ウエストを細くするダイエット方法!これでぽっこりお腹にサヨナラ!

ダイエットをする際にはウエストを細くしたいという方は多いでしょう。こちらではウエストを細くするためのダイエットについて紹介します。

ウエストを細くするダイエットの基本となる3つの柱


これからウエストを細くしたいのであれば、3つの柱となるポイントを理解するべきです。ウエストを細くするための基本を教えましょう。

食生活の改善

食事

まず食生活を見直してみましょう。そうすることによって、脂肪を溜まりにくくします。また、摂取カロリーを抑えることによって、カロリーが足りない分はどんどん体内の脂肪を燃焼させることができるでしょう。食生活を改善することはウエストを細くするためにとても重要なポイントとなるのです。

有酸素運動をする

食生活だけでもウエストを細くすることはある程度は可能です。しかし、今ある脂肪を取り除くためにはそれだけでは不十分なので、有酸素運動をすることが大切です。そうすることによって、どんどん脂肪を燃焼させていくことができるのです。食生活の改善と有酸素運動を組み合わせるようにしましょう。そうすればよりダイエット効果が高まるのです。

あわせて読みたい

有酸素運動とはどういうもの?メリット・デメリットと運動のコツ

続きを読む

腹筋を鍛える

筋肉を鍛えておくことも大切です。腹筋を鍛えることによって、脂肪をどんどん燃焼させられるようになります。体を引き締めることもできます。筋肉の量が多ければ、それだけ基礎代謝を上げることができるため、痩せやすくなるでしょう。

ウエストを細くするポイント①:食生活の改善

ウエストを細くするために食生活の改善をしたい方は多いでしょう。こちらでは食生活の改善のポイントについて教えましょう。

栄養バランスを考えたメニューにする


まず栄養のバランスをしっかりと考えましょう。これはすべてのダイエットの基本となります。単に食事の量を減らすだけでは脂肪を落とすだけではなくて筋肉も落としてしまいます。また、健康や美容にまで影響を与えてしまうでしょう。そのため、栄養のバランスをしっかりと考えるようにしましょう。いろいろな食材をバランス良く使った食事を取りましょう。そうすれば栄養的には問題のない食事をとれます。

糖質の量をコントロールする

最近は糖質が注目されています。糖質を摂りすぎてしまうと太りやすいのです。そのため、糖質をできるだけ少なくなるように工夫しましょう。糖質の量をコントロールすることによって、太ってしまうのを避けることができるでしょう。糖質を摂りすぎてしまうとどんどん太ってしまうのです。それではお腹の脂肪がたくさんついてしまいます。

1日3食しっかりと食べる

ダイエットだからといって食事の回数を減らしたり、極端に量を減らすべきではありません。それでは筋肉が落ちてしまいます。筋肉をつけることができなければ、ウエストを細くすることができないでしょう。そのため、1日3食をしっかりと食べてください。なおかつ、糖質やカロリーを摂りすぎないように注意しましょう。そうすれば、必要な栄養素をしっかりと摂取しながらダイエットをすることができるのです。

ゆっくりと良く噛んで食べる

食事の際にはよく噛むことが大切です。そうすることによって、満腹感が出やすくなります。そうなれば食事の量を減らすことができるでしょう。さらによく噛むことによって、消化吸収を助けることもできるのです。また、できるだけゆっくりと食べるようにしましょう。早く食べてしまうとついたくさん食べすぎてしまうケースがあります。それでは太りやすくなってしまうため注意しましょう。

就寝前2時間以内には食事をしない

寝る直前に食事をするべきではありません。それでは後は寝るだけであり、寝ている間というのはカロリーをあまり消費できません。また、寝ているときにはどんどん脂肪を溜め込みやすくなっています。そのため、寝る前に食事をしてしまうのは太りやすくなってしまいます。また、寝る直前に食事をするのは胃腸への負担も大きいため、健康にも良くないのです。

ウエストを細くするポイント②:有酸素運動(ウォーキング編)

ウエストを細くしたいのであれば、しっかりと運動をすることが大切です。運動をする際のポイントについてまとめました。

歩く前に脂肪燃焼系のサプリメントを服用する


ウエストを細くしたいならばウォーキングがおすすめです。その際には、歩く前に脂肪燃焼の効果のあるサプリメントを服用すると良いでしょう。そうすれば、脂肪燃焼効果をより高めることができるのです。ウォーキングの効果をさらに高めることができるでしょう。サプリメントはとてもおすすめです。

早歩き程度の早さで30分から60分ウォーキングする

ウォーキングはゆっくりと歩くべきではありません。早歩き程度の早さにして、なおかつ30分から60分はウォーキングを続けるべきでしょう。有酸素運動というのある程度の時間運動を続けないと意味がないのです。きちんと効果のあるウォーキングのやり方を実践するべきでしょう。

クッション性の高いシューズを履き、怪我の予防に努める

ウォーキングでは怪我をしてしまう可能性があります。たかがウォーキングだと思って油断してはいけないのです。クッション性のあるシューズを選びましょう。そのようなシューズを履いて歩くことによって、怪我をするのを避けることができます。ウォーキングを始める前にきちんとした準備をしておきましょう。

ウエストを細くするポイント③:有酸素運動(水泳編)

ウエストを細くするための有酸素運動として水泳もおすすめです。水泳をする際のポイントをまとめました。

正しいフォームで30分以上泳ぎ続ける

水泳は正しいフォームを心がけましょう。そうすれば消費カロリーを増やしていくことができるのです。また、有酸素運動のために30分以上で泳ぎ続けるようにしましょう。そうすることによって、どんどん脂肪燃焼効果を高めていくことができるのです。一度に長時間泳ぎ続けることが大切なのです。体を動かし続けることによって、どんどん効果が出てくるのです。

平泳ぎでも十分にカロリーを消費できるのでおすすめ

泳ぎ方の中では平泳ぎが一番おすすめです。平泳ぎというのは体全体を使って泳ぐことになります。なかなか早く泳ぐことができないのですが、ゆっくりと泳いでいくというのがカロリーをどんどん消費しやすくなるのです。平泳ぎで長時間泳ぎ続けることを心がけましょう。そうすれば、カロリーをしっかりと消費していくことができます。また、あまり疲れにくくなるのです。

泳げない方は水中ウォーキングがおすすめ


泳げないという方がいるかもしれません。そういう方は水中でウォーキングをするだけでも良いです。水中というのは浮力が働いています。そのため、地上にいるときよりもウォーキングをする際に力が必要となります。そのため、水中ウォーキングを長く続けることによって、かなりのカロリーを消費することができるでしょう。泳げないという方であっても、プールへ行くのはおすすめなのです。

ウエストを細くするポイント④:腹筋をする

ウエストを細くしたいならば、しっかりと筋肉をつけることが大切です。こちらでは腹筋をつけるためのポイントを紹介しましょう。

正しいフォームで行う

腹筋運動は正しいフォームを心がけて下さい。フォームが正しければ腰を痛めることがなくなります。また、腹筋に負荷をしっかりとかけることができるでしょう。正しいフォームで限界まで腹筋運動をしましょう。

1日おきに3ヶ月以上続ける

筋トレというのは筋肉を休めることも大切です。筋肉というのは休めなければダメージが回復しません。そのため、できれば1日おきにするべきです。毎日してしまうと腹筋を傷めてしまう可能性があるのです。できれば3ヶ月以上続けるようにしましょう。筋トレの成果というのは早く出るものではありません。3ヶ月以上継続することによって、あなたの腹筋はどんどん引き締まっていくのです。

たんぱく質を多めに摂るようにする

筋肉というのはタンパク質によって構成されています。したがって、普段の食事の中ではしっかりとタンパク質を摂取するようにしておくべきです。タンパク質を十分に摂取することができて、なおかつ腹筋運動をすることによって、どんどん筋肉がつけられるようになります。

有酸素運動と併用する事で効果アップ

階段 運動
単に腹筋運動をするだけよりも、有酸素運動も併用することをおすすめします。そうすることによって、腹筋運動の効果をより高めていくことができるのです。男性ホルモンの分泌量もどんどん増えていくはずです。いろいろな運動を並行して進めていくことによって、筋肉への刺激が増えていき、全身の筋肉がしっかりと鍛えられるようになります。これはダイエットにも効果を発揮するでしょう。

ウエストを細くしたい方のダイエットの注意点

ウエストを細くするためのダイエットでは注意しなければいけないこともあります。何を注意するべきなのかを教えましょう。

長いスパンで考える

ウエストの脂肪というのはなかなか落ちないものです。そのため、長いスパンで考えるようにしましょう。体重が落ちてきたとしても、ウエストの脂肪だけは落ちてくれないということもあるのです。長期的に食生活の改善や運動をすることによって、少しずつ脂肪が落ちていきます。

無理な食事制限はしない

ウエストを細くしたいならば食事制限は大切です。しかし、無理な食事制限をするべきではありません。それでは体調を悪くしてしまう可能性があります。また、筋肉が落ちてしまうこともあります。それでは消費カロリーが下がってしまうため痩せにくくなってしまいます。食事制限は無理にしてはいけないのです。栄養のバランスについてしっかりと考えましょう。ただし、糖質はしっかりとコントロールしましょう。

睡眠時間をしっかりと確保する

ダイエットのためにも、健康や美容のためにも睡眠時間をしっかりと確保しておくことは大切です。睡眠時間が不足してしまうと消化吸収の効率も悪くなってしまうでしょう。それでは痩せにくくなってしまいます。きちんと痩せたいのであれば、睡眠時間にもこだわるべきなのです。睡眠時間が不足するとストレスも溜まりやすくなります。それではダイエットに挫折してしまう可能性もあるでしょう。

まとめ

ウエストを細くするためのダイエットについてまとめました。ウエストの脂肪が気になっているという方はたくさんいます。食生活の改善と有酸素運動、そして腹筋の筋トレの3つを柱としてウエストを細くするダイエットに取り組んで下さい。これを長いスパンで行っていくことによって、どんどんウエストを細くすることができるのです。最終的にはかなりスリムな体型となっているでしょう。