チアシードの優れた栄養価を調査!チアシードはこんな人におすすめ!

スーパーフードとして注目されているチアシード。見た目はあまりよくないかもしれませんが、その小さな粒の一つ一つに、様々な魅力が含まれています。健康や美容にもオススメの食材で食べ方も簡単ですので、多くの方にオススメです。ただし、チアシードを食べるときは注意したいこともあります。一つは、水分を十分含ませてから食べるということです。チアシードは、水を含むと大きく膨れます。ブラックチアシードの場合は、およそ10倍。ホワイトチアシートであれば、20倍近く膨らむようなものもあります。ですから、乾燥したまま食べてしまうと、おなかの中の水分を含み、便秘になってしまうこともあります。

チアシードの栄養分と効果

嬉しい栄養素が豊富に含まれているチアシード。食物繊維がたっぷりとふくまれており、およそ4割が食物繊維であると言われています。他にも、様々な栄養素が含まれています。

食物繊維

チアシードの魅力の一つに、食物繊維が豊富に含まれていることが挙げられます。しかも、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の両方が含まれていますので、便秘改善にもとても効果があると期待できます。水分によって、便のかさを増すこともできますし、するりと便を排出しやすくできるといった良さもあります。食物繊維不足の方は少なくありませんので、チアシードで便秘改善を試してみるのも良いでしょう。

亜鉛

チアシードは亜鉛が多いことも特徴です。亜鉛は必須ミネラルの一つ。不足してしまうと、味が分からなくなるといった味覚障害起こったり、メンタルに影響してきたりすることもあります。さらに、免疫機能が下がることもありますので、不足しないように摂る必要があります。チアシードには胡麻に近いほどの亜鉛が含まれています。

リノレン酸

チアシードには、オメガ3脂肪酸がたっぷりと含まれており、その中にはαリノレン酸も含まれています。αリノレン酸は、多不飽和脂肪酸です。一日に必要な量は、2グラムとなっています。ただし、αリノレン酸は熱の弱い特徴がありますので、そこは注意が必要です。

EPA

チアシードの魅力でもあるαリノレン酸は、体の中に入るとEPAなどに変化します。血液サラサラ効果なども期待することが可能。中性脂肪を下げる効果も期待することができます。血小板の凝集を抑える働きもあるので、血栓や動脈硬化を予防することも期待することができます。

DHA

αリノレン酸は、体の中に入るとEPAに変化するほか、DHAにも変化します。EPAと同様に中性脂肪を下げる効果が期待できるほか、記憶力を上げるといった効果も期待することができます。

セレニウム

セレニウムは、抗酸化作用に優れているのが特徴です。チアシードには、このセレニウムも含まれています。過酸化脂質を分解するサポート。ただし、過剰摂取には注意しなければなりません。

ポリフェノール

ポリフェノールにも、抗酸化作用があると言われています。アンチエイジングにも効果が期待できます。

チアシードがおすすめな人

チアシードは豊富な詠唱を含んでいますので、多くの方にオススメです。しかも、食べ方も簡単ですし、色々な料理に使えるのも良いところです。中でも特にオススメしたい方がいます。便秘でお悩みの方にも是非試してみてほしい食材です。

便秘で悩んでいる

便秘改善に良いと言われる方法が色々ありますが、食物繊維不足を改善することも一つの方法です。チアシードには、食物繊維が豊富に含まれています。しかも、「水溶性食物繊維」、「不溶性食物繊維」の両方が含まれているので、便秘改善にぴったりなのです。便をスムーズに排出するために必要な食物繊維と、便の量を増やしてくれるのに役立つ食物繊維の両方が含まれているので、効率よく便秘改善を行うことができるのです。

ただし、いくら食物繊維がたっぷり含まれているといっても、乾燥している状態で食べるのは逆効果。チアシードは水分を含み大きく膨らむ特徴があるので、水分がない状態で摂ると、おなかの中で水分を吸収して膨らみ、便が出にくくなってしまいます。こういったことを避ける為にも、水分でしっかりと膨らませてから摂ることが大切です。

なかなか痩せない

一生懸命ダイエットを頑張っているけれど、なかなか効果が感じられないと言う方もいるのではないでしょうか。チアシードを食べると、腹持ちが良いといったメリットもあります。また、およそ4割が食物繊維であるため、糖質の吸収を穏やかにしてくれる働きもあります。また、便秘解消も期待できますので、そういった意味でもスタイルを綺麗にしたい方にオススメだと言えます。チアシードをダイエット目的で食べるときは、食前か食事中に摂るようにするのがオススメです。

ただし、チアシードはノンカロリーではありません。食べ過ぎは太ってしまう原因にもなりますので、注意が必要です。一日の摂取量の目安は、大匙一杯程度。およそ15グラムです。

肌荒れが気になる

睡眠不足や栄養の偏った食事、脂っこいものの取り過ぎなど、肌荒れの原因は色々あります。こういったことに注意してもなかなか肌荒れが改善されないようなときは、チアシードを試してみるのも良いでしょう。チアシードは、食物繊維が多く便秘改善も期待できますので、肌荒れの改善も期待することができます。また、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれていますので、肌の機能を良い状態にしてくれる効果も期待できます。

気分が上がってこない

チアシードの魅力は、体に良い影響があることだけではありません。メンタルの方にも嬉しい効果があると言われています。オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸のバランスが崩れた時に、精神的にしんどくなることもあるようですが、実は現在人はオメガ6脂肪酸を過剰に摂りやすい傾向があります。ですから、オメガ3脂肪酸を積極的に摂ることも必要と言えます。チアシードにはこのオメガ3脂肪酸がたっぷり含まれていますので、手軽にメンタルの健康につながる食生活を続けることができます。

また、カルシウム不足がイライラの原因である場合もあるのですが、チアシードにはカルシウムも豊富に含まれていますので、心の安定にもオススメの食材と言えそうです。もちろん、カルシウムには他にもいろいろなメリットがありますので、不足しないように食べたいところ。手軽に摂れるチアシードは多くの方にオススメです。

身体が冷える

体の冷えは、万病のもとと言われることもあります。改善するためには、適度な運動を取り入れたり、温かいものを積極的に摂ったりすることも必要です。また、体を温めてくれたり、血流を良くしてくれたりする食材を食べるのも必要です。チアシードを体の冷えの改善にオススメしたい理由は、αリノレン酸による血液サラサラ効果があることです。αリノレン酸は、体内でEPAに変化するのですが、これにより血液サラサラ効果、つまり血流を良くする働きも期待できます。血流が良くなれば、血液と共に熱を運ぶのもスムーズになります。

まとめ

チアシードには様々な魅力があります。便秘を改善したり、メンタルを健康にしたりできるのもメリット。他にも、冷えの改善やダイエット、肌荒れの改善、アンチエイジングなどにも効果が期待できます。なかなか痩せないと感じる方は、食前や食事中に適量を食べるようにしてみるのもオススメです。チアシードには様々な嬉しい栄養素が含まれています。食物繊維をはじめ、亜鉛やカルシウム、オメガ3脂肪酸、亜鉛、セレニウム、ポリフェノールなど様々入っています。

食べるときは乾燥している状態ではなく、水分で膨らませてから食べるようにしましょう。また、チアシードはノンカロリーではありませんので、食べすぎにも注意が必要です。一日の摂取量の目安としては、大匙一杯程度。およそ15グラムです。適切な量を摂取して、ダイエットや健康改善に役立てていきましょう。