女性 疲労

ネガティブ思考は良い?悪い?ネガティブ思考から卒業するには

基本的に日本人というのはネガティブ思考をしている方が多い国民とされています。それではネガティブ思考というのはどうして駄目なのでしょうか。こちらではその理由やネガティブ思考を卒業するための方法について紹介しましょう。

6割以上!日本人はネガティブ傾向にある

女性 鬱
まず日本人の6割以上はネガティブ思考になっているという説があります。多くの日本人が基本的にネガティブ傾向なのです。たとえば未来のことについて考える際にもついマイナスのことばかり考えてしまいます。何か決断をするときにも悪いことが起きるのではないのか、失敗してしまうのではないかと考えてしまうのです。

ネガティブ思考はダメなの?

それではそもそもネガティブ思考というのは良いものなのでしょうか。それとも悪いものなのでしょうか。こちらには良い面もあれば悪い面もあります。ネガティブ思考の良し悪しについて説明しましょう。

むしろポジティブな面もある

女性 仕事

ネガティブ思考にはポジティブな面もあります。ネガティブ思考によってリスクを回避することができるからです。これから何か悪いことが起きるかもしれないと考えておくことによって、しっかりと対策を立てることができるでしょう。しっかりと計画をして失敗に備えておくことができるのです。無計画で無鉄砲に行動をしていくよりもネガティブでも良いため慎重に行動する方が良いこともあるでしょう。

良い意味での自己満足がなく、練りに練ったものが出来上がる

ネガティブ思考をする方というのは自己満足をすることはあまりありません。自己満足だけで物事を決定することがないのです。しっかりと練りに練って計画を立てながら物事について考えていくことができるのです。そのため、質の高い仕事をしたり、質の高い作品を完成させることができるでしょう。これはネガティブ思考だからこそ可能となることなのです。

行動のスピードが遅れてしまう面も

ネガティブ思考の方というのはどうしても行動する際のスピードが落ちてしまいます。このようなデメリットが存在しているのです。行動するスピードが遅れてしまうことによって、チャンスを逃してしまうこともあるでしょう。せっかく良い機会が訪れていたのにそれを逃してしまい、結局失敗してしまうこともあるでしょう。

行き過ぎるとただの現状維持になってしまう

ネガティブ思考を突き詰めてしまうと最終的には何もできなくなってしまうでしょう。現状が一番良いと考えてしまうのです。そうなると現状維持を続けるだけになってしまいます。何の進歩もなくなってしまうのです。そうなってしまっては、状況が好転することはないでしょう。

ネガティブ思考を改善したい

ネガティブ思考を改善したいと考えている方は多いでしょう。こちらではそのためにどうすれば良いのか、思考を改善させるためのポイントについてまとめました。

思考の癖の矯正が大事

まず思考の癖を矯正するための努力をしましょう。ネガティブ思考になっている方というのは、そのような思考をしてしまうことが癖になっているのです。その癖を改善させなければ、いつまで経ってもネガティブ思考がなくなることはないでしょう。自分の思考の癖についてよく自覚することが大切です。そうすることによって、どのような方向に矯正すればよいのかが分かるからです。

不安からは何も生まれないことを知る

不安な気持ちからは何も生まれないということを知りましょう。不安な気持ちというのは切りのないものです。どのような方であっても、どのような状況であっても、不安な点を見つけることは可能です。完璧な状態で物事を始めようと考えているならば、そのような状態になることは絶対にないと言い切れるでしょう。何か新しいことを始めるならば、どうしてもリスクは伴ってしまうのです。それを理解した上で覚悟をした上で始めることが大切です。そうすることで新しいものが生まれるのです。

自分ではどうしようもないことは無視する

不安なことの中には自分ではどうしようもないことが含まれているかもしれません。それについては無視してしまうと良いでしょう。たとえば天候のことは自分ではどうすることもできません。不安になっていてもしょうがないでしょう。自然に関わることや他人の関わることにおいては、自分でコントロールできない部分はどうしても生じるのですが、それについては無視してしまうと楽になります。

行動しないこと自体が失敗であることに気付く

行動をしないというのは現状維持を選択していると思われるのですが、それが失敗となる可能性もあります。行動しなければ現状を維持できる保証はありません。気づかないうちにどんどん状況が悪化してしまうこともあります。行動しなければいけない局面というのは絶対に存在するのです。

悪い面を良い面に変換する

悪い面を見つけたとしても、それを悪いことだと認識するのではなくて、良い面に変換するという努力をすることも大切です。悪い面があるから不安になるのではなくて、実は悪いことも見方を変えることによって良いことであると認識することも可能なのです。そのような物の見方もあることを理解しましょう。

本来人間はネガティブ思考であることを理解する

人間というのはそもそもネガティブ思考なものです。たとえば野生で生きていた頃には常に外敵に襲われる可能性がありました。このような場合にポジティブ思考をしていたのではすぐに殺されてしまうでしょう。ネガティブ思考というのは自分を守るためにも必要なものだったのです。そのため、人間は今でもネガティブ思考が染み付いてしまっています。

自分で自分を癒してあげる


ネガティブ思考は不安から生じるものです。そのため、癒しを得ることによって、そのような思考から脱することができるかもしれません。自分で自分を癒すということをしてみましょう。積極的にリラックスするための時間を確保しましょう。

他の人を褒めるようにする

ネガティブ思考になっている方は自分自身だけではなくて他人に対してもネガティブな見方をしていることが多いです。そのため、まずは他人を褒めるようにしましょう。そうすれば自然と自分に対しても肯定的にとらえられるようになります。

自己を肯定する癖をつける

自分を肯定することができないためにネガティブ思考になってしまいます。これを改善したいならば、自分を肯定するという癖をつけることが大切です。そうすることによって、自分に自信を持てるようになり、ネガティブ思考からも卒業できます。

他人と自分との比較をしない

他人と比較ばかりしている方にネガティブ思考の方が多いとされています。そのような比較をするのはやめましょう。他人と自分は本質的に違うものだから比較しても仕方がないと考えるべきです。そうすることによって、自分を卑下することから脱するでしょう。

直感を信じる

たまには直感的に行動をしてみることをおすすめします。直感を頼りに行動するのはネガティブな方にはできないことです。それをあえてやってみることによって、ネガティブな思考を抜け出すきっかけとなるでしょう。

過去と今を切り離す

過去のことからネガティブになっていることがあります。しかし、過去の自分と今の自分は違うものです。過去の自分とは切り離して今の自分を見直してみましょう。

前向きな人と一緒にいる


前向きな考え方ができる人と一緒にいることによって、自然と自分も影響を受けることがあるでしょう。そのような方の近くにいてみましょう。

言葉は意識して発する

言葉を発する際にはネガティブなことを言わないように意識しましょう。できるだけポジティブな発言を心がけるべきです。そうすることによって、思考にも影響されます。

まとめ

ネガティブ思考には確かにメリットもあるのですが、基本的にデメリットが多いため、改善した方が良いでしょう。そのためにはさまざまな努力をするべきです。こちらで紹介したポイントを意識して生活をしてみましょう。