忘れられない人がいてツライ!そんな男女に贈る幸せになる方法


好きな人に忘れられない人がいる、またはあなた自身が忘れられない人がいて苦しい思いをしてはいないでしょうか。当記事では恋愛コラムニストのA.Kさんに聞いた話をもとに、忘れられない人がいる男女に向けて、その気持ちに対処する方法などを詳しく解説します。

男性が「忘れられない」のはどんな人でどんな気持ち?

男性の恋愛は、名前を付けて保存とよくいわれています。そのため、ずっと記憶に残り続けている女性がいる男性は非常に多いです。その相手や思いについて、ここではまとめました。

本気で片思いしていた女性

付き合う関係になれたわけではなくても、男性は真剣に好きだった女性のことを忘れない人が多いです。告白してフラれた場合も、告白しないままでいた場合のどちらもあります。付き合っていないからこそ、高嶺の花としてずっと覚えているのです。

初恋の女性

多くの男性にとって特別な存在です。本気で片思いしていた女性と同じで、付き合う関係になれたわけではなくても記憶に残り続けます。青春時代の懐かしい思い出とともに、何度も繰り返し思い出す相手です。

性格・相性が良かった元カノ

自分から相手に別れを告げていても、これまで付き合った中で誰より性格が良かったり、相性が良かったりした相手は忘れません。人によっては、「あのとき別れるんじゃなかった……」と後悔している人もいます。

はじめてキスやエッチをした相手

何人もの女性とキスやエッチをした経験を持つ男性でも、多くの場合ははじめての相手は永遠に特別なものです。人によっては甘酸っぱい思い出や、忘れられない失敗経験として覚えているケースもあります。

女性が「忘れられない」のはどんな人でどんな気持ち?

基本的に女性の恋愛は上書き保存といわれているのは、ご存知の人も多いでしょう。それでも、忘れられない人がいる女性はいます。その相手や思いについて、詳しく見ていきましょう。

初恋の男性

男性と同じく女性にとってもはじめて好きになった人は特別な存在です。片思いや両思い、付き合ったか付き合っていないかは無関係に覚えています。好きだった思い出が美化されて、心の中に残り続けているのです。

はじめてキスやエッチをした相手

これも男性と同様で、女性にも初キスや初エッチの相手となった男性を忘れられない人は多いです。ただ、女性に関しては未練が残っていない場合や、初体験の思い出の内容によっては黒歴史として覚えている場合もあります。

最低の別れ方をした元カレ

好きとか甘酸っぱい気持ちで覚えていることは少ないです。そうではなく、何かひどいことをされた相手のほうが、積年の恨みとして記憶に残っている女性が多くいます。女子会の笑い話として、悪口とともに語られることもあります。

好きなのに別れた元カレ

男性が冷めて別れを告げられた、離れ離れになるためにやむを得ず別れたなど、別れの形はさまざま。なんにせよ、失恋した相手のことはなかなか忘れられないものです。しかしながら、女性の場合は次の恋人ができたときにはもう忘れていることが多いです。

「忘れられない」が原因で次の恋愛に踏み出せないのはどんな人?

前の恋愛に縛りつけられてしまって、新しく恋愛をはじめられず苦しむ人には、複雑な事情があるもの。具体的にどういう人がこの状態に陥りやすいのか、以下にまとめました。

傷つきやすい人

失恋によって深く傷ついてしまった人は、次の恋愛をしてもまた同じように傷つくのではないかと恐れてしまいがちです。それでまた同じような思いをするのは耐えられないと思い、次の恋愛に踏み出す勇気が持てません。

好きな人が亡くなってしまった人

感情の行き違いや恋愛感情の喪失で別れたのではなく、病気や事故で好きな人と別れてしまった人です。次に人を好きになることが、相手を失う恐怖などでできません。また、新しく誰かを好きになることが、亡くなった相手を裏切るような気持ちになるためできないというのもあります。

依存タイプの人

付き合っている恋人に依存し、その恋人中心で生活を送っていた人は、新しい恋愛に踏み出せなくなる傾向があります。なぜかというと、依存タイプの人は元恋人に対して依存し続けることが多いためです。

なかなか人を好きになれない人

忘れられない状態を脱出するには、新しい恋愛をするのが一番早いです。しかし、そう簡単には人を好きになれないために、それができなくなってしまっています。さらに、人を好きになりにくい人は忘れるのも苦手な傾向があり、二重に苦労しがちです。

「忘れられない」があっても次の恋愛に進めるのはどんな人?

忘れられない状態で何ヶ月も、何年も失恋や別れのショックを引きずって新しい恋愛に向かえない人もいます。その一方で、次のような形で早く次の恋愛に進める人も多くいるのです。

モテる人

本人は忘れられない状態にあっても、モテる人はまわりが放っておきません。傷心モードにあっても、すぐに次の誰かがアプローチしてくる場合が多いのです。その中で好きになれる人が見つかれば、新しい恋愛に踏み出すことができます。

自信のある人

忘れられないままでも、自分に自信を持てている人は次の恋愛に向けて積極的に行動することができます。出会いを求めて自分から動いて、次のチャンスをつかむのです。そうして忘れられない状態を半ば無理やりにでも脱出する傾向があります。

異性が周囲に多い人

職場や学校、趣味のサークルなど、異性がまわりに多い環境に身を置いている人は、自然と次の恋愛に発展する可能性が高いです。周囲に異性が多いのは、イコール出会いの数が多い人ともいえるでしょう。

立ち直りの早い人

失恋しても、忘れられない状態にあっても、それをいつまでも引きずらずに気持ちを切り替えられる人は、次の恋愛に進むことができます。早い人ではひと晩寝ただけでもうケロッとしていることもあり、リカバリの遅い人からすると羨ましい性格といえるでしょう。

好きな人に「忘れられない」があったときのアプローチの仕方

忘れられない人がいて次の恋愛に進めずにいる人を攻略するのは、簡単ではないかもしれません。しかし可能性がないわけではないです。以下の方法を試してみると良いでしょう。

相談にのる

心が弱っているときには、誰かに話を聞いてほしいと思う人は多いです。そんな状態にある相手の相談に親身になってのり、身近な存在になりましょう。そうすることで意識されやすく、また口説きやすくもなります

直接好きだと伝える

自分が好意を持っていることを、相手に伝えるのもひとつの手です。好きといわれたのをきっかけに、忘れられない人がいるとしても、意識するようになります。積極的にアプローチすることも、ときには効果的です。

楽しいことに連れ出す

忘れられないで悩んでいる人は、落ち込んでいます。そんなときに明るい笑顔で、いろいろな楽しいことや場所に連れ出してあげることで、良い気分転換になります。元気を与えてくれる相手は、異性としても意識されやすいものです。

長期戦で待つ

たいていの問題は時間が忘れさせてくれるので、相手が忘れられない状態にあれば、忘れるまで近くでずっと待つのも選択肢のひとつです。そして、機会を狙いましょう。ただ、長く待ったものの結局、アプローチが失敗に終わるリスクがある点は、覚悟が必要です。

「忘れられない」から次の幸せにつなげるためのアドバイス

現在、忘れられない状態でツライ思いをしていても、それが永遠に続くわけではありません。早く次の幸せを手にするために実践したいことを、ここでは4つピックアップしました。

積極的に出会いを探す

忘れられないからといって、いつまでもその気持ちにしがみついていては幸せにはなれません。自分から好きになれる人を求めて活動し、新しい恋愛をはじめるのが一番です。あまり気が進まない恋愛でも、付き合いはじめてみれば相手を好きになれることも珍しくありません。

恋愛以外に何か熱中するものを見つける

仕事でも趣味でも何でもかまいません。何かに打ち込むことによって、人生を豊かにしましょう。恋愛だけが人生のすべてではありません。そう思って何かに熱中しているうちに、忘れられない状態を脱出し、次の恋愛が転がり込んでくることはあるものです。

旅に出る

ずっと同じ環境にいるよりは、気分転換でまったく異なる環境に行くのもおすすめです。新しい刺激は元気をくれます。また、意外に思う人もいるかもしれませんが、旅先で新しい出会いに恵まれるケースは多いです。

友達に相談する

話をするだけで気持ちが多少なりとも楽になるものですが、相談した友達が新しい人を紹介してくれる可能性もあります。また、憂さ晴らしに付き合ってくれるかもしれません。

自分が苦しいときは誰かに頼ることも大切です。身のまわりの人間関係のありがたさが身に沁みれば、また頑張ろうと思えます。

まとめ

忘れられないには初恋の相手や初キス・初エッチの相手など多くのパターンがありますが、実際に一番多いのは直近の恋愛相手です。好きな人が元カレや元カノを引きずっている、あなた自身が前の恋人を引きずっている場合も、今回ご紹介した内容を参考に幸せをつかんでください。

- 1 / 1ページ -