり、面白かったりすることが分かることもあるのです。いろいろな人の意外な一面を楽しめるでしょう。

恋人候補になる人との出会いがある

合コン パーティー
飲み会では異性と知り合う機会がたくさんあります。たとえば恋人候補となるような人と出会えるかもしれないのです。異性との出会いを増やすことができるのが飲み会の良いところなのです。恋人候補となるような素敵な異性と知り合えるかもしれません。異性との出会いは積極的に外に出ることで可能となります。飲み会はとても良いチャンスとなるでしょう。

慣れていない人が飲み会を楽しむ方法

飲み会にあまり慣れていない人は飲み会をいまいち楽しめないものです。そのような方が飲み会を楽しむためのコツについて紹介しましょう。

仲がいい人の隣に座る

まずいきなり飲み会で初対面の人の隣に座るのはハードルが高いでしょう。コミュ力のない方がそれをしても、なかなか話しかけることができなくて困ってしまいます。そのため、まずは仲がよい人の隣に座りましょう。そうすれば普段どおりに話をすることができます。居心地の悪さを感じなくて済むでしょう。また、仲がよい人のおかげで他の人とも話しやすくなります。

相手のテンポに合わせる


飲み会では相手のテンポに合わせるようにしましょう。そうすれば楽になります。そもそも自分のテンポがよく分からない方も多いでしょう。相手に合わせることによって、相手は気分がよくなってくれるでしょう。良い雰囲気の中で飲み続けることができるのです。

ひたすら聞き役に回る

飲み会では自分から無理に話そうとするのではなくて、ずっと聞き役に徹するということをおすすめします。これならば話をするのが上手くない方であっても、聞き役を続けることで飲み会を楽しめます。いろいろな人の話を聞くというのは楽しいものです。また、聞き役の方というのは好感が持たれやすいでしょう。信頼されやすいのです。

飲んでいる風に見せて時間をやり過ごす

お酒は苦手だけれども飲み会に参加するという方がいるでしょう。この場合はできるだけお酒を飲まないようにしましょう。最初の1杯は飲まないとさすがにばれるでしょうが、それ以降は飲んでいる風に見せかけるべきです。周りはいちいちあなたがどれくらいのお酒を飲んでいるのか確認しないため、飲んでいるように見せることは比較的楽でしょう。そうやって時間をやり過ごすのです。

まとめ

飲み会が嫌いというのはもったいないことです。確かに嫌ってしまう理由はあるでしょうが、メリットもたくさんあるのが飲み会なのです。こちらを参考にして飲み会を楽しみましょう。そしてメリットを享受しましょう。