内縁とは?成立要件や内縁関係になるメリット・デメリット

内縁関係というものがあります。そもそも内縁とはどのようなものなのでしょうか。こちらでは内縁の成立する要件やどのようなメリットやデメリットがあるのかを教えましょう。

内縁が成立する要件


内縁というのは特定の要件が揃っていると成立するものです。それではどのような要件が必要とされるのでしょうか。重要な要件について紹介しましょう。

内縁関係の成立要件1:当事者に結婚する気があること

まず当事者に結婚をする気があるということが大切です。たとえ同棲していたとしても、お互いに結婚をする気がないのであれば、内縁関係は成立しないのです。あくまでも結婚をする気があるカップルに対してのみ内縁関係は成立するのです。

結婚をする意思については、お互いに結婚を将来しようと約束していたり、周囲の人に結婚をしたいと考えていると表明している場合です。このようなときには、結婚する気があると判断できるでしょう。

内縁関係の成立要件2:共同生活を送っていること


内縁関係は共同生活を送っていることも重要です。お互いに結婚する気があっても、一緒に暮らしていないのであれば内縁関係は成立しません。また、同棲していたとしても、結婚をする気がない場合も内縁関係は成り立たないのです。

お互いが結婚をしたいと考えており、さらに共同生活を送っているのであれば、それは法的には内縁関係があると考えられるのです。このような場合には法的なさまざまな権利が発生するのです。法律上お互いにいろいろな権利が認められるようになります。ただの同棲とは違うのです。

内縁関係のメリット

内縁関係が成立することによるメリットはたくさんあります。どのようなメリットが存在しているのかを教えましょう。

内縁関係を証明する公的書類は用意できる

書類
たとえば内縁関係があるのであれば、それを公的書類によって証明することができます。内縁関係というのはすでに妻と夫の関係になっていると考えられるのです。もちろん結婚をするという届け出はしていないのですが、見届けでも妻や夫であるという照明はできるのです。

届け出をしていないけれども内縁関係というのは実質的には夫婦であると考えられるのです。もし自分達が内縁関係であることを証明したい場合には役所へ行けばそれを証明する書類を受け取ることができるのです。これはさまざまな場面で役に立つでしょう。

戸籍の変動がなく姓を変更する必要がない

普通は結婚をすると戸籍の変動が起きてしまいます。そのため性を変更しなければいけません。多くの場合は女性が性を変更することになるでしょう。

しかし、内縁関係の場合はあくまでも未届けで夫婦になっています。そのため、戸籍が変わることはないのです。夫婦と同じような状態となっていても性を変更する必要がないというのは大きなメリットと言えるでしょう。今の日本では夫婦別姓は認められていないため、あえて内縁関係を選択している方は多いのです。

内縁関係を解消しても戸籍に傷がつかない


内縁関係というのは法的には結婚をしていることにはなりません。戸籍に記録が残るということもないのです。そのため、たとえ内縁関係を解消したとしても、それによって戸籍に傷がついてしまうということはありません。これは大きなメリットとなっています。

内縁関係のまま子供を持つこともできる

内縁関係でも子供を持つことは可能です。実際に子供を育てているような方はたくさんいます。結婚をしなくても子供を持てるのはメリットといえるでしょう。

届出婚までのお試し期間にして安易な離婚を回避する


結婚をしても離婚してしまう方は増えています。そのため、一度内縁関係になって生活をしてみることをおすすめします。それをお試し期間だと考えるのです。そこで相手のことを見極めることによって、本当にその相手と結婚をしてもよいかどうか判断しましょう。これによって安易に離婚してしまうのを避けることができるでしょう。一緒に生活をしてみないと分からないことはたくさんあるのです。夫婦生活の予行演習ができるでしょう。

相手の家族や親戚との距離の置き方を自分の意思で選択しやすい

内縁関係というのは相手の家族や親戚との付き合い方について、ある程度自由となっています。それらの関係にとらわれることがないのです。どのような距離をおいて付き合っていくのかを自分の意思で決めることができるのです。法的に結婚をしているわけではないため、相手の家族とは戸籍上は何の関係もないのです。そのため、付き合いを強制されることもなく、そのような根拠もないのです。

煩わしい名義変更手続きが不要

結婚をするとなると性を変更しなければいけません。そのため女性は特に名義変更手続きが面倒となってしまいます。年金や通帳、保険、免許などさまざまなものの名義を変更する手間を省くことができるのです。これまでどおりの性で暮らしていけるのは大きなメリットといえます。

内縁関係を解消するときに慰謝料の請求などもできる

内縁関係のメリットとして、その関係を解消する際には慰謝料を請求することができます。将来の結婚を約束していただけでも、結婚をしていたときと同様に慰謝料を請求できる権利を得られるのです。たとえば慰謝料や財産分与、養育費、婚姻費用といったものを請求できるでしょう。

内縁関係のデメリット

内縁関係には以上のようにたくさんのメリットがあるのですが、同時にデメリットもいくつか存在しています。デメリットのこともよく理解して、内縁関係について考えて下さい。

子供が誕生した場合の法的な父子関係の成立には男性の認知が必須

もし内縁関係の状態で子供が生まれてしまうと面倒なことになってしまうでしょう。父子関係を法的に成立させるためには男性が認知しなければいけないのです。結婚をしている場合にはこのような面倒なことはありません。内縁関係の場合は戸籍上は夫婦とはなっていません。そこで子供が生まれてしまうと法的に父親であることを成立させるために認知しなければいけないのです。

内縁の妻に法定相続権がない

普通の妻には法定相続権があるのですが、これは内縁の妻の場合には存在しません。内縁の妻は法定相続権を持っていないため、この点はデメリットとなるでしょう。たとえば、万が一夫が亡くなったとしても、結婚している夫婦と同じような相続権が存在するわけではないのです。

貞操義務・婚姻費用分担義務・扶養義務を負うことになる

内縁関係では普通の夫婦に認められる責任が発生します。たとえば貞操義務です。これは浮気をしてはいけないというものです。さらには婚姻費用を分担する義務も発生して、相手のことを扶養する義務も生じます。これらの責任を果たさなければそれは罪となってしまうでしょう。

配偶者控除や配偶者特別控除が適用されない

結婚している夫婦には法的にさまざまなメリットがあります。税制上のメリットがあり、さまざまな控除を受けることができるのです。しかし、内縁関係では税制上のメリットは特にありません。配偶者控除を受けることはできないのです。そのため、普通のカップルが同棲しているのと同じ状態となってしまうでしょう。

内縁関係は周囲の理解を得にくい

内縁関係というのは今の日本では未だにマイナーな存在となっています。そのため、周囲から理解を得られにくいというデメリットがあります。特に年配の方にとっては内縁関係というのはあまり良いことではないと考えていることが多いのです。周囲から祝福されないことも珍しくないでしょう。そのことは納得してください。

社会保険上の被扶養者になるには内縁関係を別途証明する義務がある

社会保険における被扶養者になりたいのであれば、内縁関係となっていることを証明しなければいけません。普通の夫婦では戸籍上夫婦になっているため証明をすることはとても楽です。しかし、内縁関係の場合は別途それを証明しなければいけません。そうしないと戸籍だけを確認してもその二人が内縁関係となっているかどうかは分からないからです。様々な手続きにおいて面倒なことになるでしょう。

届出婚を望んでいても内縁関係のままずるずる過ごす場合もある


たとえお互いが届け出婚をすることを望んでいたとしても、内縁関係のままの状態が続いてしまうことがあります。そのままずるずると過ごしてしまうのです。そのため、結婚をなかなかできないことがあるのです。

まとめ

内縁関係というのは最近流行っています。こちらは戸籍上は他人のままで実質的に結婚をしているというものです。メリットもあればデメリットも存在しています。そのことを理解して、内縁関係になるかどうかを考えましょう。