スムージーの効果が凄い!正しい飲み方と注意するべきこと

健康や美容を気遣った生活を送っている方も多いかと思いますが、あなたはどんな方法でそれを行っているでしょうか。食べるものに気を使っている方もいるでしょう。野菜不足は健康も美容も害してしまいますので、バランスを考えて不足しないように食べたいところ。目安としては、大人の場合一日に必要な野菜の量は、350グラムとなっています。

野菜の中には、加熱すると栄養素が壊れてしまうものもあります。ビタミンC、ビタミンB1、B2、B6、B12、カリウムなどもその一つです。スムージーであれば加熱しませんので、ビタミンヤカリウムなども、そのまましっかりと摂ることができます。

スムージーの効果を紹介

スムージーが注目されています。様々なメリットがありますので、多くの方が食生活に取り入れています。また、スムージーと野菜ジュースは、同じようなイメージを持っている方もしれませんが、この二つは別物です。スムージーは、加熱しない生の状態の素材を使って作られますが、野菜ジュースは過熱する場合も多く、他にフルーツなどをブレンドしていることもあります。また、スムージーは食物繊維が豊富に含まれていることから、ダイエット効果が期待できたり、便秘解消が期待できたりします。

ダイエット効果

スムージーにはダイエット効果が期待できると言われています。食物繊維がたっぷりと含まれているので、急激にインスリンが出るのを抑えることも期待できます。その為、満腹状態をキープすることもできます。このような理由から、ダイエット効果が期待できると考えられます。また、加熱していませんので酵素もたっぷり摂ることができます。その為、代謝が上がりダイエットが期待できるようになります。それに、ミネラルも多いので、むくみ解消にも役立ちます。

アンチエイジング効果

スキンケア化粧品でお手入れしているだけでなく、内側から綺麗を目指すことも必要です。スムージーには、たくさん抗酸化物質が入っているので、アンチエイジングも目指すことが可能になります。

便秘解消

食物繊維が豊富に含まれているスムージー。便秘改善にも効果が期待できます。便秘の原因は色々あるのですが、腸内環境が良くない状態の時も便秘になりやすくなります。具体的には、悪玉菌が多く善玉菌が少ない状態です。食物繊維は、善玉菌のエサになってくれますので、善玉菌を増やす効果も期待することができます。悪玉菌を抑えて善玉菌が増えれば、便もスムーズに出やすくなります。ただし、食物繊維には2種類あり、両方を摂ることが必要になります。目安としては、不溶性2、水溶性1です。スムージーだけではこのバランスをとることが難しいかもしれませんので、様子を見ながら両方をバランスよく摂るようにしてみましょう。

生活習慣病予防

スムージーには様々な魅力があると期待されていますが、気になる生活習慣病の予防が期待できるのもその一つです。私たち日本人成人は、一日に350グラムの野菜を必要としています。しかしながら、この量は気合を入れなければなかなか食べられない量かもしれません。その点、スムージーであればたくさんの野菜を摂ることができます。結果、糖尿病など生活習慣病を避けることも期待することができます。もちろん、運動も必要になるのですが、食生活も大事。野菜不足を手軽に解消できる良い方法がスムージーなのです。

肌荒れ予防

肌荒れを引き起こす原因は色々あるのですが、偏った食生活にある場合も少なくありません。ビタミン不足も原因の一つです。また、食物繊維が不足することで腸内環境が悪くなり、それが原因で肌荒れを起こす場合もあります。スムージーは、ビタミンも食物繊維も豊富に含まれています。しかも、熱を加えないので大切な栄養素を無駄なく摂ることができます。特に葉にはミネラルやビタミンAが多く含まれており、シミができるのを防ぐ効果も期待することができます。

スムージーの効果を高めるコツ

スムージーのレシピはたくさんあります。中には、甘みを加えるようなものもあるのですが、栄養素をより効率的に摂りたい方は、ちょっと工夫してみてください。同じ食材を使う場合であっても、少し方法が変わるだけで効果も変わってきます。また、同じ野菜ばかり使ってスムージーを作るよりも、様々な野菜を使って作った方が良い理由もあります。同じ食材を使った場合、同じ「アルカロイド」を摂取してしまうことになるのですが、できればこれを避けた方が良いとのこと。日によって用いる野菜を変えた方が、こういったことを避けることができます。

食材は皮ごと使う

食材は、丁寧に洗ってできるだけ皮ごと使うようにした方が、より栄養素を摂ることができます。しかしながら、農薬などが気になる場合もあるかと思います。ですから、スムージー用に野菜を選ぶ時は、こういった心配がないものを選んだ方がより安心できます。

生の野菜と果物をメインにする

生の野菜と果物には、たっぷりの栄養素が含まれています。ところが、加熱することで壊れてしまう栄養素も少なくありません。このようなことを避ける為にも、スムージーに用いる食材は、生のものを選ぶことが大切です。

スムージーを飲む前後40分は食事を控える

スムージーを飲むほかに食事を摂る場合は、飲む前後40分は食べないようにした方が、より効果を期待することができます。無理なく続けられるタイミングを、探してみると良いでしょう。

スムージーを飲むときに注意したいこと

メリットがたくさんあるスムージーですが、飲むときに注意したいことがいくつかあります。葉野菜を使うことも多いと思いますが、これらは体を冷やしやすいといったデメリットもあります。一度に飲むのではなく、分けて飲むのがオススメ。一度の作り置きするのではなく、飲む直前に作るようにするのも大切です。こうすることで、スムージーの酸化を避けることができます。

一気に飲むと身体が冷える

体をできるだけ冷やさないようにすること。これは、健康面から見ても美容目から見ても、大切にしたいポイントでもあります。スムージーは、キンキンに冷やして飲みたいところですが、これは良い方法ではありません。オススメは、常温で飲む方法。また、葉野菜は特に体を冷やしてしまう傾向がありますので、そのあたりも注意しなければなりません。スムージーを一度に飲んでしまうと、体が冷えやすくなりますので一気に飲むのではなく、若手飲んだ方が安心です。

とはいえ、スムージーやお手製野菜ジュースなどは、作ってから20分以上経つと、酸化が始まってしまいますので、作り置きはあまり良いとは言えません。飲む直前に飲む量を作る。これがオススメの方法です。

飲みすぎると肌に悪い

何にでも言えることですが、良い物であっても摂り過ぎはNGです。スムージーにも同じことが言えます。飲み過ぎてしまうと、下痢しやすくなったり肌への悪影響も心配になったりします。また、やはり飽きやすくなります。

牛乳やヨーグルトは一緒に入れない

飲みやすくする方法は色々あるのですが、より効果的に摂りたいのであれば水を使って作った方が良いかもしれません。牛乳やヨーグルトなどを使ってしまうと、栄養素が吸収されにくくなるからです。

まとめ

スムージーで健康と美容を期待したい場合は、作る際にいくつかのコツがあります。色々なレシピがあるのですが、できれば牛乳やヨーグルトなどは避けて水を使う方がオススメ。また、飲むタイミングや飲む量などにも注意する必要があります。スムージーの良いところは、加熱すると壊れやすくなる栄養素も無駄なく摂ることができること。簡単にできることなどが挙げられます。肌荒れや便秘などの改善も期待することができますので、試してみてはいかがでしょうか。

ただし、飲みすぎには注意が必要です。また、冷やして飲むのではなく、常温で飲む方がメリットも増えます。可能であれば、一度に飲むのではなく、分けて飲むようにしましょう。