前日の失敗を引きずらない!「二日酔い時」のメイクテクニック

二日酔いで顔がひどいことに…

ひどい二日酔いは顔の状態にも影響する

前日の晩に飲みすぎて二日酔いになってしまった時、鏡を見ると「この顔だとまずい…」と焦る場合がありますよね。二日酔いになると顔がむくみ、全体的に血色感も薄れてしまいます。

そうした状態で外出しなければならないのであれば、メイクでごまかすのがおすすめ。ちょっとした工夫をすることによって、二日酔いを感じさせないメイクに仕上げることができます。

前日の失敗を見せないメイク方法を取り入れよう

明らかに二日酔いだとわかる状態で出かけるのは、やはり恥ずかしいですよね。大切な用事があったり、会社に行かなければならない時は特に二日酔いであることをカバーできるメイク方法を取り入れておくことが大切です。ポイントをおさえて、前日の失敗がわからないようにしていきましょう。

まずはむくみを解消!

むくみがひどいとメイクものらない

アルコールのとりすぎは、翌日の顔のむくみにつながります。むくみがひどいとメイクがのりにくくなり、全体的な印象も変わってしまうので、まずはむくみをとるようにしていきましょう。むくみを解消していけば気分もすっきりするので、二日酔いの軽減につながります。

ホットタオルと冷たいタオルを交互に使う

顔のむくみをとるときは、血行を促進するのがおすすめ。効率的に血行を促進するためには、ホットタオルと冷たい濡れタオルを交互に使っていきましょう。ホットタオルは濡らしたタオルを電子レンジで少し加熱すればOKです。

まずはホットタオルを顔にあてて温めたら、冷たいタオルをのせてください。これを数回繰り返すことで、むくみがとれやすくなります。

ハイライトでむくみ顔をカモフラージュ

むくんだ顔はのっぺりとしがち

メイクを工夫して二日酔いをごまかそう

メイクを工夫すれば、前日の失敗を感じさせない仕上がりにすることができます。最適な方法を取り入れて、二日酔いを感じさせないメイクにしてみてくださいね。