店員さんへの恋を実現させたい!店員さんと仲良くなる方法

店員さんで気になる人を見つけたという方がいるかもしれません。それではどうすれば店員さんとの恋を実現させることができるのでしょうか。こちらでは店員さんと仲良くなるための方法について紹介しましょう。

店員さんと仲良くなるための最初の一歩


店員さんと仲良くなりたいならば、きちんとした順序を踏むことが大切です。それでは最初の一歩はどうすれば良いのでしょうか。店員さんと仲良くなるための心構えについて紹介しましょう。

決して焦ることのないように

まず決して焦ることがないようにしましょう。最初は信頼関係を築くことから始めるべきです。たとえそのお店をあなたが何度も利用していたとしても、ほとんど会話らしい会話をしたことがないというケースもあるでしょう。これでは店員さんにとってあなたはほとんど初対面と変わらないのです。そのような状態でいきなり告白をしたり、連絡先を交換しようと思っても怪しいと思われてしまうでしょう。焦ってしまっては失敗する可能性が高いのです。

時間がかかることを覚悟する

店員さんと仲良くなるためには時間がかかってしまうことを覚悟しましょう。焦ってしまっても良い結果は生まれません。そのため、慎重に行動しなければいけないのです。その際には、とても時間がかかってしまう可能性があります。早く結果が欲しいという方がいるかもしれませんが、焦りは禁物なのです。長期的な視野を持って少しずつ仲良くなることを覚悟してください。

進展の順序は間違えない

店員さんと仲良くなりたいならば、仲を進展させるための順序は間違えないようにしましょう。これを間違えてしまうと店員さんと仲良くなるどころか関係が悪化してしまいます。嫌われてしまったり、怪しい人物と危険視されてしまう可能性があります。そのようなことが起きてしまわないように順序には気をつけて下さい。

相手に迷惑はかけない

店員さんには迷惑をかけないということが大切です。迷惑をかけてしまうと店員さんだけではなくてそのお店にまで迷惑をかけることになるでしょう。要注意人物としてそのお店に認識されてしまう可能性まであるのです。そのため、決して迷惑にならない範囲内で店員さんと接触をするようにしましょう。いくらあなたが店員さんのことを好きだったとしても迷惑なものは迷惑なのです。

店員さんに自分のことを知ってもらうためにしたいこと

店員さんと仲良くなるためには自分のことについてよく知ってもらうことが大切です。そのためにできることはたくさんあるでしょう。どのようなことができるのか、店員さんと仲良くなるためのポイントについて教えましょう。

微笑む

店員さんには微笑むようにしましょう。笑顔を向けられて嫌な気持ちになる人というのはいません。店員さんに笑顔を向けるようにすることによって、自分は怪しい人物ではないことをアピールできるのです。無表情で店員さんと接していたとしても、怖がられてしまう可能性があります。まずは警戒心を解くことが大切なのです。微笑むことによってフレンドリーさをアピールすることができるため、話しかけやすくなります。

できるだけたくさんお店に通う

店員さんと仲良くなるためには、お店にたくさん通うことが大切です。頻繁に通うことによって常連になりましょう。そうすることによって、顔なじみになることができるでしょう。あなたが店員さんのことを認識していたとしても、店員さんの方ではあなたの顔を覚えていない可能性があるのです。何度もたくさん通うことによって、店員さんはあなたのことをしっかりと認識するようになるのです。

店員さんと話すときは目を見る

顔を覚えてもらえるようになったならば、向こうの方から声をかけてくれるかもしれません。しかし、常連相手でも普通に接するという店員さんもいます。そのため、あなたの方から話しかけなければいけないことは多いでしょう。

実際に店員さんに話しかける際にはしっかりと相手の目を見るようにしましょう。そうすることによって、店員さんもあなたに話しやすくなります。相手の目を見るということで、相手に警戒されなくなるのです。

目立つアイテムを身に着ける

目立つことは大切です。店員さんは一日の中でもたくさんの人に対して接客をしています。そのためあなたが頻繁にそのお店を利用したとしても、店員さんがそれを覚えてくれるとは限りません。そこで目立つアイテムを用意することをおすすめします。目立つアイテムを身につけておくのです。それをきっかけとして店員さんはあなたのことを認識しやすくなるのです。店員さんに覚えてもらうことは仲良くなるための第一歩となるでしょう。

お会計で「ありがとう」の一言を添える


会計の際にはきちんとお礼の言葉を伝えておくことは大切です。ありがとうと一言添えるだけでもとても感じがよくなるでしょう。あなたは良い人だということをアピールすることができるのです。ほとんどのお客さんはありがとうと言うことはありません。そのため、きちんと礼儀正しくお礼を言えるあなたはかなり記憶に残りやすくなるでしょう。良い人と思われるため、印象はとても良くなります。仲良くなりやすくなるでしょう。

これはOKな店員さんへのアプローチ

店員さんへのアプローチの仕方は重要です。相手に迷惑をかけてはいけないのです。どのようなアプローチの方法であれば店員さんに対して好印象となるのか、OKなアプローチの仕方について教えましょう。

誘うこと、声をかけることはOK

基本的に店員さんを誘ったり、声をかけることはOKでしょう。もちろん、その結果として相手に断られてしまう可能性もあるのですが、個人的に誘ったり声をかけること自体は許されることでしょう。実際に店員さんに声をかけて、プライベートで会うことに成功したというケースはよくあります。デートに誘ってみたり、食事に誘ってみて、相手がそれを了承してくれたということは珍しいことではないのです。あなたのお気に入りの店員さんにアプローチしてみましょう。

仕事の邪魔にならないように

店員さんを誘う際には相手の仕事の邪魔をしてしまわないように注意しなければいけません。もし仕事の邪魔をしてしまうと店員さんだけではなくてお店にまで迷惑をかけることになります。それは営業妨害をしてしまうことになるでしょう。それでは店員さんがたとえば店長から怒られてしまうということもあります。そうなれば店員さんはあなたのことを嫌ってしまうかもしれません。そのような事態になってしまえば最悪でしょう。けっして仕事の邪魔にならないタイミングでアプローチをしましょう。

店員さんに自分を認識されてから誘うことが大事

店員さんがきちんとあなたのことを認識していることを確認してから誘うべきでしょう。店員さんがあなたをよく知らないうちに誘ってしまっても、警戒してしまうでしょう。とても怪しいからです。自分は怪しいものではないことをしっかりとアピールしておくべきなのです。そうすることによって、店員さんは警戒しなくなるでしょう。最初は少しずつ顔を覚えてもらい、世間話を軽くするような関係になってから、誘うことが大切です。順序をきちんと意識しましょう。

連絡先はサラッと渡す


相手の連絡先を聞くよりもこちらから連絡先を渡す方法の方が相手は警戒しないでしょう。その際にはさらっと渡すようにしてください。連絡先を渡す際には、相手が本当に連絡をしてくるのか不安になってしまうものです。そのため、念を押してしまうことがあるかもしれません。しかし、必死な態度を見せてしまうと店員さんは怖くなってしまうかもしれないです。ストーカーだと思われかねません。そのため、連絡先を渡す際にはあくまでもスマートな態度をとるべきです。

まとめ

店員さんに恋をしてしまうことは珍しいことではありません。店員さんとの恋を成就させたいという方はたくさんいるでしょう。慎重に行動することが大切です。徐々に親しくなっていき、しっかりと信頼されたことを確認してからデートに誘ったり、連絡先を渡すようにしましょう。