安眠できるパジャマ11選!選び方とパジャマで眠りの質が上がる理由

安眠のために寝具にこだわるのはひとつの工夫です。しかし、ベッドや布団、枕だけを工夫しても安眠出来ない場合があります。そんな時はパジャマにこだわってみてはいかがでしょうか。たかがパジャマと侮ってはいけません。パジャマの選び方で睡眠の質が異なってくるのです。今回は安眠のためにどのようなパジャマが良いのかを紹介します。

パジャマで睡眠の質が変わる?

パジャマは寝る時だけに着るものだからと言って、適当に選んでいませんか?パジャマの選び方で睡眠の質が変わると言っても過言ではありません。こちらでは、どのようなことが関わってくるのかを集めてみました。

Tシャツ・短パンやスウェットでは安眠できない

就寝時にしっかりとパジャマを着る人はどの程度いるのでしょうか。中にはTシャツに短パンやスウェットで寝ている人もいるのではないでしょうか。もし、そういった人たちが安眠できないのであれば、就寝時に着ているものが原因の場合があります。

安眠するためにはパジャマが最適

安眠のために、なぜパジャマが最適なのかと言うと、眠っている時にかく汗が大きく影響してきます。これは夏場でも冬場でも同じです。人間は眠っている時には汗をかきやすい特徴があります。パジャマは汗を吸収しやすいものもあり「眠る」ということに特化した服なのです。

パジャマで寝ると安眠出来る理由とは?

パジャマは就寝時に邪魔にならないような作りになっています。例えば肌触りの良いパジャマは寝ている時に寝がえりを打っても窮屈さを感じさせません。リラックスして眠れるように作られているので、パジャマで寝ると安眠出来ると言われています。

締め付けが少ないのでリラックスできる

パジャマは身体を締め付けない作りになっています。そのため、普段の服と同じサイズを購入しても少しだけゆとりがあることに気づいているでしょうか? 締め付けずにゆったりと眠れることで睡眠の質を高め、更に睡眠を阻害しないようになっているのです。

通気性が良いので寝ている時の不快な気持ちがない

パジャマの特徴として、基本的に通気性の良いものがほとんどです。元々パジャマは就寝時の汗などで風邪をひかないように通気性の良いものになっています。近年は更に改良されて、値段は若干高いけれど通気性に特化したパジャマもあるようです。

吸水性があるので嫌な汗で起きる事がない

先述したように、就寝時には汗をかきます。パジャマは吸水性が高いものになっているため、嫌な汗で睡眠を邪魔されることはありません。逆に吸水性がないと、夏場などべたっとした汗で目が覚めてしまうだけではなく、暑さが気になって眠れなくなるという人もいるのではないでしょうか。

寝返りなどの摩擦を感じ難い

眠ることに特化した服なので、寝返りを打っても服と肌の摩擦を感じにくい仕様になっています。肌と衣類の摩擦は馬鹿に出来ず、肌が弱い人はすぐに影響が出てしまうこともあるようです。肌が弱い人こそ、きちんとパジャマを着て就寝するようにしましょう。

ゆったりとしたデザインなので血行が良くなる

先述したように、パジャマは基本的にゆったりとしたデザインです。そのため、締め付けがなく、血行が良くなります。オシャレな服などは可愛いのですが身体を締め付けるデザインが多い傾向にあります。Tシャツなども同じであり、パジャマのTシャツと一般のTシャツでは同じように見えても機能性の部分で違ってくるのです。

損をしないパジャマの上手な選び方

こちらでは、安眠出来る損のないパジャマの選び方を集めてみました。今までパジャマを着て寝ていなかった人は選び方に悩む人もいるでしょう。選び方に悩んだ時は参考にしてみてはいかがでしょうか。

お肌が弱い方はオーガニックコットンのパジャマを選ぶ

パジャマにはさまざまなタイプがあります。特に問題がない人は、普通のパジャマでも問題ありません。しかし、肌が弱い人はオーガニックコットンなど、肌に優しい素材を使ったパジャマを選びましょう。オーガニックコットンのパジャマは肌との摩擦も最低限なのでオススメです。

汗っかきの人は通気性の高いパジャマを選ぶ

就寝時に汗をよくかく人は、通気性の高いパジャマを選びましょう。夏場など暑さが出てくる頃に、特に高い通気性を持つパジャマが売り出されます。汗っかきの人は通気性と吸収性に長けたパジャマを選びましょう。

シルクなど手触りの良い素材を選ぶ

安眠するためにはどれだけリラックスして眠れるかが鍵となっています。そのため、シルクなどの手触りの良い素材を選んでみてはいかがでしょうか。手触りの良い素材を選ぶことで、より質の高い睡眠へと誘ってくれます。

お肌に優しいオーガニックコットンのパジャマ

先述したように、肌が弱い人はオーガニックコットンのパジャマがオススメです。こちらでは、どのようなパジャマがあるのかを集めてみました。

パジャマ工房 オーガニックコットンパジャマ

(パジャマ工房) パジャマ レディース 長袖 前開き オーガニックコットン 接結ニット[1203] Lネイビー

薄い生地を二重にして空気を編み込んだような素材のオーガニックコットンは身体を優しく包んでくれます。驚くほど柔らかい生地は敏感肌の人にも愛用されていて、上質な眠りに導いてくれます。

パジャマ工房 オーガニックコットン

(パジャマ工房) オーガニックコットン 天竺ニット 男女兼用 長袖パジャマ[0303] Mレッド

さらりとした肌触りのオーガニックコットンパジャマです。ボタンのないタイプなので、ボタンが触れる刺激で肌に影響が出てしまう人にオススメしたいパジャマです。シンプルなデザインなので、年代を選ばず、幅広い世代に愛されています。

GUNZE(グンゼ) NATURAL HERBレディースパジャマ

(グンゼ) GUNZE NATURAL HERBレディースパジャマ(オーガニックコットン) 長袖長パンツ(Wガーゼ) TH4046 33 キナリ L

肌着などで有名なグンゼのオーガニックコットンパジャマです。可能な限り化学薬品を使わずに作られたオーガニックコットンはたっぷりと空気を含んでいるので、窮屈さなども感じさせません。上質な眠りを求めている人にこそオススメしたいパジャマです。

通気性の良いパジャマ

夏場などは通気性の良いパジャマが好まれます。こちらでは、特に通気性が高いパジャマを集めてみました。

アイボレオ(Aibrou)レディースパジャマ

アイボレオ(Aibrou)パジャマ レディース 半袖 吸湿・通気・速乾 ルームウェア 上下セット 部屋着 便利服 パジャマセット ナイトウェア 半袖シャツ+ロングパンツ ネイビー S

アイボレオのパジャマは吸湿、通気性が高いため汗をかいてもすぐに吸収してくれます。普段から汗っかきの人に最適なパジャマです。スタイリッシュながらもシンプルなデザインが特に人気です。

ELXIA シルク パジャマ

シルク パジャマ レディース 光沢あり 心地よい肌さわり 通気性 上下セット ルームウェア エレガント 寝巻き 部屋着 (XL, ピンク) おまけ付き

シルク80%で作られているため、上品な光沢感と共に通気性も高いパジャマになっています。シルクなので肌に引っかかりません。そのため寝返りを打つ時も睡眠を妨げないので安眠したい人に最適です。

SISOFTLY 長袖 綿100 パジャマ

レディーズ パジャマ 長袖 100% 綿 上下セット ガーゼ 前開き 無地前開き 春 夏 秋用 長袖 究極快適“ノビィ”ストレッチ2重ガーゼ セット レディーズ パジャマ 前開き ガーゼ 2点セット (M, 灰色)

ガーゼ素材で肌触りが良いのが特徴的なパジャマです。ガーゼ素材なので吸水性や通気性がよく、汗をかいてもさらっとした肌触りが心地よいものです。夏場は涼しく、冬場は温かく感じるので1年中使っていられるお得感満載のパジャマです。

cecile(セシール)綿100% 2重ガーゼ レディーズ パジャマ

(セシール) cecile 人気のチェック柄シャツパジャマ(綿100%)(二重ガーゼ) NW-205 740 チェックF 5L

ガーゼを2枚重ねて作られたパジャマなので、1年中使えるものです。表と裏の柄が違うので、ちょっとしたオシャレさも女性の心をくすぐってきます。肌への刺激を最低限に考えられているため、袖口などにもカフスはありません。だからこそ、違和感なく着られるのかもしれません。

CMG (コモグッド) 綿100 二重 ガーゼ レディースパジャマ

CMG (コモグッド) パジャマ レディース 長袖 綿100 上下 セット 前開き 二重 ガーゼ M ピンク PJ011

アトピーや乾燥肌の人におすすめされているパジャマです。保温性も高く、就寝時の体温をしっかりと保ってくれるので寝苦しさを感じさせません。袖口もゆったりとしているので締め付けがなく快適な睡眠をもたらしてくれます。

肌触りがとてもよい安眠パジャマ

こちらでは、肌触りが良い安眠パジャマを集めてみました。男性もですが、女性は肌触りの良いパジャマを求める傾向があります。そんな時は、これから紹介するパジャマを検討してみてはいかがでしょうか。

Luuhann シルク パジャマ

シルク パジャマ レディース 夏 上下セット 半袖ルームウェア 寝間着サテンパジャマ 肌に優しい部屋着 便利服 Luuhann (M, ネイビー)

シルクとポリエステルで作られたパジャマです。第二の肌と呼ばれるシルクに包まれる感触は、一度味わったら忘れられません!吸収性に優れていますので、色合い的にも夏にぴったりのルームウェアになります。

Luuhann ルームウェア

シルク パジャマ レディース 光沢があり心地よい肌さわり 長袖 上下セット ルームウェア Luuhann (L, ブルー)

肌触りが良いと言えば、やはりシルクでしょう。サラサラが持続するため、夏場でもムレません。寝返りを打つ時も低摩擦なので肌に負担がかからないのが特徴です。ただ、シルクは少しだけ洗濯に悩まされるのが唯一のデメリットでしょう。それ以外は最高と言っても過言ではないようです。

J-dragon(ジェイ・ドラゴン) シルク パジャマ 上下セット

シルク パジャマ レディース 夏 光沢があり心地よい肌さわり 上下セット ルームウェア J-dragon (M, パールホワイト)

シルクと混紡で作られたパジャマです。これは第二の肌とも言われるものであり、肌とのゼロ距離感を味わえる快適なパジャマです。通気性が悪いと勘違いする人もいますが、通気性は良く、汗っかきの人にもオススメしたいパジャマです。

パジャマを選ぶ際の注意点

こちらでは、パジャマを選ぶ時の注意点を集めてみました。これからパジャマを選ぶ人は、色々と注意しながら自分の安眠出来るパジャマを選びましょう。

目が疲れるような派手な色のパジャマは避ける

パジャマは基本的に目を疲れさせないシンプルなカラーを選びましょう。赤やピンクなどは可愛いけれど、目が疲れてしまうので安眠には向いていないのです。

デザインがよくても眠りを妨げるパジャマは避ける

デザインが良くても、身体を締め付けるタイプなど眠りを妨げるものは控えましょう。パジャマの理想はゆったりとしているものです。窮屈なものは安眠を妨害してくるので気をつけてください。

素材の悪いパジャマは避ける

寝るだけだし、と安価なパジャマを選ぶ人もいます。金銭的な負担は少ないかもしれませんが、安眠出来ない可能性の方が高いのです。金額がそれなりということは、素材も良い物を使っているということです。だからこそ、安眠のためにはちょっと贅沢仕様なパジャマを選びましょう。

まとめ

安眠のために良いパジャマは欠かせません。今まで深く考えていなかった人は、これからパジャマを選ぶ時には注意点などに気をつけながら選びましょう。良いパジャマが質の高い睡眠に誘ってくれるのです。