ボーイッシュにまとめたおすすめコーデ特集15選!

ふんわりとした優しい雰囲気の洋服ではなく、カジュアル要素が強いボーイッシュなコーデが好きな人が多くなっています。誰もが気軽にメンズウエアを手にする機会が増えている現在では、様々なボーイッシュコーデが実現しやすいでしょう。

今回紹介する着こなし術は、普段は女性らしい服装を好んでいる人でも挑戦しやすすくなっていますので、新しい自分との出会いに興味がある人は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介しているボーイッシュ コーデのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10 おすすめコーデ:11 おすすめコーデ:12 おすすめコーデ:13 おすすめコーデ:14 おすすめコーデ:15

この記事の作成者

R.K.さん【29歳】
元ファッションモデルでアパレル業のおしゃれ大好きR.K.さんがこの記事を作成しています

ボーイッシュにまとめたおすすめコーデ特集


引用:CBK(カブキ)

ボーイッシュコーデに欠かせないボトムスは、万能性が高い黒がおすすめです。白いスニーカーとの相性が良く、シンプルなカットソーとのバランスも程良く調整されています。アクセントにトートバッグを持つことで、ボーイッシュコーデのポイントを与えるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

アニマル柄のバッグが個性的なボーイッシュコーデは、定番アイテムとなるスニーカーやニット帽がポイントです。特にニットは背が高く見える効果が期待できるので、小柄な人でも取り入れやすい着こなしとなります。

引用:CBK(カブキ)

ダメージジーンズは、ボーイッシュなコーデに欠かせないアイテムです。白いスニーカーとのバランスも大切で、シンプルなカットソーや大きめのリュックなど、トータルバランスを考えたボーイッシュコーデはおしゃれです。


引用:CBK(カブキ)

ベージュのパンツに合わせるボーダー柄のカットソーは、ボーイッシュコーデの代表的な定番アイテムです。白いスニーカーが際立つように、足首周りがスッキリしたデザインのパンツを履きますと、幅広い世代の人が取り入れられるコーデとなります。

引用:CBK(カブキ)

女性らしいトップスと合わせるボーイッシュコーデは、両方のミックス具合のバランスが重要です。カジュアル重視のボーイッシュコーデの場合には、す。ジーンズやスニーカーなどのアイテムは、ボーイッシュな雰囲気を維持するとバランスが良くなります。

引用:CBK(カブキ)

細みのジーンズで体形を選ばずにボーイッシュコーデができることから、迷彩柄のアウターなど今まで挑戦したことがないデザインの洋服にトライするのもよいでしょう。キャップとリュックの色を統一さえるほか、サングラスもボーイッシュコーデには欠かせません。

引用:CBK(カブキ)

無地でシンプルな装いでボーイッシュコーデを意識するのは難しいですが、色のトーンを抑えて厳選するだけでも大きく異なります。足元のショートブーツは、レギンスやバッグなどと色味を揃えることで、トータルバランスが整った着こなしとなるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

フリース素材のアウターを始め、ジーンズやスニーカーなどを取り入れたボーイッシュコーデは、足元と統一したキャップの存在によって、全身コーデが程良く整います。バッグの選び方や使い方によっても、ボーイッシュコーデにアクセントを加えることが可能です。

引用:CBK(カブキ)

上下黒で揃えたボーイッシュコーデは、バッグの色を明るいトーンにすることで、重くなりすぎる着こなしをカバーします。キャスケット風の帽子が少し女性らしさを演出することから、思い通りのボーイッシュコーデに仕上げられるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

キャラクターが描かれたトレーナーの存在がインパクトを与えるボーイッシュコーデは、明るめのアウターやダメージジーンズなど、カジュアル服が好きな人におすすめの着こなしです。小さめのバッグは、着こなしにスパイス的な役割を果たすファッションアイテムとなるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

赤いスニーカーがインパクト与えるボーイッシュコーデは、足元が明るくなるだけで院所為鵜が大きく変わります。ニット帽やアウターなど、カジュアルな服装に合わせるバッグは、女性らしい着こなしにも用いることができるブルー系のバッグが良く似合います。

引用:CBK(カブキ)

大きなリュックとロゴTシャツの組み合わせは、ボーイッシュコーデの代表です。特に細身のパンツやスニーカーなど、黒をベースにした洋服の選び方は、全身を引き締めながらスタイリッシュにカジュアルな装いを楽しめます。

引用:CBK(カブキ)

ボーイッシュコーデに合わせるピンクのニット帽は、カジュアル要素に少し女性らしさを加えたい時に便利です。足元がスッキリ見えるサンダルは、存在感があるデザインである方が安定した歩き方ができるので、安全で見た目の印象も強くなります。

引用:CBK(カブキ)

黒い厚底サンダルがアクセントになるボーイッシュスタイルは、同系色のリュックやサングラスとのバランス重要です。トップスは白いタンクトップですが、それ程カジュアルを意識することなく、好みのものを着るのが良いでしょう。

引用:CBK(カブキ)

おしゃれなボーイッシュコーデには、オーバーオールの存在が大きいでしょう。背が高い人に似合う印象があるアイテムですが、キャップや白いスニーカーとのバランスによって、思い通りのカジュアルな着こなしができます。小ぶりのバッグは、着こなしのアクセントとなるでしょう。