本格的な秋冬シーズン前に!やっておきたい《ニットの復活方法》

久しぶりに取り出したニットがよれよれに…

長く保管したニットは形が崩れがち

春夏のシーズンの間にしまっていたニットを取り出すと「形が崩れている…」となったことはありませんか?せっかくお気に入りだったニットも、形が崩れてしまったために「今年は着れないかな」となってしまうともったいないですよね。

もし形が崩れてしまったとしても、簡単な対処法を取り入れることで復活させられます。本格的な秋冬シーズンがくる前に、ニットを取り出して形の崩れを確認しておきませんか?

秋冬シーズンのためにニットを復活させよう

ニットは秋冬シーズンには欠かせないアイテム。好きなニットであればあるほど、長く愛用していきたいですよね。ニットをきれいな状態に復活させる方法を活用して、今年の秋冬もニットの着まわしを楽しんでいきましょう。

ハンガー跡がついたニットの復活方法

ハンガーに吊るしたままだと跡がつきやすい

ハンガーにかけていたニットを久々に取り出した時に起きやすいのが肩周りの崩れ。ニットの肩の部分がハンガーで引きのばされることで、形の崩れが出てきてしまいます。肩周りが崩れていると全体のシルエットも悪く見えてしまうので、着る前に復活させておきましょう。

水をスプレーしてドライヤーを活用

ハンガーで形が崩れてしまった部分を平らにしたら、霧吹きで水をスプレーします。そして、ドライヤーの温風をあてましょう。このとき、指でニットの形を整えながら温風をあてるのがポイント。ニットの形がきれいになったら冷風をあてて完了です。

縮まった袖の対処法は?

アイロンの蒸気をあてる

久しぶりに取り出したニットの袖が縮んでいることもありますよね。袖縮んでいるとサイズが合わなくなってしまいます。

袖が縮んだニットを復活させるには、アイロンを使いましょう。縮んだ袖口の部分にアイロンの蒸気を長めにあてます。しばらくしてからアイロンを離し、自然に冷めるまで待ってください。これで縮んだ袖を復活させることができます。

ニットの素材を確認してから行おう

ニットの種類によっては、直接アイロンの蒸気をかけるのではなく布をはさまなくてはならない場合もあります。必ずニットの表示を見てから行うようにしましょう。

着る前にブラッシングをしよう

ブラッシングで毛玉や汚れを落とせる

長期間保管していたニットには、ほこりなどの汚れがついている場合があります。また、昨シーズンからついたままになっている毛玉も放置しておくと見栄えが悪いですよね。着る前に全体にブラッシングをかけるのがおすすめ。こうすることでニットの質感が良くなり、快適に着られます。

来年も快適に着るための対処法

秋冬シーズンが終わったらクリーニングへ

次のシーズンも快適に着られるように、秋冬が終わった後のニットの保管方法もチェックしましょう。着終わったニットはニット用洗剤で洗濯し、清潔な状態にします。もしニットを洗濯機で洗うのに不安を感じている場合はクリーニング店に出すと安心ではないでしょうか。

タンスにしまって防虫剤を入れる

ニットをハンガーにかけておくと跡がつきやすくなるので、タンスにしまうのがおすすめ。虫食いを防ぐために防虫剤も入れましょう。防虫剤の成分は下に行き渡りやすいので、ニットの上に置くのがポイントです。

長くニットが愛用できるように工夫しよう

お気に入りのニットは長く愛用したいですよね。復活させる方法を用いながら、正しい保管方法でニットを愛用してみてください。