酵素水の選び方は?飲むときには水も大事なんです!

酵素という言葉を耳にしたことがあるでしょうか?酵素とは、色々なものに含まれている成分なのですが、熱に弱いと言った性質があるのが特徴です。その為、野菜などから酵素を摂りたい場合は、生の状態で食べるのがオススメ。加熱する場合は、長く火を通さないように注意しながら調理することが大切です。また、酵素は野菜だけでなく、魚や卵などにも含まれています。酵素を無駄なく摂りたい場合は、やはり過熱を極力控えて食べるのがオススメです。

酵素水って何?ダイエットに効果的?

酵素水は、他に酵素ドリンクなどとよばれることもあります。酵素をたっぷりと含んでいることが特徴で、これを続けて健康づくりに生かしたり、美容やダイエットのために続けていたりする方もいます。中には、酵素水を自分で作る方もいるようですが、その場合は傷まないように注意しながら作ることも大切です。市販のものでも良いものがたくさんありますので、そちらを試してみるのも良いでしょう。

文字通り酵素を含んだ水

酵素水とは、その名前の通り酵素が含まれている水のことを言います。酵素として販売されているものも多数出ていますが、多くの場合原液を水で薄めて飲んだりそのままストレートで飲んだりして、酵素を摂るようになっています。

果物や野菜が原料

酵素水の原料は、果物や野菜です。中には何百種類といった数多くの果物や野菜を使って作られているものもあります。それぞれ味や風味にも違いがありますので、飲みやすいと思うものとそう思えないものがあるかもしれません。酵素水の中には、野菜や果物以外にも、薬草などを使って作られているようなものもあります。

酵素の力で代謝や消化を促進させダイエット効果も期待できる

酵素を積極的に摂るメリットは、代謝をアップさせることができたり、ダイエット効果が期待できたりすることです。体の内側から、健康や美容を目指すことができるのも魅力で、日ごろの食生活に取り入れている方もたくさんいます。

酵素水に含まれる酵素の種類

酵素水の中には、色々な酵素が含まれています。酵素には色々な種類があり、体内にあるものもありますし、外から摂り入れることができるようなものもあります。

消化酵素

酵素にはいくつかの種類があります。「消化酵素」とは、口から入った食物を消化する際に必要になる酵素です。つまり、たくさん食べ過ぎた時は消化酵素もたくさん必要になります。ですから、食べ過ぎないようにして、消化酵素をたくさん使い過ぎないようにすることも必要かもしれません。食べたものを更に細かくして、吸収がスムーズに行われるように働いてくれるのが消化酵素です。唾液や胃液など、すでに私たちの体の中にも消化酵素があるのですが、外から摂り入れることも可能です。加熱していないダイコンなどにも、消化酵素が含まれています。

食物酵素

「食物酵素」とは、食べ物から摂ることができる酵素のことを言います。この中には、野菜や果物なども含まれているのですが、他にも発酵食品なども含まれます。食べ物の消化をスムーズにする働きも期待できますし、食べ物の栄養を更に上げることができるといった良さもあります。

代謝酵素

「代謝酵素」とは、取り入れた栄養素をエネルギーに変える際に使われる酵素です。すでに私たちの体の中にある酵素なのですが、他の酵素と異なり外から摂り入れることができないのがデメリットです。

酵素水ダイエットの基本

注意したいのは、痩せたいと思った時に酵素水を飲めばそれが可能になるというわけではないということです。つまり、酵素水を飲んだだけでは体重の変化が期待できないということ。他に、食事の量を抑えたり、運動を取り入れたりしながら、続けることでダイエットが期待できるようになります。

酵素水は、ファスティングの際に利用されることもよくあります。ファスティングによるメリットはたくさんある為、自分でルールを作り行っている方もいるようです。また、ダイエット目的で酵素水を続けている方もいますが、その場合、酵素水の取り方にもいくつかの方法があります。食事制限をしながら酵素水を続ける方法もありますし、日に1回食事を酵素水に置き換えて行う方法もあります。他にも、食前に酵素水を飲むようにしたり、眠る前に酵素水を飲んだりする人もいます。

基本は「置き換えダイエット」

酵素水をダイエットに活かしたいと考えている方は、置き換えダイエットなどもオススメです。この方法は、3回の食事のうち、いずれかを酵素水に置き換えるといったものです。どの食事を酵素水に置き換えても良いのですが、無理なく続けられる食事を置き換えるのが一番良い方法と言えるかもしれません。色々試してみて、無理なく続けられそうな方法を見つけてみると良いでしょう。忙しい朝に酵素水を飲むようにすれば、食事の準備も不要になって楽かもしれません。

食前に飲んで消化酵素の働きをUP

特別な食事制限はしないで、食前に酵素水を飲むといった方法もあります。こうすることで、消化酵素の働きをUPさせることも可能です。便秘改善や美肌作りなどの効果も期待することができますので、試してみるのも良いでしょう。ただし、酵素水はノンカロリーではありませんので、食事内容も含め、あまりカロリーが増えないように注意することも必要です。

寝る前に飲んで代謝酵素の働きをUP

寝る前に酵素水を飲む方法もあります。この方法のメリットは、代謝酵素の働きをUPさせる効果が期待できるところです。

失敗しない酵素水の選び方

余計な添加物が入っていない

酵素水は色々なものがあります。お手頃価格のものもありますし、高級感があるものもあります。どれが良いかは人それぞれの価値観によるところなのですが、添加物が入っていないかどうかチェックすることが大切です。なぜなら、添加物の中には、体内酵素の働きを下げてしまうものもあるからです。これでは本末転倒です。

植物エキス発酵飲料と記載されている

ラベルなどをチェックして、植物エキス発酵飲料と書かれていることを確認してから購入することをオススメします。中には、酵素ドリンクと書かれていても、あまり質が良いとは言えないようなものもあるからです。

原料や成分が明記されている

何でもそうですが、用いられている原料や成分が詳しく明記されているものの方が安心できます。野菜や果物が使われているのであれば、その名前がきちんと書かれているものの方がオススメ。また、使用されている材料の種類は、少ないよりも多い方が良いと言えそうです。できるだけ、たくさんの材料で作られているものを選びましょう。

加熱処理をしていない

酵素は、熱に弱いといった特徴があります。ですから、加熱してしまうとせっかくの成分が壊れてしまいます。ですから、加熱処理がされていないものを選ぶことも大切です。

おすすめの酵素水商品

酵素水がたくさん販売されていますが、その中でも特にオススメしたいものを紹介します。

純酵素水 酵素の夢

純酵素水 酵素の夢 不純物を含まない 無色透明 無味無臭 飲料 720ml
こちらの酵素水のメリットは、なんといってもカロリーがゼロであるところです。ですから、安心して飲むことができますし、続けることもできます。また、ファスティングする方にもオススメの酵素水で、上手にデトックスをすることが期待できます。透明で、無味無臭であるところも特徴の一つ。気になる味も風味もカロリーもありませんので、多くの方が無理なく続けやすいのではないでしょうか。不純物を含んでいないところも魅力です。特にオススメしたい方は、健康や美容に関心がある方をはじめ、肌トラブルが気になっている方や、ニオイが気になっている方などです。内容量は、720mlとなっています。

テネモス 万能酵素水アグア

テネモス 万能酵素水アグア Ag・uA 500ml
こちらは、野菜や果物はもちろん、薬草も含まれている酵素水です。多くの材料が用いられているのですが、その数はなんと300種類を超えています。たっぷりの酵素を摂ることができますので、きっと良い効果が期待できることでしょう。また、テネモス 万能酵素水アグアの最大の魅力は、飲むだけでなく他にもいろいろなことに使えるところです。化粧水としても使うことができますし、髪の毛のお手入れにも使用可能。他にも、洗濯や掃除に使うこともできます。手軽に色々な使い方ができる酵素水。こちらは、500ml入りとなっています。

酵素水 ZEROのちから

酵素水 ZEROのちから(濃縮液) 500ml
ZEROのちからは、色々な使い方ができるのが魅力の酵素水です。薄めて飲料水として飲むこともできますし、他にも肌や髪の毛などのお手入れに使用することも可能。他にも、少数スプレーとして使うこともできます。マグネシウムやカルシウム、カリウムなどのミネラルもたっぷりと含まれています。また、家庭菜園や農業にも使用することができます。こちらは、500ml入りとなっています。

まとめ

酵素水は、色々な種類が販売されています。健康づくりや美容目的として使っている方も多く、中にはダイエットのために続けている方もいます。酵素は、熱に弱い特徴があるので、食べ物から摂る時は過熱しないで食べることが大切です。野菜や果物などのほか、肉や卵などにも酵素は含まれています。消化酵素は、食べもので摂り入れることもできます。ダイコンなどにも消化酵素がたくさん含まれています。市販の酵素水を購入するときは、添加物が含まれていないものを選ぶのがオススメ。また、使われている成分や原料について、詳しく書かれているものがオススメです。