オフショルのおすすめコーデ特集18選!

女性らしい着こなしができるオフショルは、コーデにアクセントを加えるアイテムとして広く活用されています。肌を露出するファッションが苦手ない人でも取り入れやすいオフショルですが、思うようにコーデに活かせないケースも沢山あります。

今回紹介するオフショルを使ったコーデは、今後のファッションセンスの磨きに影響が出る多種多様な着こなしが展開されています。是非今後の参考にしてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介しているオフショル コーデのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10 おすすめコーデ:11 おすすめコーデ:12 おすすめコーデ:13 おすすめコーデ:14 おすすめコーデ:15 おすすめコーデ:16 おすすめコーデ:17 おすすめコーデ:18

この記事の作成者

S.M.さん【26歳】
モデル経験あり!おしゃれ大好きS.M.さんがこの記事を作成しています

オフショルのおすすめコーデ特集


引用:CBK(カブキ)

オフショルのワンピースは、一瞬で華やかな着こなしができるアイテムとなります。無地ではなくチェック柄を選ぶことで、ピンクのバッグとのバランスを維持したトータルコーディネートが完成するでしょう。

引用:CBK(カブキ)

大胆な柄のパンツスタイルに合わせるオフショルは、女性らしく可愛らしい雰囲気のデザインが良く似合います。厚底サンダルとのバランスが程良いことから、夏の定番アイテムとしてオフショルは重宝するでしょう。


引用:CBK(カブキ)

清楚な印象が強い白いオフショルは、ボトムスの綺麗な薄紫とのコントラストが美しくなります。引き締め効果が高い黒のバッグをアクセントにしたオフショルを使ったコーデは、暑い季節でも爽やかな気分が味わえるはずです。

引用:CBK(カブキ)

派手な柄がアクセントになるオフショルは、レース仕様のデニムと合わせたハイセンスな着こなしが実現します。ヒールが高いサンダルと合わせることで足長効果が期待できるオフショルコーデは肩見せ効果によって、スタイリッシュな着こなしがスムーズに進められるでしょう。


引用:CBK(カブキ)

モノトーンコーデでも際立つオフショルは、トータルバランスを重視した着こなしが実現します。白いスニーカーなどカジュアルな装いをアクセントにしたコーデは、オフショルの効果が大きく発揮される展開となるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

個性的なバッグと一緒にオフショルを身につけても個性を消してしまうことがなく、お互いのセンスを強調したコーデが完成します。ジーンズとの相性が良いオフショルは、女性らしい雰囲気を醸し出したい時に欲しい1着です。

引用:CBK(カブキ)

カーキ色のオフショルは、白いパンツとの相性が良く、全体のバランスを重視したコーデに仕上げられます。サンダルのヒールを高くすることで足長効果が期待できる着こなしは、個性的なバッグとの相性も良いオフショルコーデとなるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

白いオフショルは着こなしが難しいイメージですが、実際にはチュニック風に着こなしができる爽やかなトップスとなります。カジュアル要素が強いサンダルやジーンズとの相性が良いオフショルは、コーデ全体を引き締める役割も果たすでしょう。

引用:CBK(カブキ)

足長効果が高いギンガムチェックのスカートは、厚底サンダルとのバランスコーデが重要です。無地でシックなデザインでも華やかな印象がある黒のオフショルは、様々な場面で活躍させられるファッションアイテムとなります。

引用:CBK(カブキ)

大きめのカゴバッグとの相性が良いオフショルは、ボトムスが無地の場合には、派手な柄のデザインがおすすめです。足長効果が高いベージュのパンツスタイルは、涼しげな印象を維持したまま、様々なシチュエーションで活用できるファッションアイテムでしょう。

 


引用:CBK(カブキ)

華やかなピンクのオフショルは、1枚持っていると重宝するファッションアイテムです。デニムとの相性が良いピンクのオフショルは、カジュアル要素が強いジーンズとのバランスを考えて身につけますと、小柄な人でも上手にな着こなしができます。

引用:CBK(カブキ)

セットアップ感覚での着回しができる大胆な色合いは、一瞬でおしゃれが演出できるグリーンがおすすめです。足元をスッキリ見せる白いサンダルは、コーデ前代を引き締めるアクセントが大きいファッションアイテムとしても有効でしょう。

引用:CBK(カブキ)

全身が白で統一されたコーデには、肌見せ効果が高いオフショルが良く似合います。スカートの丈が短いことから、肌を綺麗に見せる割合が多く、個性を思いきり主張したオフショルコーデに仕上げることが可能でしょう。

引用:CBK(カブキ)

個性的で鮮やかなバッグがアクセントとなるオフショルを使ったコーデは、ショート丈を選ぶことによってロングスカートとのバランスが調整されます。足長効果を狙って着こなしができるオフショルは、自分に合うデザインを探して身につけましょう。

引用:CBK(カブキ)

ジーンズとの相性が抜群のオフショルは、濃い色のデザインや柄がある方が個性的で、センスを磨きながら洋服選びが楽しめます。麦わら帽子風のハットとのバランスも重要で、帽子には多くの人が望む小顔効果が発揮されるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

シンプルなボーダー柄のカットソーでもオフショルが良く似合うことから、オーバーオール風に着こなすモノトーンコーデにも活用います。アクセントとなるピンクンバッグは、大胆さと個性を表現できるファッションアイテムとして重宝するでしょう。

引用:CBK(カブキ)

短めの丈がポイントのオフショルは、大きめの柄がアクセントとなります。ボトムスとのバランスがちょうどよく、足長効果が期待で着るアイテムです。肩見せが苦手な人でも肌を出しやすいオフショルは、ボトムスにインして着ることもできます。

引用:CBK(カブキ)

ベルトをコーデのアクセントにしたオフショルコーデは、キャップもボトムスもデニムで統一させることで、更にバランスが調整されたトータルコーディネートが完成します。白いスニーカーやトートバッグとの組み合わせが、更にカジュアル要素を強調するでしょう。