男性 嫉妬

彼女に嫉妬するのはどんなとき?彼氏が嫉妬する状況と5のサイン

どのような人間も時には嫉妬してしまうものです。これは付き合っている彼氏も変わりありません。しかし、男性がどのようなタイミングで嫉妬をするのか分からないものです。こちらには彼氏が嫉妬するタイミングについて解説いたします。これによって男性の心理がより理解出来るでしょう。

彼氏が嫉妬する状況って?

男性 嫉妬

彼女に仲のいい男性がいる

男性はさまざまなシチュエーションで嫉妬をするものです。中でも特に嫉妬してしまうのは、ほかに仲の良い男性がいる場合でしょう。彼氏以外に仲の良い男性がいると、彼氏は「いつか自分以外の男に取られてしまうのではないか」と考えてしまうのです。もちろん、浮気などのつもりは無かったとしても、男性としては不安になってしまいます。そのため、彼氏以外に中の良い男友達がいる場合は、どのような関係なのか必ず説明するようにしましょう。ここでしっかり伝えなければケンカになることもあるので注意してください。

元カレの存在を感じたとき

これは男女に限ったことではありませんが、かつての恋人はどうしても気になってしまうものです。そのため、元カレからもらったプレゼントや元カレとの写真は処分しましょう。すでに忘れている元カレだったとしても、現在の彼氏はその存在が気になってしまうものなのです。元カノの存在を感じたことで嫌な気分になったことのある女性もいることでしょう。これは男性にとっても同じことなのです。そのため、お互いのために元恋人を思い出させるようなものは処分しましょう。

彼女が芸能人やアイドルのファン


誰もが応援している芸能人やアイドルがいるものですが、そういった芸能人に対しても嫉妬をすることがあるのです。お気に入りの芸能人の出演するテレビ番組のチェック程度でしたら問題ありませんが、部屋中にポスターを貼ったり、全国ツアーを追いかけたりするほど熱心なファンもいることでしょう。しかし、そこまで熱心なファンになってしまうと彼氏は嫉妬してしまいます。もちろん、そこでファンを止める必要はありませんが、あまりに熱中し過ぎることは危険でしょう。

彼女がほかの男性と遊びに行った

男性が最も気にしているのは彼女の浮気でしょう。これはどのような男性も気にしてしまうものです。そのため、自分の彼女が別の男性と遊びに行ってしまうと激しく嫉妬してしまいます。もし、どうしても男性と遊びに行くことになったら、今どこにいるかなどマメに連絡をしましょう。そして、男性と2人きりで遊びに行くことは避けてください。よほど信頼出来る相手であれば別ですが、多くの場合は彼氏を悲しませてしまうので止めるべきでしょう。

ほかの男性と一緒の写真をSNSなどに投稿された

現在は誰もがツイッターやインスタグラムなど、SNSを楽しんでいるものです。そこには写真をアップするものですが、ほかの男性との写真をアップすることは禁物です。これを彼氏が見てしまうと嫉妬することでしょう。もちろん、大勢で写っているのであればそれほど問題ありませんが、ツーショットの場合は危険です。そして、中にはSNSに鍵をかけておく方もいますが、何かのはずみで彼氏に知られることもあります。そのため、男性とのツーショットはSNSにアップしない方が良いでしょう。

彼女が飲み会に行く

飲み会に行きたくない!飲み会を断る5つの方法
友だちや会社で飲み会が行われることがありますが、男性によってはそれにも嫉妬するタイプも少なくありません。酒の勢いで過ちを犯してしまうケースもあるので、それを警戒してしまうのです。会社の飲み会であればそれほど心配ありませんが、男性も参加する友だち同士の飲み会は注意しましょう。彼氏からの嫉妬を避けたいのであれば、どのようなメンバーでどこに飲みに行くのかなども伝えてください。女性同士の飲み会であれば問題無いでしょう。

彼氏が嫉妬したときに見せるサイン

不機嫌になる

彼氏によってはちょっとしたことで嫉妬することがありますが、そのときにどういったサインを見せるのでしょうか。最も多いサインは不機嫌になることでしょう。口数が少なくなり、明らかにイライラしている様子を見せます。このような状態が続いてしまうとお互いのストレスになってしまうので、まずは彼氏に機嫌を直してもらいましょう。彼氏が一方的に不機嫌になっているようでしたら、事情を説明することで機嫌を直してもらえるでしょう。

自分の優れている点をアピールする

自分よりも魅力の低い男性に彼女を取られることは大変屈辱です。そのため、彼女が別の男性と仲良くしていると、自分の優れたポイントをアピールするようになるでしょう。これによって、自分がいかに優れた男性であるかを伝えているのです。そのため、彼氏が嫉妬しているようでしたら、彼氏の優れたポイントを褒めるようにしましょう。そういったポイントを素直に認めることで、彼氏は彼女からの愛情を再確認出来るのです。

無口になる

カップル ソファ
嫉妬することで機嫌が悪くなり、中には無口になる男性も少なくありません。無口になってしまうと相手の気持ちが分からなくなってしまい、余計に険悪なムードになってしまうのです。そのため、彼氏が嫉妬で無口になってしまったら謝るようにしましょう。これによって彼氏の機嫌も良くなり、再び話してくれるようになります。そして、話してくれるようになったら、彼氏の話しを聞くようにしてください。これによって彼氏との関係も良好になるでしょう。

言葉にして怒る

男性によっては嫉妬している気持ちを言葉にして怒るタイプもいることでしょう。こうなってしまうとケンカに発展することもありますので、早急に対応する必要があります。嫉妬している原因について謝りましょう。これによって彼氏も理解してくれるはずです。そして、「二度とこういったことをしない」と約束しましょう。これによって彼氏も機嫌を直してくれます。普段は優しい彼氏だったとしても、嫉妬がきっかけとなって言葉にして怒ることもあるのです。

束縛が強くなる

思わず嫉妬してしまうようなことが続くと、彼氏は不安になってしまうものです。そのため、これがきっかけとなって束縛が強くなることもあります。もちろん、束縛が嬉しいタイプの女性であれば問題ありませんが、多くの女性は束縛されると嫌になってしまうでしょう。そのため、束縛が苦手なタイプの女性は、彼氏に嫉妬されないようにしてください。また、すでに束縛が強くなってしまったら、彼氏にしっかりと謝るようにしましょう。

彼氏が嫉妬したときは?

「愛されているから」と前向きに受け止める


彼氏が嫉妬してしまったらどのように対応したら良いのでしょうか。嫉妬はネガティブなイメージがありますが、それだけではありません。本当に好きな彼女相手でなければ嫉妬はしませんので、嫉妬は愛されているサインと言っても良いでしょう。そのため、彼氏からの愛情を確認するため、わざと彼氏に嫉妬させるようなことをする女性も少なくありません。しかし、それが度を過ぎてしまうと彼氏から嫌われてしまうので注意しましょう。

「あなたのほうが素敵だよ」と伝える

彼氏は「ほかの男に彼女を取られてしまうのでは?」という気持ちで嫉妬してしまいます。そのため、彼氏のことが好きだということを伝えてください。そこではしっかりと言葉にして「あなたのほうが素敵だよ」と伝えることがポイントです。態度だけでは伝わらないこともあります。また、あまりに嫉妬が強い場合はしっかりと謝ることも大切です。

まとめ

男性によっては彼女のちょっとした行動で嫉妬することがあるのです。嫉妬とは不安が原因となって起こるものなので、必ず「あなたのほうが素敵だ」ということを伝えましょう。これによって彼氏も安心するので、機嫌を直してくれます。そして、男性が嫉妬をするタイミングはそれぞれですので、自分の彼氏が嫉妬するタイミングを知っておきましょう。これによって彼氏の嫉妬を防ぐことが出来ます。