ふしだらな女性の特徴は?言葉の意味と使われやすいタイミング

ふしだらな女性と言われることはそうそうないと思いますが、中には言われた経験があるという方もいるかもしれませんね。何となくネガティブな印象のあるふしだらという言葉ですが、詳しくその意味を理解しているという方は恐らく少ないのではないでしょうか。そこで、ここではふしだらの意味やどんな時に使うのか、どのような女性がふしだらだと言われてしまうのかといった内容をお届けしたいと思います。気になった方はぜひ最後まで目を通してくださいね。

ふしだらという言葉の意味とは?

そもそもふしだらというのはどういう意味なのでしょうか。ふしだらとは「けじめがない、だらしない」といった意味で使われることが多いです。辞書などで調べても恐らくこのような内容になっているのではないでしょうか。

ふしだらの語源は「修多羅」(秩序がない)

ふしだらの語源は「修多羅」で、これはサンスクリット語のsutraを音写したものとなります。秩序がないということを意味する言葉で、それが次第にふしだらという言葉に代わっていったということです。

けじめがない・だらしないなどの意味を持っている

すでにお伝えしたように、ふしだらにはけじめがない、だらしないといった意味があります。ふしだらな奴、と言われたのなら「だらしない奴」と言われたということになりますね。

どんなときにふしだらという言葉を使うの?

ふしだらという言葉はいったいどのようなシーンで使われるのでしょうか。ドラマや映画などのセリフでは耳にしたことがあっても実際に使ったことのある方は少ないと思います。ここではふしだらという言葉を使うシーンについてお話します。

一般的に男女関係の中で使われることが多い

もっともよく使われるのは男女関係に関することではないでしょうか。ふしだらな行為、ふしだらな関係といった具合に使われることが多いですよね。耳にしたことがある方も多いと思います。

男性よりも女性に対して使われることが多い


一般的に男性に使うよりも女性に対して使われることが多い傾向にあります。

どんな女性がふしだらと言われてしまうのか?

では、いったいどのような女性がふしだらと言われてしまうのでしょうか。だらしない、けじめがない女などと言われるのはやはり嫌なものですよね。

常に男性と一緒にいる

常に男性と一緒にいるような女性だとふしだらだと言われてしまうことがあります。男性に頼らないと生きていけないだらしない女、どうしようもない女という意味で使われてしまうのかもしれませんね。ただ、今の時代だと男性といつも一緒にいるだけでふしだらと言われてしまうことはそうそうないと思います。ひと昔前ならともかく、この時代に男性と常に一緒にいるからとふしだらと言われるのは心外ですよね。

金銭感覚がルーズ

女性 浪費 お金

金銭感覚がルーズな女性に対してふしだらと使うこともあります。先ほどもお話したようにふしだらにはだらしないといった意味がありますから、金銭感覚がルーズな女性に対して用いられることがあるのです。お金にふしだら、などと使われることが多いのではないでしょうか。借りたお金を返さない、すぐに人からお金を借りようとする、借金で首が回らない、浪費癖があるといった女性だとふしだらな女性だと言われてしまうかもしれません。あまりイイ印象ではありませんからこのような言われ方はしたくないものですね。

自己中心的な性格


自己中心的な性格だということを自覚している方もいるかもしれませんが、このような方もふしだらな女性と言われてしまう恐れがあります。自己中心的ということは常に自分のことばかり考えていますし、周りに目を向けることがありません。他人のことはまったく考えずに自分のことばかり考えているので「だらしない」「けじめがない」と言われてしまいます。

露出の多い服装を好む

イメージ的にはこれがもっとも多いのではないでしょうか。露出の多い服を好んでよく着ているような女性にふしだらと使うことは多いです。ふしだらな格好、ふしだらな女に見える、といった具合に使われますよね。露出が多いからといって必ずしもふしだらな女性ということはないと思いますが、そのように見えてしまうということでしょう。確かに、適度な露出ならまだしも露出がかなり激しい服装となると男遊びが激しそうに思えてしまいますし、だらしない女性と思われてしまうかもしれません。

性に奔放で不特定多数の異性とのセックスに抵抗がない

先ほどの露出が多い服装を好むと同様、このような女性もふしだらだと言われてしまうことが多いです。性に奔放で不特定多数の男性とセックスすることに抵抗がない女性はふしだらな女性と言われてしまいますよね。貞操観念がない、誰とでも寝るような女性はふしだらだと言われても仕方ないかもしれません。

浮気や不倫に罪悪感を感じない

浮気や不倫は決して褒められたことではありませんし、そのようなことをしていると周りから嫌悪されてしまうこともあります。浮気や不倫をしても罪悪感を感じないような女性もふしだらと言われてしまうことがありますね。男性関係にだらしない、けじめがないということでしょう。

ふしだらな女は損をする

ふしだらと言われたところで別に構わない、どう思われようが関係ないと開き直っている方もいるでしょうが、基本的にふしだらな女性は損をしてしまうことが多いです。損をすると分かっているのにわざわざふしだらな女性でいることはないでしょう。では、どうしてふしだらな女性は損をしてしまうのでしょうか。ここではふしだらな女性が損をしてしまう理由についてお話したいと思います。

恋人が作りにくい

カップル 薔薇

ふしだらな女性は恋人を作りにくいです。ふしだらと言われるような女性と敢えてお付き合いしようとするような奇特な男性は少ないでしょうし、ふしだらな性格の女性も男性からは敬遠されがちです。恋人がなかなかできない、付き合ってもすぐに別れてしまうという女性だと男性からふしだらだと思われているのかもしれません。もちろん、ふしだらな女性でもまったく問題ない、関係ないといってくれる男性も世の中にはいるでしょうが、基本的にそのような男性は少数派だと考えられます。男性はどちらかというと清純な女性を好む傾向にありますから、性に奔放だったり露出の激しい服を好むような女性は敬遠してしまうことが多いのです。

歳を取ったときに周囲の印象が悪い

人間は誰でも平等に年をとります。若いときはふしだらな女性でもよかったかもしれませんが、歳をとると周囲の目も変わってきます。あの人はいつまで経ってもふしだらな女性のままだ、と言われてしまうでしょうし、周りの人に与える印象は最悪でしょう。周囲の人から相手にされなくなる可能性もありますし、寂しい想いをしてしまうかもしれません。

歳をとったら誰でも落ち着いてくるものですし、もともとふしだらだった女性も落ち着いてくることが多いです。しかし、若い頃にふしだらだったという理由だけで周りからは白い目で見られてしまう可能性がありますし、そうした噂が近所に広まってしまうことも考えられるでしょう。これが都会ならまだ人間関係が希薄ですから良いかもしれませんが、田舎だと最悪です。すぐに噂は広がってしまうでしょうし、若い頃の自分を知っている人も周りにたくさんいるため針の筵になってしまいます。

まとめ

ふしだらの意味やふしだらな女性の特徴などについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。ふしだらという言葉そのものがやや古臭い感じに聞こえてしまいますし、滅多に使うようなこともないでしょうが、意味を知っておくのは悪いことではないでしょう。ふしだらな女性と周りから認定されてしまうと損してしまうことが多いですから、この記事を読んでいる方はせめてふしだらな女性と言われないように気を付けてくださいね。ここではふしだらな女性の特徴についてもまとめていますから、そのような女性にはならないよう十分注意してください。