ちやほやされたい人の特徴!満たされたい原因と付き合い方

誰かにちやほやされたいと考えている方がいます。このような方にはどのような特徴があるのでしょうか。そう思ってしまう原因やどう付き合っていくべきなのかそのポイントについてまとめました。あなたの周りにちやほやされたい人がいるならば、きっと参考になるでしょう。

ちやほやされたい人に良くある特徴

こちらではまずちやほやされたいと思っている人の特徴について紹介しましょう。どのような特徴を持っている方がちやほやされたいと思う傾向にあるのかが分かるでしょう。

誰も褒めてくれないと感じる 

まず基本的に周りのみんなは誰も自分のことを褒めてくれないと考えています。だからこそもっとちやほやされたいと考えてしまうのです。常にどこか物足りなさを感じており、周りの人は自分のことを見下していたり、自分の本当の価値について気がついていないと思う傾向があります。だからこそ、もっと自分を持ち上げるべきだと考えており、もっと褒めるべきだと思いこんでいるのです。そのため、どんどん不満を溜めこんでいるのです。

褒められたのに何か物足りない

また、たとえ他人から褒められたとしても、どこかで物足りなさを感じているという部分があります。褒め方も気にしているのです。自分が本当に納得できる褒め方をされなければ不満を感じてしまうタイプといえるでしょう。褒められても多くの方は社交辞令として褒めているだけだと感じてしまうのです。褒めてもらうことに対しての期待がとても高くなっています。そのため、なかなか満足することはなく、常にちやほやされたいと考えているのです。

「自分のことを話したがる」と言われる


ちやほやされたいという方は、自分が注目されるような言動や行動を取ることが多いです。そのため、いつも自分のことばかり話をしていることが多いです。そうすることによって、自分は凄い人間なのだとアピールしようとしているのです。そのため、周りからするといつも自分のことばかり話したがっているように思われているでしょう。そのような評価を受けている方というのは、ちやほやされたがっているのです。

ちやほやされたいと思う原因

それではどうしてちやほやされたいと思ってしまうのでしょうか。それにはさまざまな原因が関わっているとされています。こちらではその原因について注目してみましょう。ちやほやされたいと思う理由が分かるようになるでしょう。

周囲からの愛情を感じずに育ってしまった

育ちが原因となっていることは多いでしょう。昔から周りの人達から愛情を受けずに育ってきた可能性があります。そのため愛情に飢えているのです。そのまま大人になってしまうと、どうしてもちやほやされたいという気持ちが生じてしまうのです。他人から注目されたり、褒められるということへの憧れが強いのです。そのような体験ができなかったことについてコンプレックスを抱いている可能性もあるでしょう。それを解消するためにちやほやされたいと思います。

自己顕示欲が強い

自分がもっと社会の中で認められたいという気持ちが強い方が多いです。これは自己顕示欲が強いといえるでしょう。自分の存在をもっとしっかりと確立したいと考えています。そのためにどんどん周りに自分の凄さをアピールしようとしているのです。自己顕示欲というのは誰にでもある欲求となっています。しかし、ちやほやされたい方は、特に自己顕示欲が強くなっているのが特徴となっているのです。人一倍この気持ちが強く出てしまっています。

いつも退屈で刺激を求めている


常に退屈していて、もっと強い刺激を求めているというケースもあります。刺激が足りないからこそ、自分が褒められたい、ちやほやされたいと考えているのです。他人からちやほやされるというのは、大きな刺激となります。一度そのような体験をしてしまうと、それを何度も求めるようになるでしょう。現状に不満を抱えていたり、退屈な状態が続いていると、もっと構って欲しい、ちやほやして欲しいという気持ちが自然と芽生えてきます。

目立ちたいという気持ちが強い

集団の中でもっと目立ちたいという気持ちの強い方というのはちやほやされたいと考えていることが多いです。目立つことによって、自分という存在が確かに存在するという実感を得たいのでしょう。みんなが自分に注目してくれることに快感を得たり、あるいは安心感を覚えることができるのです。そうすればもっと周りが自分のことを重要視してくれて、ちやほやされると期待しています。

自己否定の気持ちが強く周囲から褒められたい

これまでの人生の中でさまざまな体験を通じて自己否定の気持ちが強くなっていることがあります。さまざまなコンプレックスに苦しんでおり、自分は駄目なやつだと考えてしまっているのです。そのため、もっと褒められたいと考えており、ちやほやされたいと思っています。そうすれば自分にもっと自信を持てるようになると考えています。自信満々に堂々と生きられるようになると思っているのです。これまでにあまり褒められたり成功したことのない人が自己否定する傾向にあるでしょう。

ちやほやされたい人の直し方

あまりにもちやほやされたいという気持ちが強いとさまざまな問題が出てしまうかもしれません。トラブルに発展してしまうこともあるでしょう。付き合いづらいと思われてしまいます。そこでこちらではちやほやされたいという人の直し方について紹介しましょう。どうすればそのような気持ちを改善できるのか、そのための方法を教えます。

結果ではなく行動したことを自ら認める

まず結果ばかり求めてしまう考え方を避けるべきでしょう。結果を重視してしまうと、その結果に対する称賛を求めるようになります。そうなると周りから褒めてもらえなければ不満を抱いてしまうでしょう。そうではなくてしっかりと行動することができたという点を自分で認めるということが大切です。自ら認めるという気持ちを強く持つことによって、他人に依存しないで済みます。周りから評価されることをやめることから始めるべきなのです。

周りからの評価ではなくて自分自身が納得できることを重視しましょう。そうすれば自然とちやほやされたいという気持ちは消失していくでしょう。

ネガティブな言葉を使わない

できるだけネガティブな言葉やマイナスな言葉を使うのはやめるべきでしょう。そのような言葉を使ってしまうと、自分は不満を抱いていると思いやすくなります。自己否定にもつながってしまうでしょう。そうではなくてもっとポジティブで明るくて前向きな言葉を積極的に使うようにするべきです。そうすれば自然と満たされるようになるでしょう。周りからちやほやされたいと思わなくなるのです。自分を否定したり、悲観的にならないように気をつけましょう。

SNSなどの評価を気にしない

ちやほやされたいという気持ちの強い方は自分から積極的に周りの評価をチェックしようとします。たとえばSNSをチェックして、周囲の人が自分に対してどのような評価を下しているのかを知ろうとするのです。このようなことは今すぐやめるべきでしょう。周りからの評価を気にしないようにすることで、ちやほやされたいという気持ちもなくなっていくのです。

SNSでエゴサをするという行為はしっかりと自分というものを持っている方がするべきです。自分に自信をあまり持っていない方がすると逆効果となってしまうでしょう。かえって不安になってしまうものです。周りの評価を気にしなくても生きていくことはできます。大部分の方はそうやって生きているのです。

まとめ

ちやほやされたい人はどこにでもいるものです。満たされたいとずっと考えてしまっています。そのような気持ちは早く改善するべきでしょう。そうしないとその人にとってあまり良くありません。こちらで紹介した方法を用いて、改善していくべきでしょう。ちやほやされたい人の心理を理解して、付き合う際の参考にしてください。