痛いのとは「サヨナラ」!イヤリングを快適に楽しむ付け方

《イヤリング》が痛くなるのを解決したい…

耳たぶが痛くなりがちなイヤリング

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

ピアスを開けていない人でも耳元のおしゃれを楽しめるイヤリング。いろいろなデザインのイヤリングがありますが、せっかくお気に入りのものを見つけてもつけているときに耳たぶが痛くなったら悲しいですよね。

イヤリングはしっかりと固定をするために耳たぶに負担がかかるので、長時間つけていると痛くなりがち。痛くなるのがいやで次第にイヤリングをつけなくなってしまった、ということもあるのではないでしょうか。

ポイントをおさえて快適におしゃれを楽しもう

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

もし、イヤリングで耳たぶが痛くなった時は対処法を取り入れていきましょう。痛くならないポイントを知っておくことで、快適にイヤリングのおしゃれを楽しめます。お気に入りのイヤリングを長く活用できるように工夫してみてくださいね。

耳たぶの付け根につける

場所によって感じる痛みの度合いが異なる

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

耳たぶと一口に言っても、イヤリングをつける場所によって感じる痛みが異なると言われています。イヤリングをつけたときに耳たぶが痛くなる場合は、痛くなる場所につけている可能性があります。

耳たぶの付け根寄りだと痛みが少ない

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

痛くならないようにイヤリングをつけるのにおすすめなのが、耳たぶの付け根寄りの場所です。この辺りだと痛みを感じにくいと言われているので、つけてみてはいかがですか。ただし個人によって感じ方が違うかもしれないので、いろいろな位置を試してみましょう。

ネジバネ式タイプを使う

耳たぶの厚さに合わせて調整できる

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

痛くならないイヤリングのデザインとして最適と言われているのがネジネバ式。このタイプのイヤリングは耳たぶの厚さに合わせて調整をすることができるので、耳たぶを圧迫して痛くなるのを防ぐことができます。新しくイヤリングを選ぶ時は、ネジネバ式になっているかどうかを確認してみてはいかがですか。

シリコンカバーで耳たぶを保護

耳たぶにキャッチの部分が食い込むと痛い

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

ネジネバ式であっても、イヤリングが落ちるのを防ぐために耳たぶにきっちりと固定をすると痛くなる場合がありますよね。キャッチの部分が耳たぶに食い込むために痛みが出てくると考えられます。そんな時は、キャッチと耳たぶの間に緩衝材代わりになるものをつけるのがおすすめ。

シリコンカバーを使えば負担を軽減

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

キャッチが食い込むのを防ぐのに適しているのが、イヤリング用のシリコンカバー。キャッチの部分にシリコンカバーをつけておけば、耳たぶに食い込んで痛くなるのを防げます。どのタイプのイヤリングでも痛くなってしまう、という場合はシリコンカバーを準備して対策してみてはいかがですか。

ノンホールピアスにしてみる

痛みを感じにくいノンホールピアス

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

つけやすく、軽いのが特徴的なノンホールピアスも耳たぶが痛くなりがちな方たちから人気を集めています。一般的に痛みを感じにくいデザインが多いので、気軽に耳元のおしゃれを楽しみたいときに良さそうですね。

金属アレルギーの方にも

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

ノンホールピアスは金属を使用していないタイプが多いので、金属アレルギーの方でも使えるデザインがそろっています。そういった場合にもノンホールピアスをチェックしてみましょう。

ストレスフリーにイヤリングを楽しもう

イヤリングで耳たぶが痛くなる時は、つける位置やデザインを変えてみましょう。シリコンカバーをプラスするなど、快適につけられるように工夫してみてくださいね。

- 1 / 1ページ -