嫉妬心はこうして生まれる!嫉妬心をコントロールする方法とは

嫉妬してしまうことがあります。嫉妬心というのは誰にでもあるものです。それではどうすれば嫉妬心をコントロールするができるのでしょうか。そのための方法について教えましょう。

嫉妬心が生まれやすい状況

嫉妬心とはどのような状況で生まれるのでしょうか。嫉妬心の生まれやすい状況について紹介しましょう。

自分に気持ちが向けられていない

自分の好きな人の気持ちが自分に向いていないということがあります。このような状況というのは嫉妬してしまうでしょう。たとえば好きな人が自分以外の異性のことを好きになっているのであれば、その女性に対して嫉妬してしまうのです。

能力や働き方に対して生まれる

たとえば同じ職場にいる同僚に嫉妬するということがあります。自分ではできないことをしていたり、楽な働き方をしていると嫉妬してしまうでしょう。

他人がいい思いをしていると思ったとき


他人に幸運が訪れているとそれに嫉妬してしまうことがあります。いい思いをしている人がいると、自分もそのような思いをしたいと思うのです。そのため、その人に嫉妬心が芽生えてしまいます。

男性編:嫉妬心の特徴

嫉妬心というのは男女で差があるものです。こちらでは男性の嫉妬心の特徴について紹介しましょう。

嫉妬心は言葉に出さないことが多い

男性の場合は嫉妬していたとしても、そのことを言葉に出さないということが多いです。じっと心の中に秘めているのです。そのため、外見からはその人が嫉妬をしていることが分かりにくいです。

嫉妬心は怒りに近い

男性の嫉妬心というのは怒りに近い感情となっていることが多いです。そのため、嫉妬のあまり怒り出してしまうこともあるでしょう。手がつけられないような状態になってしまうこともあるのです。嫉妬で悲しんでしまうということはあまりないのです。それよりも嫉妬をしている対象に対しての怒りがどんどん増幅されていきます。

彼女が浮気しても浮気相手に嫉妬はしない

男女で近いと感じる距離は異なる

もし自分の付き合っている彼女が浮気をしたとしても、それで浮気相手に嫉妬をするということはあまりありません。それよりも彼女に対して怒りを感じるだけです。浮気相手についても怒りを覚えることはあるのですが、自分よりも浮気相手の方を彼女が好きだったということについて嫉妬するというケースはあまりないのです。このようなタイプの嫉妬をすることは男性はしないのです。これは女性との大きな違いといえるでしょう。

女性編:嫉妬心の特徴

女性の嫉妬心というのは男性とは異なるものです。女性は男性とは違いどのような嫉妬心をみせるのかを解説しましょう。

嫉妬心は言葉や行動に出やすい

女性は嫉妬していることが表面的に分かりやすいのが特徴となっています。たとえば言葉や行動を観察していれば、その女性が今嫉妬をしているというのはよく分かるのです。そのため、周りの人達も嫉妬心を認識しやすいでしょう。

嫉妬は悲しみに近い

女性の嫉妬の気持ちというのは怒りというよりも悲しみの気持ちが強くなっていることが多いです。どうして自分はその対象を手に入れることができないのか、どうして自分には力がないのかといったことへの悲しみがわき起こってきます。そのため、嫉妬している女性は悲しげな表情をしていたり、落ち込んでいることが多いでしょう。

彼氏の浮気は浮気相手に嫉妬する

女性はもし彼氏が浮気をしたとしても、彼氏に怒りを感じるよりもまずは浮気相手に対して嫉妬をすることが多いです。この場合は怒りを感じることもあるでしょう。彼氏に対しては案外平気な顔をしていることが多いのです。それよりも他の女性が自分の彼氏を奪ったのだと考えてしまうことがよくあります。

嫉妬するのは良くないこと

カップル スマホ 浮気

基本的に嫉妬をするというのは良くないことだと考えられています。それではどうして嫉妬心はいけないことなのでしょうか。こちらでは嫉妬がいけない理由について教えましょう。

相手に対して不信感を感じてしまう

嫉妬してしまうとその相手に対して不信感を抱いてしまうでしょう。それはこれからの関係に影響を与えてしまいます。こちらが勝手に嫉妬をしているだけであり、相手はなにも悪くないというケースもあります。それでも嫉妬をすると相手に対して嫌な感情を抱いてしまうでしょう。もうこれまで通りに付き合っていくことができなくなってしまうのです。

自分を責める

嫉妬をしている自分が嫌になるというケースもあります。自分を責めてしまうのです。自分はどうして弱いのか、自分はどうして能力がないのかということを嘆いてしまうでしょう。自分を卑下するようになってしまうのです。これでは自信を失ってしまうでしょう。自分を責めるという気持ちを抑えることができなくなってしまうのです。このような気持ちが続いてしまうととても辛くなってしまうでしょう。

嫉妬は愛情ではない

そもそも嫉妬をするというのは愛情とは異なります。そのため、嫉妬を愛情と勘違いしてはいけないのです。その勘違いが続いてしまうと取り返しのつかないことになってしまう可能性があります。嫉妬したから自分はその対象を愛しているのだと考えてはいけないのです。

嫉妬心をコントロールする方法

嫉妬心を持ちたくないという方は多いでしょう。それではどのようにすれば嫉妬心を上手くコントロールすることができるのでしょうか。こちらでは嫉妬心をコントロールするための方法について教えましょう。嫉妬に悩まされている方は参考にしてください。

他人との比較はやめる

嫉妬というのは他人と比較することによって起きてしまうのです。他人と比較したときに自分が劣っていたり、不幸になっていると考えてしまうため、嫉妬という気持ちが起きてしまうのです。自分は自分、他人は他人と割り切って考えることができるようになれば、嫉妬という気持ちが起きなくなるでしょう。他人が成功したとしても、それを素直に称賛することができるようになるのです。他人との比較をするべきではないのです。

自分に対して自信を持つ

嫉妬してしまう方というのは自分に自信を持っていないことが多いです。自分に自信がないために他人と比較ばかりしており、他人を羨んでしまいます。その気持ちが悪い方向に傾いてしまうことによって嫉妬してしまうのです。自分に自信のある人というのはけっして他人と比較をするということはありません。とても堂々としているのが特徴なのです。もっと自信を持つようにすれば、嫉妬することはなくなるでしょう。

嫉妬する人と反対の行動を取る

嫉妬してしまう対象がいるならば、その人と反対の行動を取ってみましょう。そうすることによって、あなたはその人と比較をしなくなるでしょう。嫉妬する相手の行動が気にならなくることで、気持ちを落ち着けることができるのです。

嫉妬相手と距離を置く

嫉妬してしまう相手がいるのであれば、その人と距離を置いてみることをおすすめします。そうすることによって、嫉妬相手のことが目に入らなくなるため、嫉妬する心に悩まされることがなくなります。自分の気持ちを上手くコントロールする自信がないのであれば、その人と離れてみるという選択肢もあるのです。

自分のことを好きで居てくれる人を書き出す

嫉妬してしまうと自分のことはもう誰も好きではないのだと考えてしまうことも…。これではどんどん自信がなくなってしまいます。そこで自分を好きでいてくれるような人について書き出してみましょう。自分の周囲にいる人のことを思い浮かべてみることによって、自分を好きだと考えている人を見つけることができるでしょう。その人のことを思えば自信になります。

自分軸でどうしたいのかを書き出す

自分がどうしたいのかを考えてみることは大切です。嫉妬している方は自分がどうしたいのかよく分かっていないケースが多いのです。自分がどうなりたいか、どういう人でありたいかを明確にすることで、嫉妬する必要がないことに気がつけます。

まとめ

嫉妬心というのは他人と比較したり、自分に自信がないために起きてしまうものです。上手く嫉妬心をコントロールすることによって、もっと生きやすくなるでしょう。こちらで紹介した情報を参考にしてください。