女性 枕

快眠できる枕はこれだ!おすすめアイテム10選

自分に合った枕を選ぶと言っても、どのように選べばいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。今回は自分に合う枕の選び方のポイントやオススメの枕について紹介します。

自分に合った枕を探すための4つのポイント

基本的に自分に合う枕を探すには、4つのポイントがあると言われています。こちらでは、どのようなポイントがあるのかを集めてみたので、枕探しの参考にしてみてください。

頭・首・ベッドの間がしっかり埋まり自然な姿勢になること

頭、首、ベッドの間がしっかりと埋まって自然な姿勢になることが自分に合っている枕のポイントです。販売店などでは、なかなか寝て試すことが出来ないので低反発枕など、しっかりフィット感を出してくれる枕を選んでみてはいかがでしょうか。

横を向いても背骨が曲がらないこと

自分に合っていない枕を選んだ場合、横を向くと背骨が曲がってしまいます。この状態のまま寝てしまうと、身体に悪影響を及ぼすので、横向きに寝ても背骨が直線になる高さの枕を選びましょう。

自分の理想の固さであること

枕にはさまざまな硬さがあります。枕を選ぶ時は高さだけではなく、自分の理想の固さであるかも判断材料のひとつにしましょう。例えば、体重が重い人にとっては低反発枕は向きません。この場合、高反発枕の方が良いと言われています。自分の体型などもしっかり踏まえた上で枕選びを行いましょう。

肌ざわりに違和感のない素材であること

寝ている時に肌触りが気になる枕もあります。いくら高さなどが合っていても、肌触りが気になるのであれば自分に合った枕とは言えません。オーガニックコットンなど、さまざまな素材で作られている枕があるので、豊富に取り揃えているところでひとつひとつ感触を確かめてみることをオススメします。

枕の素材は大枠4種類

枕の素材の大枠は約4種類と言われています。それぞれの素材に適した人がいるので、自分が求めているものを今一度考え直して枕選びをしましょう。

頭をしっかり支える枕が欲しいなら低反発ウレタン枕を選ぶ

頭をしっかり支えてくれる枕を求めている場合、低反発ウレタン枕を選びましょう。ウレタンは洗濯することが出来ないのでケアが少々面倒な部分もありますが、安眠を求めている人にとってウレタン枕は必須と言っても過言ではないようです。

寝返りを多くするのなら高反発枕を選ぶ

眠っている時は判断に困るかもしれませんが、眠りにつく前などにも寝返りが多い人は眠っている時にも複数回の寝がえりを打っている可能性が高いです。そんな人には、高反発枕がオススメです。高反発枕でしっかり頭を支えて就寝することで身体への負担も軽減されます。

とにかく柔らかい枕が欲しいなら羽毛枕を選ぶ

硬い枕では眠れないと言う人もいます。とにかく柔らかさを追求するのであれば、羽毛枕が良いです。ただ、羽毛の種類によっては枕カバーを突き抜けて頬に軽く当たってしまうなどもあります。羽毛枕を購入する場合は、中身である羽毛にもこだわる方がいいかもしれません。

洗濯できるポリエステルわた枕を選ぶ

手軽に洗濯出来る枕を求めている場合は、ポリエステルわた枕がオススメです。一般家庭で多く用いられているのはポリエステルわた枕になります。手軽さとリーズナブルさから愛用している人が多い傾向にあります。

低反発ウレタンのおすすめ枕

こちらでは、低反発ウレタン枕のオススメ商品を集めてみました。低反発ウレタン枕に決めている人は、紹介するものから選んでみてもいいかもしれません。

トゥルームーンピロー

「枕」を越える「枕」【トゥルームーンピロー】ジェルと低反発ウレタンの融合 新感覚 枕難民のため 肩こり いびき軽減 ソフトタイプ 体圧分散 抜群のホールド感 ハイブリット まくら モダール生地 1年保証付き 43×63cm

トゥルームーンピローは、ジェルと低反発ウレタンの融合商品です。今までにない感覚なので、クセになって愛用している人も少なくありません。まるでウォーターベッドのようななめらかさを持っているため、ゆっくり眠れるだけではなく、しっかりと頭を沈んで包んでくれます。

MOFIR 低反発 まくら

MOFIR 枕 低反発 まくら マクラ 首・頭・肩をやさしく支える 健康枕 ヘルスケア枕 人間工学設計 いびき防止 頭痛改善 肩こり対策 安眠 快眠 仰向き横向き対応 洗える ピロー

こちらは独特なフォルムを持つ低反発枕ですが、頭を置く位置がしっかりしているので比較的使いやすい傾向があります。初めて低反発ウレタン枕を選ぶのであれば、こういったものがオススメです。仰向き寝だけではなく、横向き寝にも対応しているのでオススメです。

高反発のおすすめ枕

こちらでは高反発枕のオススメ商品を集めてみました。まるでホテルで眠っているような感覚に陥るようなものばかりなので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

MEXERRIS 安眠枕

枕 安眠 人気 肩こり対策 MEXERRIS 安眠枕 快眠枕 健康枕 いびき防止 高反発 防湿 通気 抗菌 洗える枕 ふんわり 柔らか 横向き対応 高級ホテル仕様 立体構造 丸洗い可能 高さ調節可能 ホワイト

軽さと耐久性を備えた枕であり、桃の皮のようなしなやかさも併せ持っています。手触りはなめらかでありながら、しっとりとした高級感を感じさせてくれます。眠ることが楽しみになるような枕なのでオススメです。

IKSTAR 高反発 ホテル仕様快眠枕

IKSTAR 人気安眠枕 洗える快眠枕 高反発 ホテル仕様 肩こり対策 いびき防止 頚椎サポート 横向き対応 高さ調節可 丸洗い可能 立体構造 ピロー 44x67cm ホワイト 【メーカー直営・1年保証付】

基本的に高反発枕はホテル仕様になっているものが多くあります。この枕の特徴として、丸洗いが出来るというものです。睡眠に対して高い機能を持ち合わせていながら、洗濯も気軽に出来るという部分もあるので人気を集めています。

羽毛のおすすめ枕

こちらでは、オススメの羽毛枕を集めてみました。柔らかさを追求したい人にオススメの枕を集めてみました。ぜひ参考にしてみてください。

bedkids ホテル仕様 羽毛枕

【日本製】 ホワイトダウン90% ホテル仕様 羽毛枕 50×70cm

シンプルな枕ですが、ホワイトダウン90%のホテル仕様になっています。ホテルに置かれている枕など、柔らかくて自宅でもこの柔らかさを味わいたいと思う人もいるでしょう。そんな人に、このホテル仕様羽毛枕はオススメです。

マクラ職人ホーフマンさん高級羽毛マクラ80x40cm

【安心・安全のドイツ製安眠枕】マクラ職人ホーフマンさん製造 夏は涼しく冬は暖かいやわらか出来たてほやほや高級羽毛マクラ80x40cm 寝返り自由 世界で最も厳格なエコロジー認証付きの洗えるマクラ 最高級王室御用達ロイヤルプスタのダウンとフェザー(両方とも最高級クラス)使用! EU基準の鳥類愛護製品 肌にやさしいアレルギー予防・防ダニ もれなくマクラカバープレゼント中(1500円相当)やわらかいマクラがお好きな方のために5年間保証付

こちらはドイツ製の枕であり、枕職人のホーフマンさんが作ったものです。夏は涼しく、冬は温かいという羽毛特有の特徴を持っていて、王室御用達というフレーズもあり、なかなか心をくすぐる文言が多くあります。愛用者の評価も高く、羽毛枕を求めている人は一度買ってみてほしい枕です。

ポリエステルわたのおすすめ枕

こちらでは、ポリエステルわたのオススメ枕を集めてみました。ポリエステル枕と言っても、さまざまなものがあるのでぜひ比較してみてください。

エムール ポリエステルわた枕

エムール ポリエステルわた枕 43×63cm 高さ3~4cm 日本製

エムールは良いデザイン、良い品質、リーズナブルな価格という購入者目線のコンセプトを持つ企業です。そのため、ポリエステルわた枕も弾力がありながら、適度なボリューム感も持っています。やや低めの枕になっているので、高い枕が合わなかった人にオススメです。

東京西川 枕 Sサイズ EHA0401007P

東京西川 枕 Sサイズ やわらかフィット 洗える 簡単高さチェンジ ポリエステルわた スリープフィットネス ピンク EHA0401007P

こちらはポリエステルわた枕ですが、柔らかさとフィット感を併せ持つ枕になっています。後頭部側と首側の高さが異なるので、どちらにも適度な高さが提供されているのです。寝返りもスムーズに行える設計になっているという嬉しい仕様になっています。

【番外編】高さ調整ができるおすすめ枕

こちらでは、高さ調節が出来るオススメ枕を集めてみました。高さが調節出来るということは、その人にジャストな高さの枕になるということです。自分の頭に合う枕で完璧さを求めているのであれば、高さ調節が可能な枕がいいかもしれません。

HOMTOYOU 高さ調節可能 快眠枕

枕 安眠 人気 肩こり対策 マクラ 高反発枕 快眠枕 首・頭・肩をやさしく支える健康枕 高さ調節可能 防ダニ 丸洗い可能 いびき防止 仰向き横向き対応 男女兼用 高級ホテル仕様マクラ 43x63cm (ホワイト)

枕の側面にファスナーがあるので、中身の出し入れが可能です。それによって自分で高さを調節することが出来るのでぜひ快適な睡眠のために、自分だけの高さに調節してみましょう。

YANX 高さ調節 快眠枕

YANX 枕 安眠 高反発枕 良い通気性 人気枕 頚椎サポート 高さ調節 快眠枕 丸洗い可能 「中空繊維」43x63CM

こちらもファスナーがあるので、中身の出し入れで自由に高さ調節が出来ます。中綿も羽毛のように軽くてふわふわな中空繊維を使用しています。羽毛のような弾力性もありながら通気性や発散性、吸湿性なども優れているので快適な眠りに誘ってくれます。

まとめ

簡単に枕と言っても、さまざまなタイプがあります。だからこそ、自分に合うものを選びましょう。自分に合う枕を選ぶことが就寝時の身体の負担の軽減、安眠に繋がるのではないでしょうか。