初めてラブホに行くあなたへ!ラブホってこんなところです

これまでにラブホへ行ったことがないという方もたくさんいるのではないでしょうか。一人暮らししている方や、彼氏が一人暮らしをしている場合、旅行へ行かない限りどこかへ泊まるということってなかなかないですよね。こちらではそんな方のためにラブホに関する基本的な情報について紹介しましょう。

ラブホテルの基本的なシステム


まずラブホテルの基本について解説しましょう。具体的にどのようなシステムとなっているのか理解してください。

料金は2名1室として設定

まずラブホテルの料金は2名1室を基本としています。1室を2名で利用することが基本となっているのです。そもそもカップルが利用することを前提としたサービスとなっているため、2名で1室を使うことになります。もちろん、1名で入室することも可能なのですが、基本は2名で入ることになります。基本料金は1名で入っても、2名で入っても同じです。

料金設定は曜日ごとに異なることが多い

ラブホテルの料金設定は曜日ごとに異なっているパターンが多いです。これは曜日によって利用者数に違いが生じるからです。たとえば土日には多くの方が利用することが多いでしょう。逆に平日に利用する方はあまり多くありません。ただし、金曜日にはたくさんの人が利用することがあります。利用者の多い曜日には料金も高くなる傾向があります。

部屋にはランクがありランクごとに料金が異なる

同じラブホテルの中に異なるランクの部屋が用意されていることが多いです。いろいろなタイプの部屋があるのです。ランクによって当然料金は異なっています。上のランクの部屋であれば、部屋の中が広かったり、設備が充実しているのですが料金が高くなってしまいます。逆に下のランクの部屋の場合は最低限の設備しか整っておらず、料金は安くなっているため気軽に利用できるのです。

休憩・宿泊・フリータイムなど利用時間の設定がある

利用時間によってもラブホテルの料金は異なっています。基本となっているのは休憩です。これは2時間や3時間の設定となっていることが多いです。宿泊の場合は夜から次の日の朝まで長時間利用することができます。さらにはフリータイムというものも用意されています。

支払いは後払いと前払いの2タイプがある

支払い方法については後払いと前払いの2タイプが存在しています。後払いの場合はチェックアウトの際に料金を支払うことになります。この場合は延長料金も含めて合計の料金を一度に支払うことになります。前払いの場合は、2時間や3時間の料金を支払うことになり、延長したのであればそれはチェックアウトの際に延長料金を支払うことになります。

ラブホテルの種類

ラブホテルといってもいろいろな種類が存在しています。どのような種類があるのか紹介しましょう。

ビル型

まずビル型です。こちらはよくあるタイプのラブホテルとなっています。普通のホテルと同じような外観をしていることが多いです。中にはエレベーターが設置されており、たくさんの部屋があります。

ワンルームワンガレージ型

それぞれの部屋につき建物が独立しているタイプがあります。こちらは地方によくあります。車をガレージに停めることができるのです。他のお客さんと顔を合わせる心配はありません。

戸建て型

こちらは1棟ごとに独立しているホテルのことです。こちらはワンルームワンガレージ型とあまり違いはありません。自動精算機が用意されていることが多く、誰にも顔を合わせずに利用することができます。

ラブホテルの入室方法


実際にラブホテルへの入室をするための方法について紹介しましょう。主に2種類の方法があります。

ビル型:エントランスから入店

ビル型の場合は普通のホテルと同じようにして入店すれば良いでしょう。エントランスに入って、そこには受付があります。いろいろなタイプの部屋があるため、その中からどこに入りたいのかを選びましょう。料金を支払って鍵を受け取ります。

ワンルームワンガレージ型・戸建て型:駐車場からそのまま部屋に

ワンルームワンガレージ型や戸建て型の場合は受付はありません。駐車場からすぐに部屋に入ることができるのです。自動精算機が設置されていることが多いため、そこで受付を済ませるのです。

ラブホテルの設備

ラブホテルにはいろいろな設備が整っています。部屋の中にどのような設備があるのかを紹介しましょう。

ベッドまわり:お姫様タイプや回転するタイプなど

ラブホテルは普通のホテルとは異なりベッドまわりが充実しています。たとえばまるでお姫様のような豪華なベッドになっていたり、回転するタイプのベッドもあります。

バスルーム関連:ジャグジーやサウナがついたタイプも

バスルームもラブホテルは充実しています。たとえばジャグジーがついていたり、サウナが設置されているところもあります。

エンタメ関連:カラオケやゲームが楽しめる

ラブホテルではカップルが楽しめるような要素がたくさん用意されています。たとえばカラオケがあったり、ゲームを楽しめるようなホテルもあるのです。単にカップルがエッチをするだけの場所ではないのです。

アメニティ:歯ブラシや基礎化粧品など

アメニティも充実しているでしょう。たとえば歯ブラシが用意されていたり、基礎化粧品まであるのです。そのため、女性はメイクをしっかりと整えたり、ヘアスタイルを整えることができます。

その他:マッサージチェアや持ち込み用の冷蔵庫など

その他に用意されている設備としては、マッサージチェアがあったり、食料を持ち込むための冷蔵庫があったりします。

ラブホに行く前の注意点

これからラブホに行きたいという方はさまざまな注意点があります。気をつけておくべきことがたくさんあります。どういった点に注意をしておくべきか教えましょう。

お互いに同意のうえ行くこと

ラブホテルはカップルがお互いに同意をしたうえで行くべきです。そうしないとトラブルが発生してしまう可能性があります。たとえば相手がお酒に酔っているからといって、無理やり連れて行くようなことをするのはルール違反ですし、場合によっては犯罪となる可能性もあります。カップルの場合、そんなことにはならないとは思いますが、お互いの意思を理解したうえで利用するようにしましょう。

チェックアウトの時間をすぎると延滞料がかかる

ラブホテルは事前に滞在時間が決まっているタイプが多いです。チェックアウトの時間が決まっているため、それまでに受付に鍵を返したり、部屋を出なければいけません。もし時間をオーバーしてしまうと延滞料がかかってしまうでしょう。延滞料は高めに設定されていることが多いです。余裕を持って部屋を出るべきでしょう。時間は常に確認しておくべきなのです。

部屋の鍵はちゃんとしめること

ラブホテルの部屋の鍵はきちんとしめておきましょう。部屋の中に入ったら内側からしっかりと鍵をかけておきましょう。鍵をかけておかないと誰かが入ってきてしまうかもしれません。この点については用心をしておくべきでしょう。通常のホテルの場合、オートロックになっている場合が多いため、つい忘れてしまうこともあるかもしれません。相手がしめてくれたと考えてしまうこともありますし、なるべく自分で確認するようにしておきましょう。

料金システムをしっかりチェックすること

ラブホテルはそれぞれ料金システムはまったく異なっています。そのため、自分でしっかりとチェックすることが大切です。料金システムのことをきちんと理解しておきましょう。たとえばラブホテルはホームページを開設していることが多いです。そちらでは料金システムが分かりやすく紹介されているはずです。それはとても参考になるでしょう。

コンドームは持参した方が安心

ラブホテルは通常、部屋の中にコンドームが置いてあるものです。しかし、コンドームというのは一応持参をしておいた方が良いでしょう。その方が安心できますよね。部屋の中にあるコンドームというのは古いものが置かれている可能性があります。あるいは誰かがいたずらをしている可能性もあります。基本は彼氏がきちんと持ってきていることがベストですよね。

入り口には監視カメラはあると思って

多くのラブホテルでは入り口にしっかりと監視カメラが設置されています。そのため、ラブホテルに入ったからといってテンションが高くなってしまい、はしたないことをするべきではありません。誰かに見られている可能性があることをしっかりと考えておくべきでしょう。

まとめ

ラブホテルに初めて行く方のために基本的な情報についてまとめました。こちらを参考にしておけば、これからラブホテルに行く際に困ってしまうことはないでしょう。安心してラブホテルを利用することができるはずです。