クリスマスぼっちは今や当たり前!?心理と過ごし方を紹介

クリスマスぼっちは嫌だというイメージがあります。しかし、最近はこのような人も少なくなくなっています。こちらではクリスマスぼっちについて注目してみましょう。

クリスマスぼっちは寂しくない?

クリスマスぼっちは最近では寂しくないという方が増えています。それは一体どういうことなのでしょうか。最近のクリスマスぼっち事情について説明しましょう。

抵抗を感じない人が増えている

クリスマスで一人であっても寂しいと感じない人が最近は増えています。これはデータでも確認されていることであり、最近はクリスマスだからといってあまり盛り上がらなくなっているのです。かつてはクリスマスに一人でいるのはとても寂しいものというイメージがあったのですが、そのような考え方は完全に古臭いものとなっているでしょう。特に若者の間でクリスマスの重要度はどんどん小さくなっているのです。

寂しいと思わない人が約7割

とあるアンケートの結果によると、クリスマスに一人だったとしても寂しいと思わないという方は7割いるとされています。ほとんどの方がクリスマスぼっちに特に抵抗を感じていないのです。

クリスマスは普通の日と変わらないという考え

そもそもクリスマスも普通の日も変わらないという考え方をしている方が増えているのです。もともと、クリスマスというのはキリスト教の行事であり、日本人には何の関係もないものです。それなのにずっとクリスマスというものが重要視されていたのですが、最近はクリスマスというのは単に企業がクリスマス商戦で商品を売り出すために盛り上げているのだと考える方も増えています。わざわざみんなで盛り上がる必要性を見いだせないという方が増えているのです。

自分の時間が大事だと思っている

クリスマスにみんなで集まるよりも自分の時間を大切にしたいという方が増えています。他の方のために時間を使うのではなくて、自分の時間の方が大事だと考えている方が多いのです。そのため、クリスマスだからといって無理に他の人と一緒にいようとするのではなくて、一人の時間を大切にしていく傾向が増えているのです。

クリスマスが面倒くさい・飽きた


クリスマスの準備をするのが面倒くさいという人は増えています。また、クリスマスに飽きてしまったという方も多いのです。そのような方にとって、クリスマスに何かをする気にはまったくなれないのです。クリスマスそのものが日本ではマンネリ化しているのです。宗教的な行事として認識されていないため、クリスマスは日本ではただのイベントであり、それに飽きてくる人が出てくるのは仕方のないことでしょう。

クリスマスぼっちが増えた理由とは

どうしてクリスマスぼっちが増えてしまったのでしょうか。こちらではその理由について注目してみましょう。

別に寂しさを感じない

クリスマスに一人だから寂しさを感じるというのはそう思い込んでいるだけです。もともと、クリスマスでも寂しくないという人はたくさんいました。クリスマスに対する世間の決めつけのようなものが多くの独り者を苦しめていたのです。しかし、今ではそのような意味のない決めつけはなくなっています。クリスマスは恋人のためのものだという間違った考え方がなくなっているのです。

気楽である

そもそも最近は一人でいる方が増えています。恋人のいない方はたくさんいて、結婚に興味のない方も多いのです。カップルでクリスマスを過ごしている方がむしろ少数派となっているのです。このような状況では焦る必要はないでしょう。周りも特にクリスマスだからといって特別なことをする人はいないのです。そのため、気楽な気持ちでクリスマスを迎えることができるでしょう。

好きなことができる

クリスマスに一人でいることにはさまざまなメリットがあります。まず自分の好きなことができるでしょう。最近はなかなか休日をとれなくて忙しく働いている方が増えています。このような方にとってクリスマスに一人でいる時間というのはとても貴重なものとなるでしょう。好きなことをするためにクリスマスを利用している方が増えています。

お金もかからない

クリスマスに一人で過ごすのはお金がかかりません。カップルでデートをしようと思うとさまざまな場面でお金がかかってしまいます。オシャレなレストランを用意したり、クリスマスプレゼントを用意したり、あるいはホテルを用意することもあるでしょう。これらにお金がたくさんかかってしまうため、もったいないと考えている方も多いのです。

誰かに気を使わず気楽である


クリスマスに一人でいるのは誰にも気を使う必要はありません。気楽に過ごすことができるのです。一人でいるというのはとても楽なのです。クリスマスに恋人に嫌われてしまうのではないかと気にする必要はありません。何の気兼ねもなく、自分のための時間を過ごせます。

そもそも恋人がいらない

最近はそもそも恋人を必要としない方が増えています。恋人を作るべきというのも、社会から無理やり受け付けられていた価値観の一つでしょう。そのような価値観から自由になっている人がたくさんいるのです。本当に自分のやりたいことに集中できる良い時代になったといえるでしょう。そのため、クリスマスに恋人を過ごすことが大切だと考える人が減っています。

クリスマスぼっちのおすすめの過ごし方

クリスマスにひとりぼっちで過ごす場合、どのような時間の過ごし方を選ぶべきなのでしょうか。こちらでは一人で過ごす際に何をするべきなのかおすすめを教えましょう。

録りためておいた映画を見る

これまで録りためておいた映画やドラマなどがあるならば、クリスマスを利用してそれを見るのも良いでしょう。なかなか録画しておいたものを見る機会はないものです。一日中フリーな時間があれば、たっぷりといろいろな作品を楽しむことができるでしょう。クリスマスぼっちであれば誰かに邪魔されることはないため、思う存分興味のある作品を楽しむことができるでしょう。

休暇を取って旅行へ行く

クリスマスに休暇をとって、一人でどこかへ旅行へ行ってみるのも良いでしょう。誰かと一緒に過ごすのではなくて、一人で旅行へ行くという時間の使い方をする人は増えているのです。旅行を一人でするのは案外寂しくないものです。むしろ一緒にいる人に対して気を使う必要がないため、存分に旅行を楽しむことができるでしょう。

回転寿司や焼き肉に行く

クリスマスの時間を利用して思う存分自分の好きなものをたくさん食べてみるのも良いでしょう。たとえば回転寿司や焼き肉を食べてみましょう。回転寿司や焼き肉を一人で楽しむという方は増えているのです。誰に気にする必要もなく、自分のお金のためだけにどんどんお金を使えるのです。好きなだけ自分の好きなものをどんどん食べることができるのです。

お正月の準備

クリスマスの一週間後にはもうお正月となってしまいます。お正月というのはさまざまな準備をしなければいけないでしょう。そこでクリスマスにお正月の準備をしてしまうのも良いでしょう。大掃除をしてみたり、さまざまな買い出しをしてみましょう。あるいは年賀状を書く時間にするのも良いでしょう。クリスマスを有効活用することによって、安心して年始を迎えることができるのです。

自分へのご褒美を奮発して購入する

自分のためにクリスマスプレゼントとして欲しいと思っていたものを買うのも良いでしょう。普段はなかなかお金を使うことに躊躇してしまう方は多いでしょう。これまで一年間頑張ってきたご褒美として自分自身のために何かプレゼントを奮発して購入してみることをおすすめします。

まとめ

クリスマスぼっちが最近は増えています。それにはさまざまな心理が働いているのです。こちらではぼっちの方でも楽しめるクリスマスの過ごし方を紹介しました。クリスマスぼっちといっても寂しくなる方は少なくなっているのです。クリスマスは、これからは自分のための時間を過ごすという方が増えていくでしょう。クリスマスを一人で楽しみましょう。