無意識に恋を遠ざける!「愛されベタ」な女性の特徴5選

あなたは大丈夫?愛されベタは損をする!

出会いの数は多いはずなのに、なぜか恋愛に発展しない「愛されベタ」な女性。

せっかく男性から好意を持たれているのに、ちょっとした癖が原因でチャンスを遠ざけてしまうのはもったいないですよね。

今回はそんな、「愛されベタな女性の特徴」をご紹介していきます。

自分に当てはまるものがないか、チェックしてみてくださいね♩

弱みを見せられない

愛されベタな女性には、「なんでも一人でやろうとして、弱いところを見せられない」という特徴があります。

「ダメなところを見せるのは恥ずかしい」と意固地になっている女性は、男性からしても心を許されていない気がして近寄りがたいでしょう。

女性から頼りにされるということは、男性にとって迷惑なことではなく、実はとても嬉しいことなんです。

時には弱いところを見せ、素直に甘えてみてはいかがでしょうか。

表情に乏しい

表情に乏しく喜怒哀楽が伝わってこない女性も、残念ながら愛されベタです。

たとえ心の中では楽しんでいたとしても、それが相手に伝わらなければ「自分といても楽しくないのかな…。」と向こうから離れていってしまいます。

嬉しいときは思いっきり笑って、辛いときは気持ちを隠さずに悲しむ。

こんな風に感情を表に出せる女性にこそ、男性は自然と惹きつけられるのです。

ネガティブすぎる

愛されベタな女性はネガティブで、「自分に好意を抱いてくれる人がいる」ということが信じられません。

「好きだよ」と言われても絶対に嘘!と決めつけ、褒められても「どうせお世辞でしょ」と相手にしない…。

このように人の好意を素直に受け取らないというのは、相手に対してとても失礼です。

「この子には何を言っても伝わらない」と諦められたくないのなら、せめて相手の気持ちだけは否定しないように気をつけましょう。

甘えるのが苦手

甘えるのがどうしても苦手でつい強がってしまう、そんな女性も損をしています。

「甘えて気持ち悪がられたらどうしよう」「キャラじゃないから無理!」なんて不安を感じることはありません!

好きな女性から甘えられて嫌だと感じる男性はいないはず。

むしろ「俺に心を許してくれてるんだ」と、嬉しさを感じる男性の方が多いことでしょう。

人に甘えるのには、慣れが必要です。まずは「甘える自分が気持ち悪い」という思い込みを捨てるところから始めましょう。

「好き避け」をしてしまう

好きな相手ほど避けてしまう、「好き避け」。

これも愛されベタな女性がやってしまいがちな行動です。

好きな人に緊張して冷たい態度をとってしまったり、二人で食事に誘われて嬉しいのに、素直に行くと言えなかったり…。

これが好き避けだとわかっている男性なら良いのですが、大半の男性は「断られた=自分に気がない」と感じてしまいます。

せっかくのチャンスを不意にしてしまわないよう、好き避けの癖は一刻も早く直しましょう!

素直さを大事に、愛され上手な女性になろう♡

愛されベタな女性に足りないのは、ズバリ自己肯定感です!

自分に自信がないと、「こんな自分が愛されるわけがない」と無意識に男性を避けてしまいがちです。

しかし、それが原因でたくさんのチャンスを逃してしまっているとしたら、本当にもったいないと思いませんか?

「とは言え、無理やり自分に自信を持つのは難しい…!」という人は、今回ご紹介した愛されベタな女性と逆の行動をとることを心がけてみてください。

困っているなら助けを求める。楽しいなら表情に出す。自分を必要以上に卑下しない。甘えたいと感じたなら甘えてみる。好きな相手にはその気持ちを態度で表す。

たったこれだけで、周りの男性があなたに抱く印象は大きく変わります。

相手からの好意は素直に受け取って、愛され上手な女性になりましょう♡