プロポーズの手紙を渡す効果と理想的な手紙の内容とは?

大切な気持ちだからこそ、言葉ではなく文章にして伝えたいと思うことがあなたにはありますか?今は、メールもありますので、多くの方が気持ちを文章で伝えていることと思います。文章で伝えるメリットは少なくありません。後で、嬉しい言葉を何度でも読み返すことができるところも魅力。また、口下手な方でも誤解なく伝えやすいのも良いところです。

プロポーズを手紙で伝える効果について

自筆で味わいがあり大切に保管できる

プロポーズは、必ずしも言葉で伝える必要はありません。中には、口下手の方もいるでしょうし、緊張して上手く伝える自信がない方もいるかもしれません。この場合は、手紙でプロポーズする方法もあります。手紙でプロポーズをするときは、必ず直筆のものを贈るようにしてください。受け取った女性も、大切に保管することができます。

サプライズの演出ができる

手紙でプロポーズする場合も、サプライズの演出をすることができます。例えば、突然プレゼントと一緒に渡してみるのもオススメ。渡す時に、その場で読んでもらうようにしてもらいましょう。また、アイデア次第で色々な演出が可能です。レストランやホテルなど素敵な場所で渡すのも良い方法です。レストランでプロポーズするときは、食事をした後でするのがオススメです。プレゼントと一緒に手紙を渡しましょう。

上手に言葉で言えないことも伝えられる

言葉は、時に説明不足であったり、誤解しやすい言い方をしてしまったりすることもあります。また、極度の緊張のために、上手く言えないといったこともよくあります。手紙でプロポーズするメリットは、こういったことを避けることができることです。予めよく考えて文章を書くことができますので、誤解なく気持ちをきちんと伝えることができます。また、恥ずかしく言いにくいことも、文章であれば伝えられるものもあるもの。このように、手紙のプロポーズには、手紙だからこその良いことがいっぱいあります。

理想の手紙の内容とは?

プロポーズの手紙の基本はラブレター

プロポーズという言葉を聞いただけで、緊張してしまう男性もいるかもしれません。手紙でプロポーズするとなれば、なおさら緊張してしまうのではないでしょうか。しかし、基本ラブレターと同じだと思って大丈夫です。愛の言葉や彼女への本当に気持ちを書いて、結婚してほしいとストレートに書けば良いのです。言葉のプロポーズはそこで消えてしまいますが、手紙の場合はいつまでも残ります。これを踏まえたうえで、後悔のない文章を書くようにしてみてください。

シンプルで伝わりやすい手紙

自分をよく見せたいと、一生懸命頑張って美しい言葉を並べようとする方もいますが、こういったことは不要です。不要というよりも不向きです。プロポーズの手紙をもらった女性が、どこに一番感動するかと言うと、美しく飾りたてた言葉ではなく、まっすぐな愛情表現です。この文章から、多くのことを読み解きます。手紙は、是非シンプルで伝わりやすいものにしましょう。長く書く必要はありません。彼女に対する、あなたの結婚についての気持ちを余すことなく書くことができれば完璧です。

思い出やエピソードを盛り込んだ手紙

感動したことや、いつまでも記憶に残っている素敵な思い出がある方は、是非手紙の中に盛り込みましょう。そして、こう締めくくってください。「あなたと一緒に、ずっとこんな風に幸せな思い出をたくさん作っていきたい」と。このように書くことで、相手も楽しかったときのことをイメージできますので、成功しやすくなります。楽しかった時のことをイメージすることで、あなたの印象も良いものとなります。

手紙を渡すタイミング

カップルのイベントや誕生日プレゼントに同封する

手紙を渡す一番良いタイミングは、人それぞれです。様子を見ながら良いと思う時に渡してください。どのタイミングが分からない時は、カップルのイベントや、誕生日プレゼントに同封するといった方法もあります。彼女の誕生日にプロポーズする男性も、多い傾向があります。きっと、二人にとって忘れられない特別な誕生日になってくれることでしょう。

デートの帰り際にさりげなく渡す

人それぞれ、プロポーズに一番適しているタイミングが違います。今だ!と思ったら、デートの帰り際にさりげなく渡すのもオススメの方法です。これもまた、ある種のサプライズかもしれません。

日にちを指定して郵送する

特別な日に指定して、手紙を郵送するといった方法もあります。これは、何も遠距離恋愛カップルだけの方法ではありません。近くに住んでいる方でもオススメしたい方法です。彼女の誕生日やクリスマスなどに届くように指定して郵送。その後、日をあまりあけずにデートするのです。しょっちゅう会えるのにわざわざ手間がかかる方法で行うプロポーズだからこそ、特別感があると感じる方もいます。

プロポーズおすすめ文例

プロポーズの手紙は、短い文章でも十分伝わります。むしろ、この方がダイレクトに伝わるといっても良いかもしれません。この人となら結婚しても安心、この人と一緒なら怖いものはない!と女性が思ってくれるような真っすぐで頼もしい言葉を書きましょう。

プロポーズおすすめ文例:その1

「僕(私)と結婚してください」。シンプルですが、インパクトのある良い文章です。受け取った方も、絶対に誤解しようがない確かな気持ちが伝わる文章です。

プロポーズおすすめ文例:その2

「あなたと一緒に生きていきたい。結婚してほしい」。強い気持ちが伝わる、男らしい文章です。頼もしい雰囲気が感じられます。

プロポーズおすすめ文例:その3

「一緒に楽しい家庭をつくろう」。未来が明るくて、優しく感じられる良い文章です。上から目線ではなく、協力姿勢が感じられて女性は安心できます。

手紙と一緒に渡すと効果的なプレゼント

プロポーズの指輪に手紙を添える

やはり、プレゼントするなら指輪が一番良いでしょう。サイズや好みのデザインが分からない方は、プロポーズリングを渡すのもオススメです。プロポーズリングであれば、フリーサイズもありますし、後で彼女と一緒に好きな指輪を買いに行くこともできます。

プロポーズの花束にメッセージカードを添える

花束に、心のこもった手紙を添えて渡すのもオススメです。花は、女性が好きな花を選んでも良いですし、バラの花を選ぶのもオススメです。また、自分で直接持って行くのも良いですが、あえてお花屋さんにお願いして自宅まで届けてもらうのも良いでしょう。ただし、やはり特別な意味を持つ花束ですから、質素な花束にならないようにしてください。ある程度ボリュームのある花束を用意して、素敵な手紙を渡しましょう。

手紙に婚姻届を同封する

指輪がプロポーズの象徴であるように、婚姻届けは結婚の象徴のような存在でもあります。手紙に婚姻届けを同封して贈るのも素敵です。本気であることがよく伝わりますので、きっと彼女も喜んでくれることでしょう。

まとめ

男性にとってプロポーズは、とても緊張するものではないでしょうか。言葉で伝える方法も良いですが、手紙でプロポーズする方法もあります。この方法はメリットも多く、言葉のプロポーズよりも、良いと思えることが少なくありません。長く保管できるところも魅力です。手紙は、プレゼントや花束と一緒に渡すのもオススメです。また、婚姻届けと一緒に送る方法もあります。手紙を渡すタイミングですが、これはその人が一番良いと思う時が一番良いタイミングです。記念日も良いですが、デートの帰り際に渡したり、郵送で送ったりすることもできます。