ああ言えばこう言う人の特徴とイライラしない上手な対応法

会話が弾むのはいいけど、ああ言えばこう言う性格なので何かとストレスが溜まる、そんな人は結構いるものです。いったいなぜ、落ち着いて言葉のキャッチボールができないのでしょうか。ああ言えばこう言う、何かにとりつかれたかのように話されたことに対し言い返そうとする、そこにはもちろん、理由が伴います。ああ言えばこう言う人の傾向、そして理想的な対応方法などについて、特集しました。

ああ言えばこう言う人の特徴

プライドが高い

ああ言えばこう言うという状況は、何か指摘などをした際にかならず言い返してくるような状態です。これには、言われっぱなしのままいたくないという感情が関わっているといえるでしょう。つまり、言い負かされたくない、言い負かされた気分になりたくないというプライドの影響が予想できます。断固とした意思表示があり、なおかつ言い返せるほどに口が回るため、自信が大きいのでしょう。ああ言えばこう言うというよりは、ああ言われたままで終わらせない、といった感じかもしれません。

周りの人を下に見ている

これもプライドが高いという特徴に通ずるものがあるでしょう。会話が始まった以上、かならずどちらかが話の締めをおこない、どちらかが言い返さずに終わらなくてはなりません。このとき、プライドの高い人からすれば、多少なりとも上下がつくと感じます。そこへきて、プライドが高く自分は上であると思っている人の場合、自分の側が言われっぱなしで終わらされることを良しとできません。周りのことを下に見ているので、かならずああ言われたあとにこう言い返してしまう、といった具合です。

「成功している人は運が良いだけ」と思っている

少し違った角度からの解釈になりますが、少しひがみめいたああ言えばこう言うの理由といえるでしょう。そもそも、本当に成功している人というのはそこまでべらべらと口を回す必要がありません。言葉によって自分を大きく見せたり守ったりしなくても、すでに実力や肩書きが備わっているためです。ですが、成功していない口ばかり動かす人物には、そういったことが分からないのです。言い合いや揚げ足取りで運よく勝ち続けさえすれば成功できる、そんな風にすら思っているかもしれません。そんな勘違いから、必死になっているパターンです。

人のアドバイスを邪魔だと思っている


ああ言えばこう言うの「ああ言えば」が、良かれと思っておこなったアドバイスの場合にかたくなに言い返してしまう人にあてはまります。本当に良心からくるアドバイスであれば、聞いて損はありません。ですが、自信過剰である、プライドが高い、そんな人には口うるさく聞こえてならないのです。そのため、せっかくの良心に対し「こう言う」ことで聞き入れないようにしているのです。

頭の回転は速い

ああ言えばこう言うというのは、決して簡単なことでもありません。これは普通の言葉のキャッチボールでなく、ひとつの言い合いですらあるので、批判や指摘を即座に解釈したのち、さらにそれを上回る持論を用意して返さなければなりません。この作業には、頭の回転の速さが必要になってきます。ああ言えばこう言いえる人には、そんな頭の回転が速い人物が多いといえます。

何でも知ったかぶりをする

プライドが高い人は、あまり他人からアドバイスを受けたり学んだりしたくありません。そこに上下を感じて、負けたような気分になるためです。そのため、アドバイスや教えに対して、それはすでに知っているから言われる筋合いはないともいわんばかりに、知ったかぶりをしているのです。そういうタイプは、そのときだけでなく、きっと普段から知ったかぶりの性格なのでしょう。

空気が読めない

そもそも、スムーズで円滑な会話において、ああ言えばこう言う必要はありません。会話とは、お互いの思いやる気持ちや空気を読む心配りがあってこそ成立するものです。ですがああ言えばこう言うタイプは、そのような客観視ができず、ただただ感情のままに言い返してしまいます。つまり、空気が読めないのです。

友達が少ない


前述の通り、ああ言えばこう言うスタンスは円滑なコミュニケーションに適していません。お互いが譲り合わなければ、融和的な関係は作れないためです。にもかかわらず、かたくなにああ言えばこう言う人は、もしかすると友達が少なく、そもそも友好的なコミュニケーションというものを知らないのかもしれません。

仕事がデキる人やモテる人が嫌い

ああ言えばこう言う人がターゲットに選ぶ相手として、仕事がデキる人、モテる人などが挙げられます。これらターゲットとなるタイプは、基本的にああ言えばこう言わないでしょう。なぜなら、仕事や魅力において十分な主張をおこなえており、充実しているためです。ですが、そうした主張ができない満たされない人間は、そうした充実していそうな人に何とか一矢報いたくて仕方がありません。そこで選ぶ最終手段が、とにかく口先で混乱させるというばかげた手法です。憧れや嫉妬が、嫌いという感情に繋がり攻撃的になっているのです。

自分中心に物事を考えている

ああ言えばこう言う話し方をする人は、他人の主張を受け入れられず、かならず最後は自分の主張を押し通さなければ気が済まないタイプといえます。これはいい換えると、自分を中心に物事を考えているとも捉えられます。人のこともしっかり思いやれる人は、主張だけでなく聞き入れられる度量というものも持ち合わせているものです。

不平や不満が口癖

会話内容うんぬんに限らず、ただただああ言えばこう言い返さなければ気が済まないというタイプもいます。言い返すという作業は、発言に対しての不平不満であることが多いでしょう。ですが、本当の意味での不平不満とは限りません。ただただ、口癖としてこれらを言っているだけというケースも考えられます。

負けず嫌いだが努力も嫌い

言い負かされないために、ああ言えばこう言うというスタンスをとります。つまり、負けず嫌いなのです。ですが、本当の意味で負けたくないなら、口先だけで必至になって言い返す必要もありません。実力や結果で見返せば良いのです。ですがああ言えばこう言うタイプの人は、これらを実現するための努力を嫌いがちです。

ああ言えばこう言う人への上手な対応

話を聞き流す

ああ言えばこう言うタイプの反論は、基本的に相手にする必要はありません。なぜなら、話の内容うんぬんではなく、いかに自分がマウントをとれるかしかみていないためです。また、言い合いをしている自分に酔っていることもわりと多いです。そのため、まともに話を聞く必要すらありません。会話をしている風にしつつ、聞き流すのがおすすめです。

最初から期待しない


会話の内容などそもそも気にしていないわけですから、期待を抱くだけ無駄でしょう。何せ期待をこめたこちらからの話しかけを、そもそもまともに聞こうとすらしていないためです。変に期待をもつと、それだけ落胆させられストレスがたまります。自分を守るために、そしてああ言えばこう言うタイプを図に乗せないためにも、期待はかけないようにしましょう。

理屈で喧嘩して相手をへこませる

ああ言えばこう言う人は、基本的に単純です。仕事や恋愛面でうまくいっておらず、ひがみったらしい性格が形成されているのは、物事を正確に考えることの苦手な単純思考タイプであるためです。そのため、こちらは知性的に理論で対応しましょう。単純な人間は賢い人間に理論で敵わないので、圧倒的な差を見せつけることで黙らせられます。

褒めてコントロールする

人生が充実している人間をひがむ人間は、満たされていない状態ともいえるでしょう。そのため、上のレベルから褒めてあげてみてはいかがでしょう。ああ言えばこう言うのは、ある意味あなたに憧れを抱いているからでもあります。知性的な褒め方をされると、心が少しばかり満たされて引いていくかもしれません。

まとめ

ああ言えばこう言うタイプは、世にいうしょうもないタイプでもあるでしょう。うまく対応できるかどうかは、とても重要になってきます。ですが、なぜああ言えばこう言うのか、そしてどういった対応が適しているのかという知識を、あらかじめ知っておくことで、落ち着いて対処できやすくなります。対処パターンを複数頭に入れておいて、順番に試すというのもありでしょう。