自己主張が上手な人になるには?ポジティブな伝え方と改善策

自己主張をすることは大切です。基本的に日本人は自己主張をするのが苦手な人が多いです。しかし、自己主張をしなければいけない場面はたくさんあるでしょう。こちらでは上手く自己主張をするための方法について紹介しましょう。

自己主張とは?

そもそも自己主張とは一体どのようなものなのでしょうか。自己主張をするためには、自己主張とはそもそも何なのかを理解することが大切です。自己主張の定義について教えましょう。

自分の意見・考え・欲求を他者に伝えること

自己主張というのは自分の考えていることや意見、欲求などについて他社に伝えることです。それはとても大切なことでしょう。たとえば会議に参加しているのであれば、自分の意見を主張することが求められるでしょう。自分が何かを欲求しているのであれば、それをパートナーに伝えることは大切です。自己主張することによって、自分の思いを相手に伝えることができます。これはコミュニケーションの基本ともいえるでしょう。

日本では自分勝手・協調性に欠けると思われがち


自己主張はとても重要なものであるにも関わらず日本ではマイナスなイメージが強くなっています。日本は協調性を重視しており、個性を消すことが求められているのです。このような社会では自己主張をすることは大切でしょう。

しかし、今の日本は昔とはだんだん異なる社会となりつつあります。そのため、自己主張の重要性も認識されてきています。また、実際に社会で成功しているのは自己主張をきちんとできる方が多いでしょう。

ポジティブに見える自己主張の伝え方

自己主張もやり方を間違えてしまえばマイナスな印象を持たせてしまうでしょう。どうすればポジティブな印象を与えられるのか、自己主張の正しいやり方について教えましょう。

自分の意見を無理やり押し通そうとしない

まず自己主張をするのは自分の意見を相手に押し付けることだと勘違いしてはいけません。それでは相手はあなたの話をきちんと聞いてくれないでしょう。無理やり自分の意見を押し通そうとするべきではないのです。それでは相手はあなたの意見を聞き入れてくれないでしょう。自己主張をする際には相手の気分を害してしまわないようにするべきです。相手があなたの意見をちゃんと聞いてくれるように配慮しなければいけません。

ワガママに見られないように自己主張は理由をつける


自己主張というのは時にはワガママに思われてしまうことがあります。そう見られないようにするためには、自己主張をする際にはしっかりと理由をつけることが大切です。そうすることによって、その自己主張は正当なものであり、意味のあるものであるとアピールすることができるのです。

別の解決策や妥協案を用意する

自己主張をする際には、必ずしも自分の主張が通るとは限りません。そのときのために別の解決策を用意しておいたり、妥協案を用意しておくことをおすすめします。そうすることによって、自分勝手な意見ではないとアピールすることができるでしょう。たとえば何かに反対するのであれば、必ず解決策を用意しなければいけません。他の人の意見と争う際には妥協案も用意しておけば、相手も納得してくれるのです。

主張が通った場合と通らなかった場合の結果を示唆する


あなたの主張が通るときもあれば、通らないときもあるでしょう。あらゆるケースを想定して意見を用意しておくべきです。また、主張が通ったのであればどのような結果がもたらされるのか、また主張が通らないのであれば、どのような結果となるのかを示唆しておきましょう。単に主張を述べるだけではなくて、それを採用した結果どのようなことになるのかもきちんと伝えておくのです。単に主張するだけでは意味がないのです。

自分の意見などが通りやすい人間関係を構築しておく

自分の意見を主張するならば、それが通らなければ意味がないでしょう。しかし、必ずしも自分の意見がいつも通るとは限りません。できるだけ自分の意見が通りやすい環境を整えておくことは大切でしょう。そのためには意見の通りやすい人間関係を構築しておくことは大切です。自分が信頼されているのであれば、周りの人達もあなたの意見をしっかりと聞いてくれるでしょう。普段からしっかりとコミュニケーションを取っていることは大切なのです。

相手の反対意見を尊重してしっかりと耳を傾ける

自分の意見を言うと相手がそれに反対してくることがあるかもしれません。しかし、たとえ反対意見といってもそれを尊重することは大切です。相手の反対意見にもきちんと耳を傾けるようにしましょう。そして、相手の意見も尊重するべきです。たとえ自分の意見に反対するものだったとしても、それも一つの意見として耳を傾けなければいけません。そうしないと、あなたが反対意見を出したときにまともに受け止められなくなってしまうでしょう。

自分の意見は攻撃的にならず冷静に伝える


意見を述べる祭にはあくまでも冷静でいるべきです。自分の意見を相手に伝える際には攻撃的になるべきではありません。できるだけ淡々と伝えるべきでしょう。たとえ相手に腹を立てていたとしても、これから反対意見を述べる場合であっても、声や表情などは常に落ち着いた状態にしておくべきです。そうすれば相手もあなたの意見をしっかりと聞いてくれるでしょう。攻撃的になってしまうと、相手はあなたの意見を聞くどころではなくなります。

議論に勝つことではなく相手に対して意見・考え・欲求を伝える

もし他人と議論をするのであれば、勝つことを目的にするべきではありません。そもそも議論というのはさまざまな人が自分の主張を述べることによって、より建設的な結論を導き出そうとするものです。議論の際には自分の考えている意見や考え、欲求を素直に伝えるようにしましょう。そうすれば相手もそれを素直に受け止めてくれるでしょう。勝とうとしてしまうとどこか攻撃的になってしまいます。

相手の立場や意図を考えて自分の主張か正当か判断する

自己主張をする際には相手の立場や意図についてもきちんと考えておきましょう。そして、自分の意見や考えに正当性があるかどうかを判断しましょう。何でもかんでも自己主張をすれば良いというわけではないのです。意味もなく自己主張をするべきではありません。本当に価値のある主張だけをするべきです。

正当な主張か自分だけでわからない場合は信頼できる人に相談する

自分の主張が果たして正当なものなのか、自分自身ではなかなか分からないということがあります。そんなときには信頼できる人に相談をしてみるという方法があります。そうすることによって、あなたの意見の正当性を判断してくれるでしょう。自己主張をするのであれば、そのぐらい慎重になるべきなのです。時間をかけてじっくりと自分の意見に正しさがあるのかを検討しましょう。

自己主張が苦手な人におすすめの改善策

どうしても自己主張が苦手だという人がいます。このような人はどうすれば苦手さを改善することができるのでしょうか。こちらではこれから自己主張ができる人間になるための対処法について紹介します。

小さな成功体験の積み重ねや自分磨きで自信をつける

そもそも自己主張ができない人というのは、自分に自信を持っていないケースが多いです。自分の意見には何の価値もないと思ってしまうのです。そのため、人前に出て自分の意見をどんどん主張することに躊躇してしまうのです。

そこで成功体験を積み重ねることをおすすめします。成功体験があれば少しずつ自分に自信を持てるようになるのです。それは小さな体験でも構わないのです。さらには、自分磨きをすると良いでしょう。そうすればもっと自分に自信を持てるようになります。

「主張に対して批判があることは当然」と知る

まずあなたが何か自己主張をしたら、それに対して批判があるのは当然だと思いましょう。そもそも、あなたの主張が誰かの批判になっている可能性もあるのです。人はそれぞれ考え方が異なるものです。そのため、自分がした主張に対して批判がくるのは当然のことです。自分とまったく同じ考え方の人なんていないのだと自覚しておきましょう。そうすれば批判も恐れなくなります。それが当たり前のことだと受け止められるようになるでしょう。

相手に対面で伝えるのが難しければメールなどの方法も考える


なかなか面と向かって相手に自分の考えを伝えるのは難しいかもしれません。そんなときには別の方法をとることをおすすめします。たとえば対面で相手に伝えることが難しいのであれば、メールを用いてみると良いでしょう。あるいは手紙もあります。直接言葉で伝えることが難しくても自己主張の方法にはいろいろなものがあるのです。

自己主張が上手い人のアドバイスを受ける・マネをしてみる

あなたの周りにはきっと自己主張をすることが上手い人がいるでしょう。その人を参考にしてみるという方法があります。たとえば自己主張をするのが上手い人からアドバイスをもらってみると良いでしょう。そこで貴重な意見をもらえるかもしれません。あるいは自己主張の上手い人をそのまま真似てみるのも良いでしょう。そうすれば、あなたも自然と自己主張ができるようになるかもしれません。

SNSやブログで自己主張のトレーニングをする

自己主張というのはトレーニングをすることで可能になります。たとえばSNSでいろいろな意見を発信してみましょう。あるいはブログを開設してみるのも良いでしょう。そこで自分の意見を発信するとさまざまな意見をもらうことができます。時には批判されてしまうこともあるでしょう。さまざまなレスポンスを受けることに慣れることによって、自己主張の訓練となるのです。どうすれば上手く自分の意見が伝わるのか、自分の意見を周りの人はどのように評価してくれるのかが分かります。

専門家によるカウンセリングを受けてみる


自己主張ができない理由はあなたの精神面に問題のある可能性もあるでしょう。この場合は専門家に相談をしてみましょう。カウンセリングを受けてみるのです。そこであなたの問題点が発覚するかもしれません。改善するための具体的な対処法を教えてもらえることもあるでしょう。どうしても解決できないときには専門家を頼りましょう。

まとめ

自己主張を上手くできるようになることは大切です。そうしなければ大人として生きていく上でさまざまな弊害が生じてしまいます。こちらで紹介した方法を参考にして、上手く自己主張ができるようになりましょう。