友達

ムードメーカーってどんな人?集団の中心人物になれる5つの方法

いつもその場を明るくしてくれる人や、その人がいるだけでみんなが楽しくなれる、そんな人いますよね。いわゆるムードメーカー的な存在の人はそこにいるだけで存在感がありますし、その人がいてくれるだけで何となく安心感もあります。そこで、ここではムードメーカーの概要や特徴、集団の中心人物になるための方法などについてお話したいと思います。

ムードメーカーとは?

友達
ムードメーカーというのは読んで字の如く、ムードを作る人、雰囲気を作る人のことを呼びますね。その人の存在だけで場の空気が明るくなる、みんなが前向きになれる、そんな力を持った人のことです。生まれつきムードメーカー的な資質を持っている方もいますし、生まれ育った環境によってムードメーカーになったという方もいると思います。

集団の中心に居てその場の空気を作る人

ムードメーカーはたいてい集団の中心にいます。グループの中で重要な役割を担っていることもありますし、周りからの信頼も少なくありません。その場の空気を作ることに長けていますし、暗い雰囲気になっていてもその人が声を上げるとみんなが元気になれる、そのような存在です。集団における中心人物、重要な役割を果たしている人ですね。

状況を一変させる力がある

ムードメーカーは状況を一変させる力をもっています。スポーツチームにおけるムードメーカーだと、その人の力によって悪い状況が一変して良くなるということも多々あります。今まで劣勢だったのに、その人がチームに加わったことでいきなり強くなった、勝てるようになったというのはよく聞く話ですよね。このようにムードメーカーには状況を大きく変えてしまう素晴らしい力があるのです。

ムードメーカーの特徴10個


ここからはムードメーカーの特徴についてお話したいと思います。あなたの周りにももしかするとこのような方はいるかもしれませんが、あなた自身がムードメーカーになりたいのならこの特徴を押さえておきましょう。

常に明るくて元気

暗いムードメーカーなどまずいませんし、基本的に明るくて元気な人ばかりです。常に笑顔を忘れませんし、この人が落ち込むことなんてあるのかな?と思えるほどいつも元気に振る舞っています。それゆえに周りも明るくなれますし、元気がない状態でも前向きになることができるのです。これぞムードメーカー最大の特徴ではないでしょうか。

空気が読める

ムードメーカーはとにかく明るいだけの人、ということではありません。いくら明るくて元気でも場の空気を読むことができないと的外れな元気の押し付けになってしまうことがありますし、そのような人だととても集団の中心になることはできないでしょう。ムードメーカーと呼ばれる人の多くは空気を読むのが上手ですし、ここぞというときにグループのムードを高めようと力を発揮します。これもムードメーカーの特徴ですね。

ポジティブ


これも大切なポイントですよね。ムードメーカーは基本的にポジティブです。ネガティブになることはほとんどありませんし、いつもポジティブで前向きな思考をしています。完全に劣勢で状況も最悪というケースにおいても諦めることはありませんし、ネガティブになったり悲観的になるようなことはありません。どうすればこの状況を変えることができるのか、どうすれば最善の道を選べるのかを考えています。これぞムードメーカーですね。

メンタルが強い

ムードメーカーはとにかくメンタルが強いです。メンタルが強くないと最悪の状況を跳ね返すような力はありませんから、メンタルが強いというのもムードメーカーの資質として求められるものなのでしょう。メンタルが強いゆえにどんなに最悪な状況に陥ったとしても諦めることもありませんし、心が折れてしまうようなこともありません。周りが「もうダメだ」と諦めているような状況においても一人で周りを鼓舞する、それがムードメーカーです。

率先して動く

ムードメーカーは率先して行動に移すことも大きな特徴ではないでしょうか。誰かがやってくれるだろう、自分がやらなくても平気だろう、などと思うことはありませんし、常に自分から率先して動こうとします。その姿を見て周りの人も「自分も手伝わないと!」と思い一丸となれるのです。率先して行動することによって周りにいる人にも影響を与えることができる、力を与えることができるのがムードメーカーだと思います。

話し上手で聞き上手


ムードメーカーの人は話上手です。抜群のコミュニケーション力をもっていますし、誰とでもすぐに仲良くなることができるでしょう。昨日まで敵だった人間ともすぐに打ち解けることができますし、豊富な話題を持っているため人を飽きさせることもありません。また、話し上手なだけでなく聞き上手でもあるためいろいろな人から相談を持ち掛けられることもあります。これもムードメーカーの特徴であり、集団の中で支持される理由と言えるでしょう。

意見の押し売りがない

人に対して一方的に意見を押し付けるような人はムードメーカーとは言えません。このような姿勢をムードメーカーだと勘違いしている人、リーダーシップだとはき違えている方は意外に多いですが、本当のムードメーカーは意見の押し売りなど一切しないのです。自分はこう思うけど、みんなはどう思う?と必ず周りにも確認します。一方的にこれはこうだ!と押し付けるようなことはせず、周りの意見も尊重してまとめあげるため尊敬されています。

人の文句を絶対に言わない


人に対して不満を持ってしまうことはあるでしょうし、それをつい口に出してしまいそうになることもあるでしょう。しかし、ムードメーカーと呼ばれるような人は人の文句も一切言いません。明らかにその人が悪い場合でも文句を言うことはありませんし、陰で誰かに悪口を言ったりするようなこともないのです。それよりもどうすればこの状況がもっと良くなるのか、ということを常に考えています。

褒め上手

ムードメーカーな人は褒め上手です。人の良いところを探すことに長けていますし、上手に褒めて人をいい気持ちにさせることが上手です。これもムードメーカーの特徴と言えるでしょう。人を褒めることが上手なため信頼も得られますし、周りの人に力を与えることができるのです。褒めるところなどないような人に対しても自分の視点で素敵なところを見つけ、そこをしっかり褒めてもらえます。

自分を犠牲にしている

ムードメーカーは自分を犠牲にすることが多いです。自分を犠牲にしてでもこの状況を何とかしたい、もっと良い状況に換えたいと考えることがよくあります。こうした自己犠牲を平気でできるというのもムードメーカーな人の特徴であり凄みではないでしょうか。なかなかできることではありませんし、自分を犠牲にしてまで周りの空気を換えようとするのは素晴らしいことです。

ムードメーカーになる方法

女性 友達
ムードメーカーな人の特徴を読んで、自分もムードメーカーと言われるような人になりたい!と思った方もおられると思います。そこで、ここではムードメーカーになるための方法についていくつかピックアップしてみました。ムードメーカーを目指す方はぜひ参考にしてくださいね。

話題を豊富に用意する

ムードメーカーは聞き上手であり話し上手でないといけません。その場を盛り上げる、悪くなった空気を換えるためには高度なトーク力が必要となります。いきなり話し上手になるのは難しいかもしれませんから、まずは話題を豊富に用意する癖をつけましょう。とりあえず豊富な話題を持っているのならその話で盛り上がることもできますし、そこから活路を開くこともできるでしょう。日ごろからいろいろなニュースに目を通し、さまざまなジャンルの話題を収集することをおススメします。新聞なども日ごろから読む癖をつけるとイイですね。

大きな声で話す

ぼそぼそと小さな声で話すようなムードメーカーはまずいません。ムードメーカーと評されるような人はたいてい声が大きいですし、大勢の人にしっかりと聴こえるような声で話しています。そのため、ムードメーカーになりたいのなら大きな声で話すことを心がけましょう。もともと声が大きいという方もいるでしょうが、声が小さい方は意識的に改善することで声が大きくなります。日ごろからなるべく大きな声で話すようにする、カラオケで大きな声で話す練習などもしてみましょう。

失敗してもくじけない

女性 見上げる
ムードメーカーが真っ先に諦めてしまうようではそのグループはおしまいですよね。ムードメーカーは失敗しても挫けませんし、諦めることもありません。だからこそムードメーカーだと言われるのです。これから先の人生何度も失敗することがあるかもしれませんが、失敗しても決して挫けないことです。失敗があるからこそ未来の自分がある、これからがあると考えるようにしてください。

誰にでも平等に接する

ムードメーカーは誰にでも平等に接する必要があります。人によって態度を変えるようなムードメーカーはいませんし、これだと集団の中心になることはできないでしょう。誰に対して分け隔てなく接しているからこそ多くの人から支持されるムードメーカーになれるのです。誰にでも平等に接するということは決して忘れてはいけないポイントですね。

いつでも明るく努める


ムードメーカーはいつでも明るくなくてはなりません。暗いムードメーカーなど話になりませんし、そのような人が集団の中心になることはできませんよね。いつでも明るく元気に振る舞うよう努めましょう。状況が悪いときこそ明るさを忘れないことです。このようなときにはどうしても暗い顔になってしまいがちですし、心も折れてしまいそうになります。しかし、本当のムードメーカーはそんな時こそ元気に明るく振る舞うものですよ。

まとめ

ムードメーカーな人の特徴、なるための方法についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。ムードメーカーになるための生まれ持った資質を持っている方もいますし、そのような方は特に意識せずとも知らず知らずのうちにムードメーカーになっていることが多いです。いつも気が付けば集団の中心にいるような人ですね。そうでない人も今からでも努力することでムードメーカーになることは可能ですから、ここでご紹介した内容を参考にムードメーカーになれるよう頑張ってみましょう。誰からも信頼されるムードメーカーになってくださいね。