引き笑いは不快な印象を与える原因?自己診断の項目と直すための方法

笑うという表現は、幸福かつ好印象なケースがほとんどです。世界中誰もが心から笑顔であれたら、きっと戦争なども起こりにくくなるでしょう。ですが、笑い方次第では良い風にも悪い風にもとられることがあります。代表的な笑い方としては、引き笑いが挙げられるでしょう。某大御所芸人さんでもお馴染みですが、状況によって適さないこともあります。引き笑いについて、考察していきましょう。

引き笑いをしている人に持つ周りの印象

場が盛り上がるので助かる

まずはポジティブな印象についてです。引き笑いは、かならずしもネガティブなものというわけでもありません。それは、トップクラスの人気ぶりを誇る引き笑いが特徴的な大御所芸人さんがいるという点からも察せるでしょう。本当に引き笑いがただただ不快なものであれば、売れているはずがありません。

引き笑いは、場が盛り上がります。大きく笑っておこなう笑い方である上、発する音が高音という点も特長的でしょう。高い音で笑う人がいれば、その場にいる人のテンションも高まるといったところです。明るい空気を作る引き笑いが特徴的な人に対して、感謝すら覚えるかもしれません。

下品な印象を持つ

大口を開けて笑うというのは、品のないイメージに捉えられる場合もあります。特に女性ともなると、その意味合いは強まる傾向にあるでしょう。加えて引き笑いとなれば、下品にすら思われかねません。日本女性は、古くから奥ゆかしさが求められがちです。現代はだいぶ自由な風潮ができあがってきていますが、それでもなお控えめさを良しとする文化は色濃く残っています。品良くふるまいたいなら、引き笑いは適さないかもしれません。

不快に感じてしまう

引き笑いをする人は、あくまで少数派でしょう。それこそ日本人女性限定で考えるなら、その傾向は顕著なはずです。そのため、周りに足並みを合わせず、特徴的な笑い方を気遣いなくおこなう人は、不快に感じられてしまうかもしれません。品のない引き笑いそのものの印象も加わるため、なおさらです。

あなたは引き笑いする人?性格から自己診断

せっかち

周囲への印象を考えるなら、やはり引き笑いより一般的な品の良い笑い方の方が無難です。人間関係を考えるのであれば、紛れもなくメリットは高いでしょう。通常の大人であれば、わざわざ教わらなくてもそれは理解しているはずです。それでもな引き笑いが出てしまう人は、周囲への印象より感情を先行させてしまう、せっかちな性格であることが考えられます。どれだけ楽しくても、一呼吸置くべきかもしれません。

緊張しやすい

引き笑いは、その名の通り空気を吸い込みながら引いて発する笑い方です。つまり、声を前に飛ばしていない状態です。これは、はきはきと発言ができない緊張しがちなタイプと似ているでしょう。そうです、引き笑いは、緊張が影響してつい出てしまう笑い方でもあるのです。引き笑いで空気を悪くしてしまうと、冷たい視線を浴びせられてしまうでしょう。緊張は、ますます高まる一方かもしれません。

承認欲求が強い

前述でも触れている通り、引き笑いをする人は少数派です。そのため、人とは違う感情表現をしたい、明るい雰囲気にして目立ちたいといった具合に、承認欲求が強い性格であることも考えられます。また何度も登場しますが、一線級の人気を博す大御所芸人が引き笑いで有名なことも関連しているかもしれません。自分も人気者と同じような笑い方をして、認められたいと思っている可能性があります。

明るい性格

引き笑いがポジティブに機能する場合、大きな笑い顔と高い音により、場を明るくできます。もしかすると引き笑いをしている人は、自分が中心になって場を明るくしたいがために、計算しているのかもしれません。明るい性格に伴い、周囲をも巻き込もうとしているのでしょう。

頑張り屋さん

明るい性格で空気を良くしたいと意気込む人は、いわゆる頑張り屋さんでもあるでしょう。自分がエネルギーを使って、中心的になって場を盛り上げようと努力しているわけです。人一倍の、消耗が必要となってくるでしょう。それでもなお引き笑いで盛り上げようとするのであれば、そもそも頑張り屋さんな性格であることが予想できます。空気をしっかり読んでやってくれる人は、きっと気配りのできる良い人なのでしょう。

空気を読むのが得意


周囲を明るくしたいと考えられるということは、現在の空気が少し悪いことを察しているからこそではないでしょうか。そもそも明るい雰囲気になっていれば、わざわざ頑張る必要もないはずです。となると、沈んだ空気を察することが得意な人であるという可能性も良そうできます。引き笑いが特徴的なその人が場に加わると、いつも良好な空気が維持される、そんな人に当てはまるでしょう。

人前で話すのが好き

少数派である引き笑いの人は、注目を集めやすいです。もし以前からずっと引き笑いのクセをもったまま生きてきているのであれば、そのことは重々理解していることでしょう。となると、そもそも注目されている中で話すのが、好きであることが予想できます。あなたが引き笑いをクセとするタイプなら、日ごろの自分を見つめ返してみてください。注目されると、待ってましたといわんばかりに口が回ったりしませんか?

笑いの沸点が低い

引き笑いは、普通の笑い方のまたさらに上位の表現といえるでしょう。おもしろい、楽しいが度を超えて、大笑いしている状況にあるのです。つまり、笑いの沸点が低いことから、平均以上の楽しいという感覚を覚えているというわけです。意図的でなく、自然に引き笑いが出るというタイプが、これにあてはまる可能性が高いでしょう。良く笑う楽しげな人と思われているかもしれませんが、時と場合には注意したいところです。

あわてんぼう


引き笑いには、大きな特徴があります。それは、発声であるにもかかわらず、息を吐くのでなく吸いながら発するという点です。通常、発声は一度空気を吸い、それから吐きながら声を出します。ですが引き笑いは、吸う段階でいきなり発声するため、声を出すまでの手順がひとつ省かれています。そのため、息を吸ってから笑い声を出すという手順に面倒さを感じている、あわてんぼうな性格であることが考えられます。手順を踏まず、いち早く笑いたい、そんな心理が隠れているのかもしれません。

繊細な性格

これは、前述の緊張しやすいという特徴にも通ずるものがあるでしょう。引き笑いは、声を前に飛ばしません。そのため、主張をあまり得意としない、繊細な性格の人がおこないやすい笑い方ともいえます。大きく目立つ笑い声になることもありますが、吸い込みや声帯の具合を調整すれば、通常より小さな声で笑えるという点もポイントでしょう。

おおらかな性格

女性 笑顔

繊細とは真逆の性格かもしれませんが、こちらも大いに考えられます。笑いは、怒りとは縁の遠い表現方法です。仮に会話の流れが不穏になってきても、笑顔で笑い声を発せば、空気は穏やかになることでしょう。そのため、やさしくい続けたいというおおらかな性格が影響して、引き笑いを多用していることも考えられます。周囲を和ませたい、明るくしたいという意味も、こめられているかもしれません。

引き笑いが出なくなるポイント

早口にならないように注意する

引き笑いは、前述の通りせっかちな人に多い笑い方です。そのため、引き笑いそのものでなくせっかちさから改善するというのがどうでしょう。せっかちさを抑えるには、早口をなおす方法が有効です。話のリズムを整えることで、頭の中も調整できるためです。笑い方も、落ち着いて自然な表現になってくるでしょう。

深呼吸をしてリラックスする

こちらも同様に、せっかちさの改善を意識した引き笑いのなおし方です。手軽なリラックス方法として、やはり深呼吸は外せません。ゆっくり大きく息を吸い、そして吐き出しましょう。心が整えられると同時に、酸素をしっかり体内に取り込むことで、頭をすっきりさせられるという効果も期待できるでしょう。気持ちを落ち着かせて、余裕のある表現ができるようになるかもしれません。

息を吐きながら笑う練習をする

ストレートに、笑い方を練習するというのもおすすめです。引き笑いは空気を吸いながら笑う方法なので、正しく吐きながらおこなう笑い方を実践してみましょう。正しい笑い方がクセづけば、むしろそちらの方が自然になってくるでしょう。

まとめ

引き笑いという特徴的な笑い方には、さまざまな理由が考えられます。ですが、良い印象に繋がることもある一方、周囲を不快にさせてしまう可能性もあるのが実際のところです。状況によって使い分けられるよう、コントロールすることが大切でしょう。上記の情報を役立てて、正しく扱えるよう工夫してください