安眠できない人に共通している特徴と安眠できるようになるコツ

食事や運動など人間の健康を支える要素がありますが、特に乱れやすい生活習慣は睡眠です。睡眠をとっていても睡眠の質が下がってしまっている可能性は十分あるのです。どのような人が安眠できずに睡眠の質を下げてしまう傾向があるのでしょうか。

安眠できずに悩んでいる人に共通する原因

睡眠不足

食事をしてから2時間以内にベッドに入っている

近年様々な生活習慣が乱れやすい時代になっています。インターネットの世界が広がっていますし、仕事も様々な時間の勤務が増えているので、生活習慣が狂いやすくなっているといえます。睡眠のサイクルが乱れる前に、食事を摂る時間が安定せず、特に夜ご飯が遅い時間になってしまうケースも多いでしょう。食事をしてから2時間以内に就寝している人はなかなか安眠できない傾向があるかもしれません。まだ胃に食べ物が残っていて身体は消化のために動いているので負荷がかかっている状態で寝てしまうと睡眠の質が下がる傾向があります

浴槽につからずにシャワーだけで済ませている

しっかりと浴槽でお風呂にはいってしっかりと身体を温めるという習慣は日本の社会では当たり前のように思われるかもしれませんが、特に仕事で忙しい人や、一人暮らしの男性などはなかなかしっかりと浴槽につかることが少なくなっているのではないでしょうか。シャワーだけで済ませてしまうというのも高い睡眠の質を求めるうえで問題となる生活習慣の一つと言われています。

パジャマではなくTシャツや短パンで寝ようとしている


身体をしっかりと温めて体温調整をきちんとするための生活習慣は入浴だけでなく、就寝時の服装も大きく関係しています。冬だとなんとなく着ていて気持ちいいスウェットや、部屋ぎからそのままジャージで寝てしまう人も多いと思います。一見なんの問題もなさそうなこの習慣ですが、実は汗の吸収率が悪かったり、熱がこもってしまったりして知らないうちに体温調節がうまくいかなくなっている可能性も高いのです。逆に夏場はTシャツやタンクトップに短パンという涼しい姿で寝ている人も多いでしょう。しかし最近はクーラーをつけたまま就寝している人も多いので、Tシャツに短パン姿では身体を冷やしてしまって睡眠の質を下げてしまうことがあるのです。

自分の体格や状態にあっていない寝具を使っている

布団やベッドのクオリティというのも睡眠の質に多いに関係がある要素です。多くの人は自分の体格や身体の状態を考えて寝具を選んではいないのではないでしょうか。しかしベッドの沈み方やサイズ、材質などは人の睡眠の状態に大きな影響があることです。どんな寝具を選ぶと自分の睡眠の質が向上するのか素人ではなかなかわからないと思いますので、きちんと専門家に相談して寝具を決めるのはよいことです。長い間寝具を変えていないという人は改めて自分が使っている寝具の買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。

目を閉じる直前までスマホやパソコンをいじっている

現代人の睡眠の質を大きく下げてしまっている原因の一つがスマホやパソコンのディスプレイから出ているブルーライトです。実際に毎日の生活で寝る直前までテレビやパソコン、スマホやタブレットの画面を眺めている人はかなり多いのではないでしょうか。ベッドに入ってからスマホをいじるのが楽しみという若い人も多いでしょう。いまや老若男女問わずパソコンやスマホを利用しているので、このブルーライト問題は拡大していると言えます。

日中にイライラした事や将来の不安などストレスを感じながら寝る


ストレスも現代社会においては本当に様々な病の原因ともなるものですが、やはり良質の睡眠を妨げる原因ともなります。人間関係のトラブルや生活の不安などのストレスから本格的に不眠に悩まされている人も少なくありません。このように本格的にストレスによって睡眠週刊や健康を害してしまった場合は、きちんと医師の診断を求めたほうが良いでしょう。

部屋が明るかったりうるさかったりする

暗い部屋ではなく部屋が明るかったり、物音などでうるさいなかで寝なければいけない状況にある人もいるでしょう。こうした就寝に適さない環境で寝ているとどうしても良質な睡眠はとりにくく、安眠できない状況が続いていってしまう可能性が高いです。

ベッドに行く前にコーヒーを飲んだりタバコを吸う


コーヒーをはじめカフェインを摂取することで安眠が妨げられるという人は多いようです。全然眠れなくなってしまう人は気を付けてカフェインを就寝前に摂取しないようにきをつける人が多いと思いますが、そこまで過敏でない人は気軽に寝る前でもカフェインを摂取しているかもしれません。しかし自分はカフェインを飲んでも寝れると思っていても、実はその影響を受けていて、質の高い睡眠ができていない可能性もあります。タバコに含まれるニコチンにも覚醒作用があるので、寝る前までタバコを吸う習慣がある人も同様に深い良質の睡眠を得にくいということになってしまいます。

病気や怪我など体調不良がある

単純に健康状態ゆえに快眠できないという難しい状況に置かれている人もなかにはいます。病気や怪我の治療に専念することが良い睡眠を取り戻すための第一歩となりますが、状況ゆえに病気や怪我が長引いてしまったり、慢性的な場合は医師と相談しつつ改善を図っていく必要があるでしょう。

安眠できない人が安眠できるようになる方法

締め付けの少ないパジャマを着る

リラックスした状態で就寝することは安眠するために必要なことです。リラックスして寝るためにできることはいろいろありますが、まずは就寝時の服装からチェックしましょう。パジャマはきちんと考えられて作られていますので、Tシャツや短パンで寝てしまうのではなく、質の良いパジャマを選んで快眠の助けにしてみてはどうでしょうか。締め付けが少ないパジャマなら就寝中の寝返りなどの動作をさまたげることなく、ゆとりをもって安眠できるよう助けてくれます。あまりタイトで動きにくいシャツやパンツなどを寝巻にしている人は気を付けたほうが良いかもしれません。

ストレッチをして自律神経を整える


現在の世の中では自律神経の乱れによる体調不良に悩まされている人も少なくありません。ストレス過多で自律神経を病んでしまう人は多くいますが、ほかにも不規則な生活習慣によって自律神経に影響が出てしまう人もいます。そして自律神経の乱れと睡眠にも大きな関係があります。自律神経が乱れているとそもそも寝つきが悪くなってしまったり、深い質の良い睡眠が得られるなくなる可能性が高いです。とはいえ仕事の時間帯やスタイル、さらには生活上で起こっているストレスがすぐになくなったり変化したりするのを期待するのは現実的ではないかもしれません。そのためなるべく自律神経を整えられる生活習慣を取り入れることから始めたほうが良いかもしれません。就寝前のストレッチなどを生活に取り入れて安眠のための助けにしている人もいます。動画サイトなどで就寝前におすすめのストレッチなどを検索してみるのも参考になるのではないでしょうか。

半身浴でストレスを解消する

しっかりとお風呂で体を温めることの大切さは言うまでもありませんが、全身をお湯につからせているとそれほど長い時間は入っていられないでしょう。お風呂の温度を下げて少し長めに入浴をしているという人もいます。逆に全身をお湯につけるのではなく半身浴である程度長い時間入力をするという人も多いようです。最近ではお風呂で半身浴をしながらタブレット端末で映画を見たり、読書をしたりしている人も少なくありません。かなり汗をかきますのでドリンクを持ち込んでバスタイムを楽しんでいる人もいます。このような方法で体を温めると同時にストレス解消の良い時間にすることによって寝付きを良くして睡眠の質を高めるようにしている人も少なくないようです。

アロマなどで交感神経の働きを抑える

アロマ キャンドル
就寝後寝付きを良くして深い眠りを得るために交感神経の働きを抑えるよう工夫している人も多くいます。様々な方法がありますが夜の寝る前の時間をリラックスした有害なものとするためにアロマなどを用いて時間を過ごす人も多いようです。男性でも女性でもアロマを用いて部屋を良い香りにしたり、リラックスできる雰囲気を作り出すなら1日の疲れを癒し精神的なストレスを軽減できるのではないでしょうか。人によって方法は様々ですが上手に交感神経の働きを抑えて心地よい眠りを手に入れるようにしましょう。

自分の状態にあったベッドや枕を選ぶ

自分の健康状態や体格、その他体の悩みに適したベッドや枕を選ぶというのは大切なことです。ただし本当に自分に適した寝具を選ぶというのは言葉で言うほど簡単なことではないので、インターネットなどで情報を調べてみてもなかなかどんな新聞を選ぶべきか分からないという人も多いでしょう。そのような場合は専門家にきちんと相談して自分の状態にあったベットや枕を購入するようにしましょう。枕1つ変えただけで劇的に睡眠の状態が良くなったと言う人も少なくありません。そのような類の枕は価格もそれなりに高いかもしれませんが、毎日の睡眠を良い状態にして健康を手に入れることにはそれだけの価値があります。

ベッドに入る1時間前にはスマホもパソコンも見ない


パソコンやスマートフォンの画面から出るブルーライトの意見をしっかりと理解している人の中には、就寝の1時間前にはスマートフォンやパソコンを使うのをやめて安眠に備えるという人もいます。とはいえパソコンやスマートフォンを使わずに寝る前の1時間をどうやって過ごすのかもはやわからなくなってる人もいるでしょう。そのような人は就寝前の1時間は少し部屋を暗くしてカフェインレスの飲み物を飲みながら音楽を聴いたり、就寝に向けて軽いストレッチをしたりとゆったりとリラックスできるような時間を過ごすよう心がけてはいかがでしょうか。

室内の温度や湿度を整える

夏場はクーラーの温度、冬場は暖房の温度に気をつけて室内の温度が湿度を安眠できる状態に整えることも大切です。さらに寝る時の格好も冬場は薄着をしすぎたり、冬場はジャージなどを着てしまうことがあるでしょう。適切な室内の温度調節に合わせて睡眠の妨げにならないパジャマを着用する方が安眠のために良いでしょう。暖房や冷房さらには除湿機など室内の温度や湿度を整えるためのアイテムをきちんと揃えておくことが大切です。

安眠できる体になる方法

有酸素運動や筋トレをして頭と同じように体も疲労させる


現代人は社会に出ると急に運動量が減り、逆に脳神経を使うパソコンやスマホ等の利用が極端に増えてしまうかもしれません。しっかりと安眠するためには健全な方法で体を使って、気持ちの良い眠りにつくよう工夫する必要があります。ジョギングや水泳などの有酸素運動したり、自宅やジムで筋トレをするようにして健康的な方法で体を披露させ、心地の良い眠りに導かれるように生活習慣を変えていくことも大切です。

夕食時以降はにコーヒーやお酒、タバコを控える

夜の時間にコーヒーを飲んだり晩酌をしたりするのが楽しみだと考えている人も多いでしょうが、もしそれが睡眠状態の悪化につながっているのであれば、自制心を働かせて晩御飯以降はコーヒーやアルコールの摂取を控えるよう心がける必要があります。また安眠を妨げるニコチンを摂取しないようタバコを控える必要もあるでしょう。主に就寝前の生活習慣から改善していくことによって自分の健康全般はもちろん睡眠の質を向上させることもできるはずです。

寝室を間接照明などにする


蛍光灯等で明るく照らされた部屋でパソコンやスマホの画面を見ている時間が長いと、睡眠の質に悪い影響が及ぶ可能性が高いです。寝る前1時間前にはパソコンやスマホを使用するのをやめて、同時に寝室を間接照明だけするなどして若干薄暗い状態にするなら速やかに眠りにつくための準備ができます。体を温めることや寝る前の軽いストレッチ、ストレスを解消するための心地よい時間を、少しムードのある間接照明の部屋で過ごしてみてはいかがでしょうか。

眠る前のストレッチを習慣化する

本格的に有酸素運動や筋トレを始めるというのは全ての人ができるわけではありません。しかし就寝前の軽いストレッチであればその気になれば誰でも習慣化することができるはずです。そうしたストレッチをすることによって体をほぐし健やかな睡眠へと入って行きやすくなります。なるべくこうした良い習慣を培って眠りの質をアップさせていきましょう。

まとめ

睡眠の質を向上させる事は単に次の日の活動良好にするだけでなく、健康全般強いては人生において大きなメリットがあるといえます。普通に世の中の流れに合わせて生活しているだけで、現代では大きなストレスにさらされたりブルーライトの脅威にさらされたりと、睡眠の質を下げ書けない影響が大きくなることでしょう。それで安眠を目指すならば生活習慣から部屋の状態まで意識的な改革や努力が必要となります。