彼氏がうざいと感じたときにやることと別れる方法

彼氏がうざいと思ってしまったならば、別れたいと思うでしょう。それでは別れようと思ったのであれば、どのような点に注意をすれば良いのでしょうか。こちらでは彼氏と別れたいと思ったときにしておくべきことや方法について紹介しましょう。

別れる前にしておきたいこと

彼氏と別れたいと思ったならば、しておくべきことがあります。いきなり別れるのではなくて、何をしておくべきなのかを教えましょう。

周囲に相談してみる

彼氏のことについて周囲に相談をしてみましょう。そうすることによって、客観的に自分達のことについて考えることができます。あなたが一方的に彼氏のことをうざいと思っていたとしても、ひょっとしたらあなたにも原因があるかもしれないからです。冷静になるためにもまずは周囲に相談をしておきましょう。

恋愛感情が残っているか自問自答する

あなたは彼氏と別れたいと思っていたとしても、ひょっとしたら恋愛感情が残っているかもしれません。うざいと思ったとしても、どこかで好きだという気持ちが残っているならば、別れてしまうと後悔するかもしれないのです。後悔のしない選択をするためにも、一度自問自答をしてみるべきでしょう。

彼氏との幸せな結婚生活を送れるかイメージしてみる

彼氏と自分がこれから幸せな結婚生活ができるのかを考えてみましょう。大人のカップルというのは基本的に結婚を前提として付き合っていることが多いでしょう。そのため、将来結婚をしたときに幸せになれるかどうかをきちんと検討するべきです。もし幸せになれそうにないならば、そのまま別れてしまった方が良いでしょう。

嫌なところを伝えて直してもらえるか話し合う

彼と別れたいと思っているならば、彼にどこか嫌な点があるのでしょう。その点を相手に伝えて直してもらえるかどうかを話し合ってみましょう。もし嫌な点を改善してくれるのであれば、そのまま付き合い続けることができます。しかし、嫌なことを伝えても逆ギレされてしまったり、直してもらえないこともあります。それでは付き合い続けても幸せになれる可能性は低いでしょう。

冷却期間を作って一時的な感情なのか確かめる


彼に対してイライラしてしまっているために別れたいと思うことがあるかもしれません。このときには一度冷静になることが大切です。冷却期間を設けることによって、ひょっとしたら相手を許せるようになるかもしれません。いっときの感情で別れてしまうべきではないのです。それが一時的な感情かどうかは時間をおくことによって分かります。

相手の良い面を思い出す

これまで恋人として付き合ってきた相手であれば、どこかに良い面があるはずです。悪い面しかない相手と付き合うわけはないからです。そのため、相手の良い面について思い出してみましょう。そうすれば、別れなくても済むかもしれません。悪い面にばかり注目してしまうと、その相手がとても悪いやつに思えてしまうのです。そうではなくて、もっと良い面についても考えてみましょう。そうすれば別れたいという気持ちがおさまるかもしれません。

自分に非がないか考えてみる

あなたが彼氏と別れたいと思っていたとしても、実はあなたにも非があるというケースもあります。そのため、自分にも悪い面はなかったかどうか考えてみましょう。ひょっとしたらあなたにも悪い面があるにも関わらず、それを認めようとしなかったというケースもあるのです。

楽しかった思い出を振り返って好きな気持ちが蘇ってこないか確認


彼氏を好きだという気持ちを蘇らせる方法として、過去の楽しかった思い出を振り返ってみましょう。さまざまな思い出を振り返ってみて、彼への恋心が蘇るようであれば、まだ別れる必要はないでしょう。しかし、いくら振り返ってみても彼への恋心が復活しないのであれば、別れを決断しても後悔はしないでしょう。気持ちが完全に冷めているからです。

別れを決断したあとの方法:積極的に振る方法

もし別れを決断したのであれば、相手を振らなければいけません。こちらでは積極的に振るための方法について解説しましょう。

何も告げず一方的に別れて連絡も一切絶つ

何も告げないで一方的に別れてしまうという方法があります。連絡を一切絶ち、相手からのアプローチをすべて無視してしまうことで別れることができます。ひょっとしたらあなたの部屋にまで来てしまうこともあるかもしれませんが、それもすべて無視してしまうという方法があります。

この方法は相手と別れたいという強い気持ちを持つことができるのであれば、簡単にできます。ただし、相手がしつこく復縁を迫ってきたり、ストーカーになってしまう可能性もあるため、その点には注意をしてください。

スキンシップを拒否する


もし相手からスキンシップをされそうになったならば、それをしっかりと拒否をしましょう。そうすることによって、自分はもう好意を持っていないということをアピールできます。スキンシップを拒否されたことによって、彼はショックを受けるかもしれませんが、あなたが相手を嫌っているという気持ちはハッキリと伝わるでしょう。無理やりスキンシップをされそうになったならば、怒ると良いでしょう。そうすれば相手は諦めてくれるかもしれません。

連絡や会う頻度を下げる

相手と連絡をしたり、実際に会う頻度を下げてみましょう。そうすることで自分は彼と会いたくないということをアピールできるのです。直接別れたいと言うのは嫌だという方もいるでしょう。そのような方にはこちらの方法をおすすめします。このような態度を取られてしまうと彼は自分が嫌われているのだと自覚するでしょう。あなたとどうしても会いたいと主張してくるかもしれませんが、それに影響されずに会う頻度を下げていきましょう。

会ったときの会話を少なくする

もし彼と会ったならば、そのときの会話は少なくしておきましょう。会話が少なくなれば気まずい雰囲気となってしまうかもしれません。険悪な雰囲気となる可能性もあるでしょう。それによって、自分はもう恋人関係を続けていくつもりがないことをアピールするのです。会話を少なくすることによって、向こうも察してくれるようになるでしょう。

別れを決断したあとの方法:緩やかに拒む方法

別れを決断したけれども、はっきりと相手に好意がないことを伝えるのは嫌だという方がいるかもしれません。そのようなことができない方のために、こちらでは緩やかに彼のことを拒む方法について紹介しましょう。

一緒にいるときに退屈そうにする


まず彼と一緒にいるときには露骨に退屈そうにしてみると良いでしょう。常にあなたが退屈そうにしている姿を見れば、彼はあなたが自分に飽きているのではないかと考えてしまうでしょう。そうすれば彼の方で察してくれるかもしれません。もう彼に好意を持っていないということを少しずつ分からせてあげるのです。

わざと彼氏に嫌われる言動をとる

彼氏に対してわざと嫌われるような言動をとってみましょう。それによって彼が怒るかもしれませんが、彼と別れても良いと考えているのであれば、それは好都合でしょう。上手く彼と喧嘩をすることができたならば、そのまま別れてしまうことができます。
別れたいというのではなくて、嫌われることによって自然と別れられるような状況をつくるのです。

合コンなど別の男性と交流する機会を増やす


あなたが別の男性と交流するような機会をどんどん増やしてみましょう。そうすれば、好きな人ができるかもしれません。そこで浮気をしてしまうという方法もあります。また、あなたが別の男性と会っていることが分かれば、彼は怒り出すでしょう。彼の方であなたと別れたいと言い出してくれるかもしれません。そうなれば簡単に別れることができるでしょう。

ほかの男性の話題を増やす

彼に対して他の男性の話題を話すと良いでしょう。会話の中でどんどん別の男性の話をしていくのです。普通、彼氏は別の男性の話をされるのを嫌うものです。あなたがそのような話題をどんどん出すことによって、彼はあなたに不信感を抱くでしょう。あなたと別れたいと思ってくれるかもしれません。

別の女性をすすめる

彼に別の女性をすすめてみましょう。それによって彼はとても驚いてしまうかもしれません。付き合っているのにどうしてそんなことを言い出すのか不思議に思うかもしれないです。しかし、最終的にはあなたが別れたがっていることを理解するでしょう。

まとめ

彼氏がうざいと感じたのであれば、まずは本当に別れてしまっても良いのか考えましょう。このまま付き合い続けても幸せになれないのであれば、別れましょう。その際にはこちらで紹介した方法を参考にすれば、上手く別れることができるでしょう。