女性

昭和顔が意外とモテる!7つの特徴と昭和風メイク術

最近周りに平成生まれの子が増えてきた、と感じている方もいるかもしれませんが、すでに平成も30年になっており、平成生まれの人が多いのも当然のことですよね。このような状況だけに昭和生まれなのがちょっと恥ずかしい、と感じてしまう女性も中にはいるかもしれませんね。しかし、最近では昭和顔が意外にモテると話題になっています。そこで、ここでは昭和顔の特徴や昭和風のメイク術などについてお話したいと思います。

意外とモテる昭和顔

昭和の時代が終わってしばらく経ちますが、そんな中、昭和顔がモテると言われているのはいったいどういうわけなのでしょうか。ここでは意外とモテる昭和顔の理由についてお話します。

垢ぬけない、または素朴な印象

女性
昭和顔にどのような印象を持つかは人によって異なると思いますが、あか抜けないような印象を持つ方が多い傾向にあるようです。また、素朴な印象を持つ方もいますから、これがモテると言われている一つの理由です。素朴な女性が好きという男性は意外に多く、そうした男性にヒットしているのではないでしょうか。

日本人らしい顔立ちに相手が安心する

昭和顔の女性だと日本人らしい顔立ちですから、相手の方も安心します。最近では日本にも多くの外国人が入ってくるようになりましたし、日本女性も外国人のようなメイクをする方が増えてきたため、何となく落ち着かないと感じている男性は多いようです。昭和顔なら日本女性らしい顔立ちなので安心できるという男性は多いです。これも昭和顔の女性が意外と男性からモテると言われている一つの理由なのかもしれません。

親しみやすい顔立ちで好感を持ってもらえる

親しみやすい顔立ちですから好感をもってもらえるというのも昭和顔の特徴でありモテる理由と言えるでしょう。やはり男性としては親しみやすい女性に好意を抱くことが多いですから、これはメリットではないでしょうか。親しみやすい顔立ちならコミュニケーションもとりやすいですし、異性からアプローチされることも多くなると思います。

昭和顔の特徴

そもそも昭和顔ってどんな顔なの?と思った方もきっとおられるでしょうから、ここでは昭和顔の特徴についてお話したいと思います。

あっさりとしている

女性
あっさりとした顔立ちが昭和顔の特徴です。ほかにどのような表現をすればいいのか分からないのですが、とにかくあっさりとしてくどくない顔立ちということですね。実際に目にすると「ああ」と思えるかもしれませんが、言葉だけではなかなか伝わらないかもしれないですね。

目が小さめ

目が小さいのも昭和顔の特徴ではないでしょうか。だいたい昭和顔と言われている方は目が小さいですし、メイクで大きく見せるようなこともしていません。目そのものが小さいこともあれば、瞳が小さいというケースもあるようですね。

眉が太い

女性
眉が太いという特徴もあります。今は中高生でも眉を整えるのが普通になっていますが、昭和の時代だと眉を整えることすらしなかった方が多かったです。昭和のどの時期かにもよりますが、割と昭和後期でも学生が眉を整えるということはそうありませんでした。そのため、眉が太いというのは昭和顔の特徴の一つとなります。

鼻が低い

最近の若い子はみんな鼻が高く感じる、と思っている女性もおられるでしょうが、逆に昭和顔は鼻が低いという特徴があります。いわゆるぺちゃ鼻の方も多いですし、これも昭和顔の特徴と言えるでしょう。団子鼻や潰れた鼻の方も昭和顔と言われてしまうことがありますね。

鼻筋が通っている

鼻筋が通っている女性は美人ですよね。美人の条件として鼻筋が通っていることが挙げられることも多いですし、鼻筋が通っているとスッキリとした顔立ちになります。実はこれも昭和顔の特徴と言われています。

肌がきめ細か

初心者でもわかるメイクの超基本!揃えたいアイテム&おすすめの本
肌がきめ細かいのも美人の条件に該当するのですが、これも昭和顔の特徴だと言われています。肌がきめ細かくキレイで、透き通るような肌をしている美肌の人を昭和顔と呼ぶようなこともあるみたいですよ。

昭和顔に見せるメイク


意外とモテると言われ注目を集めている昭和顔ですが、ここではそんな昭和顔にしてみたいと思っている方のためにメイクのポイントについてお伝えしたいと思います。顔のつくりは人それぞれですから、どうしてもメイクではできないこともありますがここでは昭和顔に見せるメイク術についてお伝えします。

ベースメイクを丁寧に行う

昭和顔に見せるメイク、第一のポイントはベースメイクを丁寧に行うことです。先ほどお話したように、昭和顔はきめ細かい肌がポイントとなります。そのため、ベースメイクはかなり丁寧にしないと昭和顔に見せることができません。ベースメイクもきちんと肌に合ったものを選ぶ必要がありますし、その上で丁寧にベースメイクを仕上げていきます。ベースメイクのできが悪いとこれ以降のプロセスがうまくいきませんし、昭和顔風のメイクも失敗に終わってしまうかもしれませんから、ベースメイクは念入りに行ってください。

濃いポイントメイクは避けてナチュラルメイクを心がける


濃いポイントメイクにはいろいろなメリットがありますし、最近ではこうした濃いポイントメイクを好む方もたくさんいます。しかし、昭和顔風にしたいのなら濃いポイントメイクはNGとなりますから覚えておきましょう。基本はナチュラルメイクです。より自然に見えるようなナチュラルメイクを心がけることによって昭和風の顔に近づくことができるでしょう。ナチュラルメイクと聞くとほとんどメイクをしない、スッピンに近い状態のことだと勘違いしてしまう方もいるようですが、そういう意味ではありません。

眉はあえて濃く細くする

メイク
眉の形や濃さなどは時代によって大きく変わりますよね。最近だと太眉も流行っていると言われていますが、昭和風の顔にしたいのなら濃く細くするのが基本です。昭和の後期には細くて濃い眉が流行りましたから、できるだけ細く濃い眉に仕上げてください。気合を入れて全剃りしてしまうような方もいるかもしれませんが、そこまで太くないのならわざわざ全剃りすることはないでしょう。しっかりとラインを引いて、濃く細い眉に仕上げてくださいね。

ツヤ感よりマット感で昭和っぽく演出

今のメイクだとツヤ感を重視していると思いますが、昭和顔風のメイクだとマット感を重視します。マット感を重視したほうが昭和風の顔に仕上がりますから、ここではツヤ感よりもマット感を出すようなメイクを心がけましょう。古臭い、と感じてしまう方もいるでしょうが、昭和風メイクですから多少古臭いと感じてしまうのは仕方ありません。しっかりとマット感を出すことができればそれでかなり昭和風の顔に近づけると思いますよ。実際昭和後期にはそのようなメイクをする人が多かったと思います。

まとめ

昭和顔が意外とモテるというだけでも驚きを感じた方はいるでしょうが、実際昭和顔は意外とモテているようですからびっくりしてしまいますね。わざわざネットで調べて昭和顔風のメイクにチャレンジしているような若い女性もいますから、やはり歴史は繰り返すということなのでしょうか。この記事を読んでいる方の中には純粋な平成生まれの方もおられるでしょうが、もし少しでも昭和風のメイクに興味があるのならぜひチャレンジしてくださいね。もしかするとモテるかもしれませんよ。普段のメイクに飽きてしまった、という方にもいいかもしれませんね。