心を開くのが苦手な人向け!相手に心を開く7つの方法

人に対して心を開くことで相手と仲良くなれますが、それが苦手な方も多いことでしょう。出来ることならスムーズに心を開けるようになりたいものですが、なかなか難しいもの。そのため、こちらでは心を開くことによるメリットや開くコツについて解説いたします。こちらの情報を基にして多くの人と仲良くなりましょう。

心を開くとなにが変わる?

人の輪になじみやすくなる

人間関係を築くために心を開くことは大切ですが、それがなかなか出来ないという方も多いことでしょう。しかし、心を開くことでさまざまなメリットがあるのです。特に大きいメリットは、人の輪に馴染みやすくなるということでしょう。すでに完成しているコミュニティーに混ざることは大変ですが、心を開くことでスムーズにコミュニティーに混ざることが出来るのです。そこで時間がかかってしまうと、親密な関係を築くことは難しいでしょう。心を開くコツを知っておくことでネットワークを広げることが出来るのです。

人と仲良くなりやすい

初対面の相手の中に、「仲良くなりたい」と思える相手もいることでしょう。しかし、そこでスムーズに仲良くなることは大変ですが、心を開くことですぐに仲良くなれるのです。周囲には必ず人とすぐに仲良くなるタイプがいますが、こういったタイプはすぐに心を開くようにしているのです。人間とは心を開いてくれた相手に対して、自分も心を開こうとするもの。そのため、すぐに仲良くなれるのです。最初はなかなか心が開けないものですが、コツを掴むことでスムーズに心を開くことが出来ます。

素の自分を出せる相手ができる


心を開くことでスムーズに人と仲良くなれますが、心を開くということは素の自分を見せることと同様です。そのため、どうしても心が開けなくなってしまいます。しかし、素の自分を見せられないということは、どこか演技をしている自分を見せているのです。そのため、しばらくすると疲れてしまいます。それとは逆に素の自分が見せられるようになると、リラックスすることが出来るのです。飾らない自分を出すことはストレスの発散になりますので、健康的な生活にも欠かせません。

自分から心を開くのが苦手な理由

本音を話すのが怖い

なかなか自分から心を開けない方もいますが、なぜ心が開けないのでしょうか。心を開くということは本音を話すことと同様です。そのため、「本音を話したら相手から嫌われるのではないか?」と考えてしまい、心が開けなくなってしまいます。しかし、本音を話してくれない相手は逆に信用されませんので、いつまでも距離を縮められないのです。そのため、仲良くなりたいと思った相手には本音で話すようにしましょう。勇気のいることではありますが大切なことなのです。

自分に自信がない

心を開くことは素の自分を見せることになりますが、自分に自信の無い方はそれが出来なくなってしまいます。このような考えを持つ方は多いものですが、素の自分を見せたからといって嫌われるようなことはありません。考え過ぎることで次第に自信を失ってしまいます。そのため、アレコレ考える前に心を開くようにしましょう。少しでも躊躇してしまうとタイミングを失ってしまうので注意しましょう。社交性のあるタイプはそれが上手いのです。

以前に心を開いて傷ついた経験がある


心を開くことは大切ですが、心を開くことで傷ついた経験を持つ方もいることでしょう。そういった方は心が開けなくなってしまいますが、自分の悪かった部分を反省しましょう。そして、反省をしたら過去は忘れてください。これによって再び自信を持つことが出来ますので、心が開けるようになるでしょう。そして、心を開くコツを知ってください。これによって多くの方とスムーズに仲良くなれるのです。

相手に心を開く方法

自分が心を開けない理由を自覚する

心を開くにはいくつかのコツがありますが、何よりも大切なことは自己分析をすることです。自己分析をすることによって、自分が心を開けない理由が明確になります。そして、これによって対策が分かるのです。こういった対策は人によって異なりますので、自分にマッチした対策をとるようにしましょう。心が開けない理由は先程ご紹介した通りですので、どれが自分に該当するのかチェックしてください。この自己分析は今後の人生にも役立てることが出来るでしょう。

自分の良いところを見つけて自信を持つ


自分に自信が持てないことで心が開けなくなることがあります。そのため、そういったタイプの方は自分の良い部分を見つけるようにしましょう。誰もがそういった良い部分を持っているものです。そして、良い部分を伸ばすことで自信につなげることが出来ます。ネガティブな性格になってしまうと、自分の悪い部分しか見えなくなってしまうので注意しましょう。そして、他人の良い部分も見つけるようにしてください。これによって自分の良い部分も見つけられるようになります。

何を怖がっているか理解して乗り越える勇気を持つ

心を開くことに怖さを感じる方もいることでしょう。そういった方は、具体的に何が怖いのかチェックしましょう。じっくりと考えると、それほど怖いことはありません。実はたいしたことの無いものに対して怖がっていることもあるのです。そして、自分が怖がっているものを乗り越えるようにしてください。これを乗り越えることで心が開けるようになり、さまざまなことに対してポジティブになれるのです。ポジティブな性格はさまざまな分野にチャレンジ出来るようになり、人生のプラス要素になります。

自分にプレッシャーをかけすぎない


心を開くことは大切ですが、「今すぐに心を開けなければならない」と考えてしまうと、大きなプレッシャーになってしまいます。このプレッシャーは大きなストレスになってしまい、逆に疲れてしまうのです。そのため、自分で目標を定めて、その目標をクリアするようにしましょう。そして、自分の目標を達成したら自分を褒めるようにしてください。これによって次につなげることが出来るのです。無理のない目標を立てることがポイントでしょう。

笑顔とあいさつから始めてみる

心を開く方法はいくつも存在しますが、必ずしもしっかりと会話をするだけではありません。いきない会話が難しいのであれば、最初は笑顔と挨拶だけでもするようにしましょう。笑顔は相手に安心感を与えますので、自分の高感度を高めることが出来ます。そこで暗い表情を浮かべてしまうと、相手からの評価が下がってしまうのです。そして、しっかりと目を見て挨拶をするようにしましょう。挨拶はどのような場面でも重要ですので、必ず自分からするようにしてください。これだけでも第一印象は良くなるものです。

話しかけやすい人から話しかけてみる


笑顔で挨拶をすることは大切ですが、そこから次のステップに進むには会話が必要です。しかし、初対面の相手にいきなり話しかけることは大変です。そのため、話しかけやすい人から話しかけるようにしましょう。これをきっかけにして他の人とも話せるようになります。会話において何よりも大切なポイントは最初のきっかけです。

いいなと感じる人の真似をする

周囲に社交性のある友だちもいることでしょう。こういったタイプは心を開くことが上手いので、そういった友だちの行動を参考にしてください。こういった行動ひとつで結果は大きく変わるものです。最初は真似るだけで十分ですが、徐々に自分のキャラクターに合わせた行動を見つけるようにしてください。これによって誰とも仲良くなれるでしょう。

まとめ

心を開くことでスムーズに人と仲良くなれますので、多くの人からも好かれやすくなるのです。しかし、心を開くことに抵抗を持つ方もいますが、こちらでご紹介したコツを参考にしてください。そして、これによって自信がついてポジティブな性格にもなれますので、人生も豊かになるのです。