空気を読む力は必要?場の空気に合わせた行動をする方法

「空気が読めない人ね」と言われたことがある方ももしかするといる、空気が読めないと言われてしまうとやはりショックですよね。しかも、まったく自覚がない場合だと、まさかそんなことを言われると思わなかったでしょうし、人によっては深く傷ついてしまうことも考えられます。自分には空気を読む力がないのか、と落ち込んでしまう方もおられるでしょうが、そもそも空気を読む力というのは本当に必要なのでしょうか。ここでは空気を読む力の必要性や、場の空気に合わせた行動をする方法などについてお話したいと思います。

空気を読むことは必要?


冒頭でも少しお話しましたが、そもそも空気を読む力は必要なのでしょうか?これは人によって意見が異なると思いますし、絶対に必要という方もいればそんなもの必要ない、という方もおられるでしょう。さて、実際のところどうなのかを説明していきたいと思います。

空気を読む力が求められる場面は多い

「場の空気など読む必要もないしそんなことしたこともない!」と豪語する方もいるかもしれませんが、実社会においては空気を読む力が求められるシーンは非常に多いです。一般的な社会生活を営むにあたり空気を読まなくてはいけないことは多々ありますし、それができないと周りから顰蹙を買ってしまうこともあるでしょう。場の空気を読みたいと思わない、読みたくないといった問題ではなく、それが求められるシーンは確かにあるのです。

日本社会では空気を読むことが大事とされている

日本と海外とではまた考え方も異なりますし文化も違います。海外では割と空気を読まずに発言したり行動するような方もいるでしょうが、日本ではそうもいきません。日本社会では空気を読むことが大切とされていますし、周りをよく見て発言や行動することを求められます。それができない人は社会やコミュニティから省かれてしまうこともありますし、疎まれてしまうようなこともあるかもしれません。

空気が読めない人は「KY」と揶揄されがち

指をさす
KYという言葉は一時期流行りましたが、今でもよく使われている言葉です。KYとは「空気読めない」を表している言葉で、空気をまったく読めないような人に対して揶揄するときに用いることが多いです。「あいつほんとKYだよね」といった具合に使われていますね。空気を読む力がないとKYだと揶揄されてしまうことになりますし、仲間内や職場などでバカにされてしまうかもしれません。自分のいないところでそのようなことを言われるのは腹立たしいですよね。

空気を読むことの意味

自分がいる状況を理解すること

空気を読むとは自分がいる状況を理解することです。今自分がどのような立場にあるのか、どのような状況に置かれているのかといったことを理解できないと空気は読めないでしょう。自分がいる状況をきちんと理解できればその場に相応しい発言もできるでしょうし、してはいけないこともおのずと分かるはずです。

会話の流れを大事にすること

会話には流れがありますから、その流れを考えた発言をしなくてはなりません。そうしないと会話そのものが成り立たなくなることもありますし、途中で終わってしまうこともあります。空気を読むというのは会話の流れを大事にすることでもありますから、会話を遮るようなことやいきなり話題を変えたりするのはKYと言われてしまいます。

相手の気持ちを理解すること


相手の気持ちを理解しないとKYになってしまいます。相手の気持ちが理解できないと的外れな発言をしてしまうでしょうし、無神経極まりないことを言ってしまうかもしれません。その場が凍り付いてしまったり、不穏な空気になってしまうこともあるでしょう。相手の気持ちを理解することが空気を読むことに繋がります。

暗黙の了解を理解してそれに沿って行動すること

世の中には暗黙の了解があります。明文化されていないようなルールでもみんなが自然と守っているようなルールもありますし、古くからのしきたりなどもあります。日本は特にこうした暗黙の了解がたくさんありますから、それに沿って行動することが大切です。暗黙の了解を無視してしまうと空気が読めない人と言われてしまいます。

空気を読める人になるには?

これまでの慣習や前後の文脈を考える

女性 考える
これまでの慣習や前後の文脈をきちんと考えることが大切です。慣習を考えた上で発言する言葉の文脈を考えることができれば、的外れなことを言わなくて済むと思います。慣習を無視し前後の文脈も完全に無視してしまうような状態だと、空気が読めないと言われてしまいますよ。発言する前に文脈の前後を確認することも大切でしょう。

相手の立場で考える

相手の立場で考えるということも大切です。空気が読めない人の多くは相手の気持ちを考えることができません。常に自分本位ですし、相手の気持ちになることがないのです。これだと空気を読んだ発言や行動など到底できないでしょうから、まずはきちんと相手の気持ちを考えるということが大切です。相手の立場になって考えてみましょう。

自分の発言が相手に与える影響を想像する

自分の発言によって相手にどのような影響を与えてしまうかを想像しなくてはなりません。KYな発言によって人を怒らせることが多い方だとこれがまったくできていません。自分の発言によってその人がどのような気持ちになるのかがまったく分かりませんし、想像もしていませんから平気で無神経なことを口にしてしまいます。自分が発言することによって相手にどのような影響を与えるかしっかり考えてください。

相手の発言に即答せず一度考えること


相手の発言に対しすぐに答えてしまうのではなく、発言する前に一度考えてください。その時に感じたこと、思ったことをすぐにそのまま言葉にしてしまうと空気を読まない発言になってしまうかもしれません。普段の会話からこうしたことを意識していると次第に当たり前になりますし、空気を読んだ発言もできるようになるでしょう。

相手の立場に合わせた言葉遣いをすること

相手の立場に合わせた言葉遣いをすることも覚えておきましょう。明らかに自分より年上の人に対して平気でため口を使う、お世話になっている人に対してため口を使うようではいけませんね。これだと空気が読めないと言われてしまっても仕方ないでしょう。相手の立場に合わせた言葉遣いをしてください。

無言は最高のテクニックになりうる


空気が読めないと言われているのなら、一度無言になることも考えてください。複数で会話するときなどに敢えて喋らないということです。これはある意味最高のテクニックと言えるでしょう。空気を読まずに発言して周りから疎まれたり怒られたりするのなら、いっそのこと無言になればまったく関係なくなります。一度試してみる価値はありますよ。

まとめ

空気が読めないといろいろと大変ですし、これからも生きにくいと思います。そんなことまったく気にしない、関係ないと強がる方もおられるでしょうが、日本という国は特に空気を読むことを大切にしているお国柄でもあります。そのため、空気が読めない人はもれなく排除されてしまうか相手にされなくなってしまうでしょう。職場やプライベート、さまざまなところで空気が読めないために嫌な思いをしてしまうこともあるかもしれません。空気が読めないと言われてしまっている場合、ここでご紹介した方法を試してみてください。