【手相占い】財運線で金運がわかる!特徴的な手相9パターン

手相に詳しくない人であっても、財運線と聞きますとお金に関することが分かるのではないでしょうか。手相は個人個人で様々な違いがあるという特徴がありますが、その中でもお金に関する財運線に、強く関心を持つ人が多いでしょう。誰もが興味を持つお金と手相の関係について、手相では自分で分からない将来についても、導き出してくれます。

財運線とは?

その線の長さや太さの違いでその人の金運が理解できる財運線は、手相で占いをする人がよく知っておきたいものです。言葉の通りお金の入り方や使い方、賢い貯め方などがすぐに分かる財運線は、その人自身の暮らしや生活にも影響を与える要素の一つです。財運線は、どの場所に会ってどのような見方をするのかなどを知っておきますと、身近な人へのアドバイスもスムーズにできます。

小指の下にある縦線

財運線は見やすく分かりやすい場所にある小指の下にある縦線で、初めて手相を見た人でも、すぐに探せるのが特徴です。手相占いは難しいイメージや難しい印象がありますが、人それぞれに違いがある手相は、その人の個性や生き様がそのまま手のひらに集約されているようになっているのが、その特徴とも言えます。

若いうちはできにくい手相

財運線の特徴は、若い時にはできにくい手相であるということです。他の手相ではそのような現象はありませんが、財運線は若い時にはできにくい傾向にあります。そのため、恋人や夫の財運線を知って将来の金運を知りたい場合でも、若い時にできにくい手相であることから、未来を占うことが難しいかもしれません。しかし、念の為に財運線のことを調べておくのは大事で、知識を増やしておきますとその後役立つ時が必ずあります。

特徴的な財運線の見方10パターン

特徴的な財運線の見方を10パターン紹介します。お金の入り方だけでなく、使い方や貯め方まで分かる財運線は、その人自身とお金の関わりを明らかにできる面白さがあります。自分や身近な人の手相が、これから紹介する財運線の形状と合致した場合は、是非今後に活用してみてはいかがでしょうか。

こちらで紹介する10つの財運線

以下で、それぞれの意味や暗示していることについて紹介していきます。

財運線がない:現状の金運が弱い証拠

財運線は若い時にはできにくい手相でることから、財運線自体が現在ない場合があります。しかし、財運線がないのは年齢のせいだけではなく、今現在の金運が弱いことを証明しています。年を重ねることで収入や貯蓄も増やせますが、若い時は稼ぐ力も弱く金運が揃え程備わっていないのは確かですが、今現在の手相ですので、今後変化することが十分期待できます。手相は日々進化していますので、諦めないで少しでも金運がアップするように、財運線が少しでも出てくることを願いましょう。

短い財運線:近いうちに金運が開花


財運線が短い場合には、近いうちに金運が開花するということが示されていて、財運線がなかった人は、次の段階として短い財運線が出てくる状態へとステップアップできます。短い財運線でもないよりは今後への期待値は高く、金運が開花してより良い状況に発展するのは確実でしょう、財運線は手にするお金の金額を左右するだけではなく、その人のお金の使い方にも影響しますので、無駄遣いをしないような状況に運勢が働くのも財運線の力でしょう。

薄い財運線:いつか金運が巡ってくる

財運線が薄い場合であっても、いつか金運が巡ってくることを暗示しています。財運線が薄いと少し心配になるかもしれませんが、日々変化をして強弱や代償が繰り返し行われるのが手相です。今後に期待ができる薄い財運線は、金運が巡っているタイミングを逃さないように、しっかりチャンスを掴める体制を整えておくことも大切です。

財運線が4本以上ある:散財運が高まり浪費する


財運線の活動を邪魔する散財運が作用しますと、浪費する傾向が強まります。財運線が4本以上ある場合は注意が必要で、散財したい気持ちが強まる運気の影響によって、浪費する行動が我慢できなくなります。財運線が4本以上あるということは、金運がアップするような印象を受けます。しかし財運線が多すぎる場合には、行動に注した方が良いでしょう。こんような状態に手相で買い物へ出掛けますと、不要なものにお金を掛けるような行動に出るかもしれません。

財運線は長いが薄い:まだ金運が弱い

財運線が長いにもかかわらず、まだ見た目が薄い場合については、だいぶ金運が高まっていることが分かりますが、まだ力不足のようです。長さよりも濃さが重要な財運線は、薄い状態ではもっと金運が高まる成長段階であると認識しましょう。

財運線の魚模様(フィッシュ):金運が良い時期が訪れる

財運線が魚模様のフィッシュになっている場合は、金運が良い時期が訪れることを指しています。魚模様と呼ばれるフィッシュですが、本当に魚のような形状になっていて、金運が上がってきている時に手相として出てきます。縁起が良く今後に期待ができる魚模様は、見た目にも判断しやすい財運線の一つです。

財運線に島がある:金運があまりよくない

財運線だけでなく、島があるような手相の形は、あまり良い傾向ではありません。そのため、財運線も同様に島がある状態ですと、金運があまり良くないという現状維持をする状態となります。島の存在が邪魔をして、財運線の良い運気を受け取る道がふさがってしまうなど、まっすぐ伸びているのが通常な財運線の形状を、少し変化させてしまうのが島の形状です。しかし、手相は変化していく性格を持ち、その中でも財運線は変化が著しいので、大きく変化をして急激に金運が上昇するかもしれません。

財運線が感情線の手前で終わっている:金運が成長段階

金運は日々成長することから、今後が期待できるような段階をとにかくじっと待つしかない時もあります。財運線が感情線の手前で終わっている場合には、金運が成長中となります。そのような状況が長引くこともありますが、急変することもあるのが手相の魅力です。もしも成長段階であることが分かった時には、すぐに次の行動に移れる支度を済ませておきましょう。

財運線が知能線まで伸びている:お金には困らない人生を歩む


お金に困らない人生というのは楽できるというよりも、いつも良い仕事に恵まれることや無駄遣いをしないような運勢を与えられるなどが考えられます。そのような暮らしができる人というのは、手相によって証明されていて、財運線が知能線まで長く伸びています。お金に一生困らない人生は幸せですが、ただその恩恵に乗るのではなく、自分自身での努力や工夫も必要です。

財運線が生命線まで伸びている:お金をつかむまで時間がかかる

では財運線が生命線までの伸びている場合は、財運線が知能線まで伸びている時とは違って、お金を掴むまでに時間が掛かります。しかし、これはマイナスに捉えてしまいますと損をしている気がしますが、実際にはそうではありません。最終的にはお金をしっかり掴めますが、それまでに努力や苦労を重ねる可能性があります。若い時のそのような時間は無駄ではなく、様々な場面できっと役立ちます。財運線の形状で変化がある金運は、捉え方次第で良くも悪くもなるでしょう。

まとめ

いかがでしたか。手相の中でも関心が高い財運線は、一歩間違えますと散財してしまうような浪費の運勢に導かれてしまうケースもあることが良く分かりました。財運線は、収入が増えるということだけではなく、仕事の度合いや持っているお金の使い方にも影響があります。財運線を使った手相占いに興味がある人は、是非今後取り組んでみてはいかがでしょうか。