バツイチ子持ちも恋愛を楽しめる!恋愛に困らないバツイチ女性の特徴

バツイチで子持ちの方だって恋愛をしてもいいのではないでしょうか。このような方は恋愛を諦めているケースが多いのですが、諦めなくても良いはずです。そのような方であっても恋愛を楽しんでいる方はたくさんいるのです。こちらではバツイチ女性で恋愛に困っていない方の特徴について紹介しましょう。

バツイチ子持ちでも恋愛を諦める必要はない!


バツイチで子持ちだったとしても恋愛を諦める必要はありません。どうしてそうなるのか、その理由について説明しましょう。

再婚による婚姻率は増加している

まず、最近は再婚による婚姻率が増加しているというデータがあります。そもそも昔よりも簡単に離婚をする人が増えており、そこから再婚している人も増えているのです。バツイチというのは特に珍しい存在ではなくなっています。そのため、これからはバツイチがハンデとなってしまうことのない時代となるでしょう。バツイチの人が普通の時代となっているのです。

バツイチ子持ちでも恋愛対象になる人は多い

たとえバツイチで子持ちだったとしても、その人を恋愛対象とする人はたくさんいます。たとえば子供がいた方が良いという人もいるのです。これから結婚をして子供を産んで育てるのは大変です。ある程度子供が大きくなっている方が楽だと考える方もいるでしょう。子供好きの方であれば、自分のほんとうの子供でなかったとしても愛情を持って育てることは可能です。また、本当に好きになった異性であれば、どのような属性を持っていても平気だという方は多いのです。

バツイチ子持ちでも恋愛に困らない女性とは

一般的にはマイナスなイメージとされているバツイチ子持ちの女性であっても恋愛に困っていない人はたくさんいます。そのような女性にはどのような特徴が備わっているのかを教えましょう。

男性が「自分がどうにかしないと!」と思うくらいに頼りない

カップル

男性からみると自分が助けてあげないと危ないと思ってしまうほど頼りない人がいます。このようなタイプの女性というのは男性がどんどん寄ってくるでしょう。男性が自分が守らなければいけないと感じてしまうのです。たとえバツイチで子持ちだったとしても、そんなことは目に入らなくなるのです。男性に助けられやすいタイプの女性は恋愛に困らないでしょう。

身なりが綺麗でバツイチ子持ちに見えない

身なりがきれいな方というのはどのような条件だったとしても恋愛に困ることはありません。バツイチや子持ちということがハンデにならないのです。一見すると結婚をしたことがなさそうであり、子供もいなさそうな女性でもとてもきれいな方はたくさんいます。そういう方はどんどん恋愛をすることができるでしょう。やはり女性はきれいであることが恋愛においてとても有利に働くのです。マイナスな要素を帳消しにするほどの美貌を持っているのであれば、いつまでも恋愛ができるでしょう。

たくましく生きている姿が尊敬できる


普通はバツイチや子持ちであるのは辛いことのように思えます。それでも女性がたくましく健気に生きているのであれば、そのような女性は男性から尊敬されやすいでしょう。尊敬が恋愛感情に変わることは珍しくありません。人間性が評価されるために恋愛に困らないという女性がいるのです。

子供が大きくなっており恋愛の妨げにならない

子供がすでに大きくなっているのであれば、恋愛の妨げにはならないと考えられます。もし子供が小さいのであれば、その女性は恋愛どころではなくなるでしょう。子育てに集中しなければいけません。しかし、子供がもう学校に通うような年齢になっているのであれば、基本的に子育ての手間はほとんどかからないでしょう。そのため、恋愛をする余裕ができてくるのです。

バツイチの理由がやむを得ないものである

バツイチの理由によっては同情できるものがあります。たとえば元旦那に浮気されてしまったり、元旦那からDVを受けていたり、あるいは依存症だったりといった理由があります。このように女性の方にまったく非がない理由から離婚をしている場合には、その女性に同情してしまう方は多いでしょう。恋愛対象として男性から認めてもらいやすいです。

元旦那に騙されたんだと思うくらいに純粋である

その女性がとても純粋そうに見えるのであればバツイチでもモテるでしょう。この場合は、元旦那に騙されたのではないかと思われることが多いのです。けっしてその女性は悪くなかったのだと勝手に男性が解釈してくれます。結婚をしたことがなさそうなほど純粋そうな女性がいるものです。

本人は至って明るく元気

バツイチや子持ちであることを感じさせないようなタイプの女性がいます。このような女性とは自然体で付き合うことができます。とても魅力的に見えるでしょう。本人がいたって明るくて元気そうに見えるのであれば、バツイチや子持ちであってもモテるでしょう。

昔の結婚が若気の至りだと理解ができる

若気の至りで結婚をしてしまった過去があることが理解できるのであれば、それはあまりマイナスとはならないでしょう。たとえば十代で勢いで結婚をしてしまったという女性がいます。そのような女性であれば、たとえバツイチで子持ちであっても、もう元の旦那に未練はなさそうに思えます。今では大人の女性となっていて、しっかりとしているように見えるのであれば、恋愛対象となるでしょう。

バツイチ子持ちが乗り越えるべきハードル


確かにバツイチ子持ちでも恋愛をしているケースはあるのですが、そのためには超えなければいけないハードルがいくつかあります。何に注意しなければいけないのか教えましょう。

前の結婚生活でのトラウマ

そもそも結婚生活というものにトラウマを植え付けられてしまっているというケースがあります。このような方はたとえ恋愛をしたとしても再婚をすることに抵抗があるかもしれません。これから恋愛を始めるまえにそのトラウマを解決しておくべきでしょう。そうしないと男性と付き合えたとしても、その男性との未来について考えることができなくなってしまいます。

2人のデートの時間


デートの時間を合わせるのに苦労してしまうことがあるでしょう。バツイチで子持ちだとシングルマザーとして仕事をしながら子育てをしていることが多いです。そのため、デートのための時間を確保するのが難しいです。さらに彼の予定にも合わせなければいけないからです。これは超えなければいけないハードルとなるでしょう。たとえば両親が近くに住んでいるのであれば、デートのときだけ預けておくということは可能でしょう。

子供が交際相手になついてくれるかどうか

子供がいるのであれば、交際相手となついてくれるかどうかは大切でしょう。もしなついてくれないと再婚をしたときに困ってしまいます。これは女性だけの努力ではどうしようもありません。彼の方でも子供になつくための努力をしてくれなければいけないでしょう。たとえば子供好きの明るい男性であれば、子供の方もすぐに信頼してくれるでしょう。

彼氏が子供の父親として育児家事が出来るかどうか

カップル 節約

もし再婚をしたならば、彼氏は子供の父親となります。そのため家事をしたり、育児をしなければいけないでしょう。いきなりさまざまな役割を任せられることになるのです。これにしっかりと対応することができる男性でなければ再婚をするべきではないでしょう。バツイチ子持ちの再婚というのは、簡単なノリでできるものではないのです。簡単に結婚をしてしまうと子供が不幸になってしまいます。

女の子の子供の場合、彼氏が真正面から接することができるか

もし子供が女の子であれば、彼にとっては異性ということになります。そのため、彼氏が真正面から娘と接することができるかどうかは大切です。再婚相手の父親が娘に性的虐待をしてしまうというケースは少なくないのです。彼氏の性癖についてはよく確認しておきましょう。また、娘が中学生や高校生になっているというケースもあるでしょう。この場合は異性として意識してしまう可能性もあるため注意しましょう。

まとめ

バツイチ子持ちであっても再婚をしている方はたくさんいます。ただし、いろいろなハードルがあることも事実です。さまざまな問題を解決することによって、バツイチ子持ちの方が再婚をすることも不可能ではないでしょう。