スカートのおすすめコーデ30選!

様々な着こなしが楽しめるスカートは、女性らしい着こなしからカジュアルなコーデまで、幅広き用いることができる万能性があります。

今回紹介する様々な違いがあるスカートのコーデは、シチュエーションや気分に合わせて何通りもの着こなしができるバリエーションの豊富さが期待できるでしょう。

普段の洋服選びが負担になっている人は、是非この機会にファッションセンスについて学び直してみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介しているスカート コーデのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10 おすすめコーデ:11 おすすめコーデ:12 おすすめコーデ:13 おすすめコーデ:14 おすすめコーデ:15 おすすめコーデ:16 おすすめコーデ:17 おすすめコーデ:18 おすすめコーデ:19 おすすめコーデ:20 おすすめコーデ:21 おすすめコーデ:22 おすすめコーデ:23 おすすめコーデ:24 おすすめコーデ:25 おすすめコーデ:26 おすすめコーデ:27 おすすめコーデ:28 おすすめコーデ:29 おすすめコーデ:30

この記事の作成者

R.K.さん【29歳】
元ファッションモデルでアパレル業のおしゃれ大好きR.K.さんがこの記事を作成しています

フレアスカートのおすすめコーデ


引用:CBK(カブキ)

ピンクのフレアスカートは、着こなしが難しいイメージがあります。しかし、トップスを黒で引き締めることで、普段あまり明るい色を身につけない人でも、簡単に明るいトーンの着こなしが楽しめるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

女性らしいシルエットが綺麗なフレアスカートは、オンでもオフでも活用できるシックな色がおすすめです。トップスとパンプスの色を揃えるだけでなく、ウエスト部分をインする着こなしは、全身をスリムアップする効果があります。

引用:CBK(カブキ)

黄色のパンプスがアクセントになるフレアスカートの着こなしは、体形カバーが期待できるロングスカートがおすすめです。年齢を問わずに長く着られるトータルコーディネートは、カジュアルなトートバッグとのバランスも大切でしょう。


引用:CBK(カブキ)

綺麗な発色のフレアスカートは、1着持っているだけでシンプルなトップスでも、おしゃれ度合いを自然とアップできます。サーモンピンク風でおしゃれなフレアスカートは、派手になり過ぎな程度に周囲と差をつけた着こなしが可能なコーデです。


引用:CBK(カブキ)

グリーンの綺麗な発色がアクセントとなるフレアスカートのコーデは、トップスやサンダルなどをシンプルにすることで、ボトムスの存在感が大きくなります。ウエストにリボンがあることで、お腹周りが気になる人でも安心して着こなしができるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

鮮やかな色のロングスカートは、体形カバーにも役立つ強烈なインパクトがあります。トップスにボーダーのカットソーや紺のジャケットなどのシンプルな装いを合わせるのがポイントで、フレアスカートのデザインをより一層際立たせるのが効果的です。

引用:CBK(カブキ)

夏のコーデにも相応しいロング丈のフレアスカートは、カゴバッグとの相性が良いファッションアイテムです。シンプルなデザインのフレアスカートには、肩見せコーデができるっトップスを合わせますと、ハイセンスな着こなしが実現します。

引用:CBK(カブキ

細身のプリーツがおしゃれなフレアスカートは、ロング丈であることを活かした足長効果が期待できるアイテムです。シンプルなデザインのトップスやバッグとのバランスも良く、まとめ髪とサングラスの良さがプラスされて、小顔に見せるスッキリk-出が完成します。

 


引用:CBK(カブキ)

チェック柄のロングスカートは、小柄な人でもハイヒールと合わせて着こなす工夫をしますと、体形に関わらずコーデに取り入れることができます。スカートと対照的なシンプルなトップスは、靴と合わせて茶系で揃えますと綺麗な着こなしができるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

個性的なバッグに合わせるフレアスカートは、ロング丈のギンガムチェックが重宝します。キャップやスニーカーも黒で揃えますと、トップスの茶色が綺麗に映える着こなしが可能です。

タイトスカートのおすすめコーデ


引用:CBK(カブキ)

前面にスリットが入っているデザインのタイトスカートは、ニットと同系色にすることで、スタイルアップが期待できる着こなしが完成します。ショートブーツやファー付きのバッグに合わせたコーデは、オンでもオフでも活用されるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

ウエスト部分のデザインがおしゃれなタイトスカートは、白いTシャツをインすることでおしゃれに着こなせます。カゴバッグとのバランスが重要な夏のコーデには、スニーカーとのバランスを考えたシンプルなファッションがおすすめです。

引用:CBK(カブキ)

チェック柄のタイトスカートは、ロング丈であることから、体形をカバーしながらおしゃれができます。スカートに合わせたスニーカーやバッグの色味は、トップスとのバランスも考えた統一感があるコーデに繋がるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

エレガントな装いが実現するピンクのタイトスカートは、ハイウエストタイプのデザインがポイントです。スカートに合わせたトップスのチョイスは、より女性らしさを演出するシックな着こなしとなるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

どんなコーデとも調和させやすい紺を基調にしたトータルコーディネートは、若い人だけではなく幅広い世代で真似できる着こなしです。スッキリとしたデザインのパンプスは、足元を綺麗に見せる働きをします。

引用:CBK(カブキ)

ファー付きのカゴバッグがアクセントとなっているコーデには、ピンクのタイトスカートが良く似合います。膝下丈の大人っぽいデザインであることから、派手な印象にならず落ち着いたコーデに仕上げられるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

ボトムスとサンダルが黒で統一された着こなしは、下半身を引き締めて見せる効果があります。鮮やかなトップスを目立たせる働きもありますので、色のコントラストが楽しめるコーデとなるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

大きめのチェックがかわいらしいタイツカートは、白いスニーカーとの相性が抜群です。アウターとなるショート丈にジャンバーを始め、無地でシンプルなコーデに良く似合うチェックのタイトスカートは、1着持っていると便利なファッションアイテムとなります。

引用:CBK(カブキ)

前面のスリットやハイウエストデザインが女性らしいグレーのタイトスカートは、大人っぽいコーデに欠かせません。トップスの袖口がアクセントになる着こなしは、無地のアイテムが多くても地味になり過ぎないハイセンスな着こなしができます。

引用:CBK(カブキ)

膝丈のタイトスカートは、柔軟な動きがしやすい便利さがあります。シンプルなデザインのトップスと合わせた着こなしは、パンプスや大きめのバッグの存在感を活かして、オンでもオフでも活用できる万能コーデを完成させられるでしょう。

ミニスカートのおすすめコーデ


引用:CBK(カブキ)

ミニスカートの中でもタイトなミニスカートは、女性らしいシルエットが実現しやすいファッションアイテムです。トップスのシースルー素材とのバランスも良く、思い通りの着こなしができるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

ウエストにある大きなベルトをポイントにしたミニスカートコーデは、足長効果が期待できる小柄な人におすすめの着こなしです。シンプルなサンダルを合わせることで下半身がスッキリ見えて、スタイルップが望めるコーデとなります。

引用:CBK(カブキ)

チェーン風のベルトがアクセントのミニスカートコーデには、靴下とショートブーツのコーデが良く似合います。トップスには女性いらしいデザインのものをチョイスすることで、全身のバランスが整ったガーリーファッションが完成するでしょう。

引用:CBK(カブキ)

個性的な靴下のデザインが光る厚底スニーカーとのバランスは、ミニスカートコーデならではの良さがあります。防寒対策にもなるアウターとミニスカートの丈は、スカートが少し長くなる程度のデザインが綺麗に見えておすすめです。

引用:CBK(カブキ)

レース素材トップスをj羽織ることで、ミニスカートから見える脚が良い一層綺麗になるコーデには、グリーンのスカートがおすすめです。発色が綺麗なミニスカートを履きますと、自然とスタイルアップできるので、体形カバーに役立つファッションアイテムとなります。

引用:CBK(カブキ)

トップスとスニーカーを黒で揃えたミニスカートコーデは、対照的なピンクの柄物テイストをチョイスするのがポイントです。足長効果が期待できるミニスカートは、まとめ髪で顔周りをスッキリさせるのも有効でしょう。


引用:CBK(カブキ)

肩見せコーデが良く似合うミニスカートは、シンプルなコーデにアクセントを加える大きめのカゴバッグがポイントです。サンダルを黒にすることで、足元を綺麗に見せる効果だけではなく、下半身を細く長く見せる効果があります。

引用:CBK(カブキ)

セットアップ風のデザインが可愛いミニスカートは、ショートブーツや靴下を黒で統一させるコーデは、全体をまとまった印象にするでしょう。大きめの青いバッグの存在感を活かして、着こなしのアクセントにするのがおすすめです。


引用:CBK(カブキ)

個性的なサンダルと合わせたミニスカートコーデは、女性らしさが演出できる白のブラウスとの組み合わせが絶妙です。スカートの色に合わせた茶系の大きなバッグは、ミニスカートとのバランスを程良く調和するファッションアイテムとなります。

引用:CBK(カブキ)

縦長効果が期待できるストライプ柄のタイトスカートは、着こなしに自信がない人でも上手にコーデできる手軽さがあります。トップスを無地にすることでボトムスとのバランスが良くなり、全身が思い通りにコーディネートできるでしょう。

 

関連記事

関連記事