婚期っていつ?婚期を逃さないように前兆を知る

婚期が気になる方は多いでしょう。そもそも婚期とは一体何なのでしょうか。こちらでは婚期を逃さないようにするためのポイントについて説明します。

婚期とは


そもそも婚期とはどのような意味なのでしょうか。こちらでは婚期の意味から説明しましょう。

結婚をするのに適した年頃

婚期というのは結婚をするのに適した年齢のことです。そのため、婚期を逃してしまうと、結婚をするのに適した年齢を過ぎてしまうことになります。そうなると結婚をしたとしても、さまざまな点でデメリットを感じてしまうでしょう。婚期に結婚をするのが良いとされているのです。その方がさまざまな点でメリットがあるでしょう。

ただし、婚期というのは決まった年齢があるというわけではありません。漠然と婚期があると思われているだけであり、正確に婚期が存在するわけではありません。

男は30歳、女は29歳が平均

婚期というのは一般的には結婚をする平均年齢であるとされています。それは男の場合は30歳であり、女の場合は29歳となります。みんなと同じぐらいの年齢で結婚をするのが良いとされているのです。ただし、婚期とされている年齢というのは時代とともに変化しています。最近は晩婚化が進んでいるため、アラサーの年頃で結婚をするのが良いとされているのです。しかし、これはあくまでも平均でしかありません。

婚期に乗り遅れるとどうなるか

多くの女性が婚期に乗り遅れてしまうことを恐れています。それでは実際に婚期に遅れてしまうとどのような弊害があるのでしょうか。こちらでは婚期に乗り遅れた場合のデメリットについて教えましょう。

結婚した友人の悪口を言ってしまう


婚期に乗り遅れてしまうとどうしても結婚をした友人に嫉妬してしまいます。自分が結婚できなかったという事実を認めたくなくなってしまうのです。そのため、結婚をした友人の悪口を言うことによって、自分が結婚をしていないことを無理やり納得しようとしまうのです。

自分が実現していないものはきっとあまり価値のないものだと思いたがります。このようなことは誰でもしてしまうものです。しかし、結婚をした人を馬鹿にするというのはとても悲しいことでしょう。

周囲から心配されたり急かされたりしてしまう

未だに結婚をしないことはおかしなことだと思われています。ある程度の年齢になって結婚することができないと、周囲から心配されてしまうことが多いでしょう。あるいは急かされてしまうこともあるのです。そのような周囲の反応が面倒くさいという方はたくさんいます。親や友達、会社の上司などさまざまな方が結婚をしていないことを追求してくるでしょう。可哀想な目で見られてしまうこともあるのです。

恋愛自体を捨ててしまう

婚期に乗り遅れると本人の意識にも大きな影響を与えてしまうでしょう。どんな年齢になっても結婚にこだわるというケースもあれば、結婚どころか恋愛そのものを捨ててしまうことがあるのです。もう結婚をすることができないと諦めてしまい、恋人を作ることも諦めてしまいます。その人の人生の中から恋愛が完全になくなってしまうのです。これは大きなデメリットとなるかもしれません。恋愛について後悔してしまうことも多いでしょう。恋愛を捨ててしまうことによって無気力になってしまうかもしれません。

今付き合っている人と急いで結婚してしまう

婚期に乗り遅れている人は、現在付き合っている人がいるならば、その人との結婚を急いでしまう可能性があります。これはとてもリスクがあるでしょう。よく考えもしないで急いで結婚をしてしまうと、後悔してしまう可能性があるのです。実はその男性は結婚には向いていない性格だったというケースがあります。焦って結婚をするのは良くないことなのです。

婚期の平均は参考でしかない

結婚をする年齢には平均があります。それが婚期とされているのですが、これはあくまでも参考程度にしかならないでしょう。このことについて詳しく解説しましょう。

人それぞれ違って当たり前


そもそも結婚に適した年齢というのは人それぞれ異なっているでしょう。結婚というものに対しての考え方も違うはずです。確かに子供を欲しいのであれば、それに適した年齢というものがあります。それにしても年齢には幅があるでしょう。子供が欲しくないけれども結婚をしたいというケースもあるでしょう。人それぞれに事情や状況が異なっており、結婚に対する希望も違います。そのため、婚期というのは本来はそれぞれ異なるものです。

気にする人が多いのは事実

婚期については実際にはあまり意味のない考え方といえるのですが、これを気にしている人は多いです。世間的にも婚期というのはよく認識されており、そのことについて悩んでいる方もたくさんいるのです。婚期に乗り遅れたことによって馬鹿にされてしまったり、可哀想な目で見られてしまうという方もいるでしょう。

自身の恋愛にきちんと向き合うことが大事

婚期というのは最終的には参考程度に考えておくべきでしょう。それを気にする人は多いのですが、それに悩まされるべきではありません。また、自分自身の恋愛についてしっかりと向き合うことは大切でしょう。婚期を気にすることなく、今の恋愛についてよく考えてみて、たとえばその相手と本当に結婚をしたいと思ったならば、真剣に結婚を検討してみると良いでしょう。

年齢は関係ない!?こんな状況なら婚期

婚期についてはさまざまな年齢を考えることができます。どのような年齢であっても、それが婚期となりうるのです。こちらではどのような状況であれば婚期を迎えていると考えられるのでしょうか。その基準について具体的に教えましょう。

仕事と恋愛のバランスが取れている

まずあなたの現在の仕事と恋愛のバランスが取れているのであれば、それは結婚をするチャンスといえるでしょう。そのようなタイミングで結婚をしたとしても、失敗する可能性は低いからです。仕事と恋愛のどちらかに偏っている方というのは結婚をするべきではありません。どちらかに問題が出てしまうことが多いからです。そうではなくて、バランスがしっかりと取れているのであれば、安心して結婚することができるでしょう。

子供が欲しくなる

もしあなたが子供を欲しくなったならば、そのタイミングで結婚をすると良いでしょう。子供というのはいつまでも産めるわけではありません。できるだけ若い時期に妊娠をするのが良いとされています。そのため、子供が欲しいと思ったならば、そのタイミングで結婚をしてしまわないと後で後悔してしまうかもしれません。すぐにでも結婚をすると良いでしょう。子供に関してだけは婚期というのはとても重要となるのです。

自分だけでなく好きな人に対して時間を使ってもいいと思うようになる

自分のことを優先している間は結婚をしない方が良いでしょう。そうではなくて、自分だけではなく相手のためにも時間を使っても良いと思えるようになったならば、結婚をしても良いでしょう。結婚というのは自分を優先させているばかりではいけません。相手のこともしっかりと考えなければいけません。そのような考え方ができるようになったならば、結婚をする良いタイミングといえるでしょう。恋人のために尽くすことは大切なのです。

落ち着いた恋愛をしたいと思うようになる

まだまだ情熱的な熱い恋愛をしたいと考えている時というのは結婚をするべきではありません。そうではなくてもっと落ち着いた恋愛をしたいと思えるようになったならば、そのタイミングで結婚をすると良いでしょう。落ち着きを求めるようになった場合は、結婚をすることによってその希望を叶えることができるからです。結婚をして安定した家庭を築くことによって、落ち着くことができるでしょう。もう熱く激しい恋愛をしなくても良いと思えるようになったならば、結婚について考えてみると良いでしょう。

まとめ

どのタイミングで結婚をするべきか悩んでいる方は多いでしょう。いわゆる婚期というものが問題となってくることが多いのですが、実は婚期というのは明確に存在しているわけではありません。自分にとって結婚しても良いと思えるタイミングで結婚をすると良いでしょう。