一人暮らしが寂しいと思う瞬間と寂しい時の対処法

一人暮らしへの憧れは誰もが一度は持つものです。しかし、実家暮らしでの楽な生活に慣れてしまっているため、始めてみたものの最初は思うように自分なりの暮らしが確立できません。初めは楽しかった一人暮らしも、だんだん実家が恋しくなるなど、早い段階からホームシックになる人は珍しくないようです。今回は一人暮らしが寂しい時の対処法をご紹介していきたいと思います。

一人暮らしが寂しいと思う瞬間


楽しく過ごせる夢いっぱいの一人暮らしのはずですが、突然寂しくなることや不安にあることが多く、実家での生活が恋しくなってしまう人は少なくありません。少しでも気持ちを紛らわせる方法を知っておきますと、いざという時にも寂しくなりません。一体どんな瞬間に皆は寂しいと感じているのでしょうか。

ただいまと言っても返事が無い時

一人暮らしを実感するのは、当然ですが家の中に誰もいないということです。初めは静かでいいな、と思っていた部屋での一人生活でも、話しかけることも話かけられることもなく、ただいま!と言っても誰も返事をしてくれない現実は、辛いものです。一人暮らしに憧れて始めたにも関わらず、早い段階で挫折する人も沢山います。

一人でご飯を食べる時

一人でご飯を食べる寂しさは、今まで家暮らしで賑やかな食卓だった人には、静かにご飯が食べられることに喜びを感じたでしょう。しかし、話をしながら食べることもできない一人暮らしは、ご飯を食べる時にこそ改めて自分が一人暮らしになったと実感するでしょう。

浴槽のお湯をためても一人しか使わない時


実家ではシャワーではなく、浴槽にお湯をためて毎日入浴していた人でも、一人暮らしになってしまいますと、自分が沸かしたお風呂に自分しか入らないことを改めて実感するでしょう。これをきっかけにしてシャワー派になる場合も多く、一人暮らしの寂しい気持ちは、お風呂の入り方さえも変えてしまうようです。

自炊した料理が美味しくない時

一人暮らしの大変さを実感する自炊は、慣れない作業の連続となります。外食ばかりでは経済的な負担が大きく、摂取カロリーも多くなります。とはいえ、自宅で自炊をして見ますと、想像していたよりも難しく、実家に帰って親が作ったご飯が食べたくなるでしょう。一人暮らしの寂しい気持ちは、残された家族よりも一人暮らしをする側にあるようです。

冬など気温が寒い時

寒い季節は更に人肌恋しい気持ちにさせます。寒い冬など、気温が低い季節になりますと、外が暗くなる時間も早くなります。また、寒いというだけで何となく気持ちも暗くなりやすい冬場は、自分が一人暮らしであることを改めて実感するはずです。

部屋が汚れて来た時

自分では掃除をして片づけをしているつもりでも、気が付くと部屋の中が汚れていることにがっかりするっ場面が増えるかもしれません。掃除さえも親任せだった人が多い一人暮らしでの生活は、ゴミ出しのルールなどもあまり良く分かっていないケースがあります。一人暮らしの寂しさは、家事には様々な仕事があることを、再度実感できる大切な経験でしょう。

遊びに来ていた恋人や友達が帰った瞬間

新しい生活に慣れてきますと、自宅に友人や恋人が来ることもあるはずです。その時間は賑やかで楽しいのですが、みんなが帰った後の虚しさは、その時間が楽しかった時程余計に大きく、部屋に一人取り残されたような孤独感に襲われます。憧れの一人暮らしでも、心の寂しさは、実家の楽さや楽しさを痛感する瞬間でしょう。

家族から連絡が来た時

自分からの連絡よりも家族から連絡が来ることが多いのが一人暮らしですが、電話の向こう側には家族が全員揃っていて、受話器越しには家族の笑い声や話をする声が聞こえるでしょう。自分だけが一人で電話をしているような孤独感は大きく、楽しい電話での会話さえも辛くなるようです。

1日中引きこもっていて誰とも会話をしなかった時

せっかくの休日であっても、部屋から一歩も外に出ないで過すことも多いでしょう。しかし、実家暮らしでそのようなことをしても、家の中で家族と話をするので、それほど孤独を感じたことはないでしょう。しかし、一人暮らしの場合は別で、一歩も外に出位で暮らしていますと、まるで引きこもり生活のように、誰にも合わずに会話もしない生活が日常になってしまうので気を付けましょう。

風邪などで体調を崩している時


風邪をひいて体が言うことをきかない場合、家族のサポートが欲しくて寂しい気持ちになります。体調が悪い時には心も弱っている場合が多いので、更に実家が恋しくなるでしょう。すぐ実家に戻れる距離である場合は良いですが、そうでない場合は、友人に来てもらうなど助けてくれる人を探しておきましょう。

台風や地震などがきて心細い時

自分の体調が悪い時だけではなく、台風や地震など天候が悪い時や災害が連想される時には、自分だけで判断して行動しなければいけません。誰かの相談できるわけではない状況の際でも、慌てずに行動できるようぬ普段から防災グッズを用意しておくなどの準備が大事です。

恋人と別れた時

心が傷ついた時には、そばにいて慰めてくれる家族のありがたみが実感できるでしょう。しかし一人暮らしの時には、ただ一人で泣いて過ごすだけになり、特に恋人と別れた時には、家族に話を聞いて欲しくてもどうにもならないのが現実です。家族との距離を埋めるのは難しいですが、そばにいる友人に助けてもらうなど、同じ境遇の人同士で結束しておきますと、お互いが辛い時でも安心です。

何かの記念日に一人きりだった時


大晦日や誕生日など、節目となる日や記念日に一人で過すことになりますと、改めて自分が一人暮らしであることを痛感するでしょう。特に街が賑やかなクリスマスを一人で過ごすのは辛く、実家暮らしで家族と食事などをしていた日々を懐かしく感じるはずです。

一人暮らしが寂しい時の対処法

一人で暮らす一人暮らしは、寂しいのは当然ですが、時間が経過することで慣れてきます。しかし、それでも人によっては寂しい気持ちが払しょくできない場合や、ある場面になると急に寂しくなるなど、いつまでも辛い思いをするかもしれません。そんな寂しがり屋な人でも、自分なりの対処法がある強みは大きいはずです。一体どんな行動が気持ちを紛らわせてくれるのでしょうか。

お笑いの番組やDVDをつける

楽しい気分を味わいますと、その瞬間だけは寂しさを忘れます。特にお笑い番組は、特別視聴をしていなくても、そのにぎやかな声を着ているだけで気持ちが盛り上がります。寂しい気持ちをかき消すためには、お笑い番組の力を借りましょう。

SNSを頻繁に更新する

寂しい気持ちを払拭する為には、とにかく誰かと繋がっていることが分かるだけでも安心できるでしょう。SNSを開設している場合には、頻繁に更新をしてどんどんコメントや反応をもらうようにすることで、自分が一人ではないことを実感しましょう。

没頭できる趣味を見つける

暇で退屈な時間は、時間を持て余すだけではなく、考えなくてもよいことまで考えてしまうなど、あまりよい状況ではありません。そのような場合には、集中して没頭できる趣味を探すのがおすすめで、趣味ができることで交友関係が広がるなど、思いがけない相乗効果が期待できます。

友達や彼を呼ぶ

部屋に一人でいると寂しさが倍増しますので、友達や恋人に来てもらうのが良いでしょう。話をする相手がいるだけでも幸せで、実家暮らしの時には感じなかった孤独感があるのは、一人暮らしを経験した人にしかわかりません。寂しい時には我慢をせずに、自宅をたまり場にして盛り上がるようにしましょう。

本を読む


部屋に自分一人でいることを忘れるためには、集中してしまうのが良いでしょう。特に読書はおすすめで、その世界に入り込んでしまうのが好都合で、余計なことや自分が寂しいことを考える暇はありません。本を読むことで教養も増やせるので一石二鳥です。

美容のためと割り切って早く寝る

嫌なことや辛い気分を忘れるためには、とにかく早く寝てしまうことです。そうすることで寝不足を解消して体もスッキリしますので、次の日からのパフォーマンスもより良い状態を築けます。美容と健康に良い睡眠は、一人暮らしの寂しさを忘れさせてくれるでしょう。

とりあえず外に出て食事をとる

部屋にいると余計な事を考えてしまう人は、無理に家で過そうとするのではなく、外の空気を吸うだけでも気分を改善できます。孤独で寂しい気持ちを払しょくできるのは、新しい生活に早く慣れるしかありません。例えば、一人で外食をするなど、普段とは違う環境で過すことで、早く家に帰りたくなるかもしれません。

時間のかかる料理をつくる

寂しい気持ちや暇なひと時を上手く過ごすためには、料理がおすすめです。特に完成するまでに時間が掛かるような料理に挑戦しますと、食べる楽しみは勿論ですが、自分にも何かできることがあることで、その後のモチベーションが維持できます。一人では食べきれない時には、友人や恋人を招いてパーティーをするなど、自分なりの楽しみ方を探しましょう。

大掃除をする


掃除は部屋が綺麗になるだけでなく、気分をリセットしてくれます。また、集中して掃除をすることで、体を動かして運動をした後のような爽快感があります。汚れを溜め込んでしまった部屋は、一人暮らしなので誰も掃除してくれません。休日を利用して掃除を念入りにするなどしますと、ホコリによるハウスダストなどのアレルギーの症状も緩和できます。

まとめ

憧れの一人暮らしは、楽しい部分と寂しい部分が混在していて、新しい暮らし方に慣れるまでには時間が掛かるようです。家族のありがたみが実感できる一人暮らしは、工夫次第で寂しい気持ちを忘れられるはずです。