いびきの原因は枕!?いびき解消に向いている枕7選

“疲れが溜まっている時など、普段はいびきをかかない人もいびきをすることがあります。いびきは体質的なものと考えている人もいますが、先述したように疲労やストレスが溜まっている場合なども起こります。しかし、いびきは枕で解消出来るということを知っていますか? 今回はどのような枕を使えばいびきが解消されるのかを紹介します。

枕でいびきが解消できる理由

パートナーと一緒に眠っていても、いびきが原因で目が覚めてしまう人もいるのではないでしょうか。いびきは周囲だけに影響があるものであり、本人はいびきをかいていることさえ気づいていません。しかし「いびきがうるさい」と言うと、お互いの関係に傷が入りそうだと考える人もいるでしょう。そんな時は、枕を買い替えて相手のいびきを解消するという方法もあります。

いびきの原因は気道が閉じること

いびきの原因は気道が閉じてしまうことにあります。これは、その人に合った枕を使うことで気道が閉じてしまうことを改善出来るのです。そのため、枕によっていびきを解消出来ると言われています。

枕の高さで気道が開く

枕の高さが合っていなくても気道が開いてしまうため、いびきの原因になると言われています。実は枕は高すぎても低すぎてもいびきの原因になってしまうと言われています。いびきを改善するために、整形外科医で専用の枕を買う人もいます。しかし、数万円するためなかなか手が出ない人も多いでしょう。

いびきが出にくくなる枕のタイプ

先述したように、いびきが出にくくなる枕を整形外科で作ってもらえると記載しました。しかし、これは特別な枕を使うのではなく「その人に合った枕」を特注で作るだけなのです。そのため「いびきが改善される枕」は確かにありますが、自分の身体に合わせる方法を探した方がリーズナブルかもしれません。

気道の開きやすい形状の枕

太り気味の人、首周りに脂肪がついている人は低めの枕でフラットな寝姿勢にしましょう。顔面が5度の傾きを理想の寝姿勢にしていますが、太っている人は顔の傾きを0度にすることで呼吸をしやすいと言われています。インターネットなどにはさまざまな情報がありますが、自分の体型などと照らし合わせた情報を集めましょう。

横向きにも対応している枕

枕にはさまざまなものがあります。寝る姿というのは、人によって異なります。仰向けで寝る人もいれば、横を向いて眠る人もいるからです。いびきをかきにくい枕として、横向きにも対応している枕を探しましょう。

気道の開きやすい形状の枕

こちらでは、気道の開きやすい形状の枕を集めてみました。どんなものがいいのかをじっくりと検討してみましょう。

MOFIR 枕 低反発

MOFIR 枕 低反発 まくら マクラ 首・頭・肩をやさしく支える 健康枕 ヘルスケア枕 人間工学設計 いびき防止 頭痛改善 肩こり対策 安眠 快眠 仰向き横向き対応 洗える ピロー

こちらの枕は低反発というだけではなく、首を置く位置がしっかりと作られているので仰向けと横向きの両方に対応しています。首への圧迫感を軽減して、寝返りもスムーズに行えるため、身体への負担が最低限で済みます。もちろん、気道を開きやすい作りになっているので、呼吸も楽なのでいびき改善に効果的です。

Sepoveda 低反発まくら

Sepoveda 低反発まくら ピロー マッサージ枕 首・頭・肩をやさしく支える健康枕 頸椎サポート いびき防止 肩こり対策 頭痛 改善 安眠 通気性抜群 洗える

こちらの枕は低反発で頸椎サポートをして、いびきを防いでくれる枕です。他にも肩こりや頭痛改善にも役立つ作りになっていて、しっかりと安眠に導いてくれます。

VADUUU 安眠枕

VADUUU 枕 安眠枕 人気の肩こり対策まくら 快眠 高反発枕 いびき防止 頚椎サポート 高級ホテル仕様 家族のプレゼント おすすめ 43x63cm(ホワイト)

高級ホテル仕様の枕で、いびき防止や肩こり、頭痛防止の効果も期待出来るようです。主にプレゼントとして購入する人が多いのですが、いびき改善に悩んだ人も購入する傾向があります。程よい弾力があるので、しっかりと身体を休められるのも特徴のひとつです。

横向き専用の枕

こちらでは、横向き専用の枕を集めてみました。寝方にはさまざまなものがあり、中には横向きでしか眠れないと言う人もいます。横向き専用の枕はそういった人たちにオススメしたいものです。

スージーAS快眠枕 ロータイプ

スージーAS快眠枕 ロータイプ 【いびき防止 横向き 横寝 いびき枕 ストレートネック】

横向き専用ということで、一般の枕とは少し変わった形状をしています。名前が「快眠枕」というだけあって、質の良い眠りのためにさまざまな工夫が凝らされているのも特徴のひとつです。枕が合わずに、寝起きが悪かった人にも好評のようです。

YOKONE2

YOKONE2 ヨコネ2 横向き寝まくら ソフト ハード (ソフト)

妊婦や腰痛持ちの人は仰向けで眠れません。そういう人にとって、このYOKONE2はとても重宝されるのです。その理由として、頭と首、肩。腕の4点を支える特許技術を駆使した枕だからです。

AYO 枕 低反発 まくら

AYO 枕 低反発 まくら 快眠枕 いびき防止 首・頭・肩をやさしく支える健康枕 頭痛改善 肩こり対策 安眠 快眠 仰向き横向き対応 洗える ピロー

こちらは頭の置く位置が決まっているので、頭や首がしっかりと固定されて、理想的な状態で眠ることのできる枕です。「呼吸がしやすい」「いびき防止」「首がラク」「肩こり改善」「寝姿勢が良くなる」と、5つの良さが安眠へと導いてくれます。

MyeFoam 新世代 枕

MyeFoam 新世代 枕 低反発 枕 肩こり 枕 安眠 人気 安眠枕 横向き寝 頚椎安定 呼吸が楽 通気性抜群 洗える 抗菌 防臭

こちらの枕は人間工学睡眠学に基づいたヘルスケア枕と言われています。人間工学を用いた枕なので最初は不慣れな部分も出てくるのですが、数日使ううちにぴったりとフィットして心地よい眠りに誘ってくれます。その技術によっていびき改善にも役立っているのです。

枕以外のいびき対策で意識すること!これもいびきの原因!

こちらでは、枕以外のいびき対策について集めてみました。意外な原因でいびきが出てしまっている場合もあるので参考にしてみてください。

肥満がいびきの最も多い原因と言われている

いびきの原因で、もっとも多いのが肥満です。太っている人は基本的にいびきをかきやすいのです。その理由は肥満が原因で気道が閉じてしまうからでしょう。

ストレスや生活習慣の乱れも影響

ストレスや生活習慣の乱れも影響していびきを出してしまうと言われています。特に仕事が忙しくてストレスや生活の乱れに心当たりがある人は、少しでも改善出来るようにしてみてください。仕事が忙しくて生活リズムを元に戻せないのであれば、少しでもストレス解消になることをしてください。そうすることで、いびきも若干改善される可能性はあるのです。

鼻づまり

風邪や花粉症で鼻詰まりを起こしている時も、いびきをかきやすいと言います。その理由は鼻詰まりを起こしているため、呼吸が口からしか行えないからです。風邪などを引いている場合は、しっかり治るまでいびきが出てしまうのは覚悟しておきましょう。

まとめ

いびきは本人ではなく、周囲に影響を与えます。自分が気づかないところで誰かに不快な思いをさせているのは本人にとっても、周囲にとっても良くありません。そのため、しっかりと改善出来るのであれば前向きに検討した方がいいでしょう。いびき改善用の枕などはやや割高なのですが、それで改善出来るなら決して損はないと思われます。ホームセンターなどで販売していることもあるので、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。