ポロシャツのレディースコーデ特集12選!

襟の存在がきっちりとしたトップスであると認識させてくれるポロシャツは、Tシャツよりもきちんとした場面でも活用できるコーデであると認識されています。

シンプルな着こなしでも印象が変わるポロシャツのコーデは、女性ならではの着回し術があるはずです。今回紹介する着こなし方法を参考にして、是非今後の洋服選びを楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介しているポロシャツコーデ レディースのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10 おすすめコーデ:11 おすすめコーデ:12

この記事の作成者

R.K.さん【29歳】
元ファッションモデルでアパレル業のおしゃれ大好きR.K.さんがこの記事を作成しています

ポロシャツのレディースコーデ特集


引用:CBK(カブキ)

ストライプ柄のスカートとの相性が良い紺のポロシャツは、白いスニーカーやクラッチバッグと合わせて、シンプルでもこだわりがあるコーデを実現できます。首周りがスッキリするように、まとめ髪にすると更に印象が変わるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

シンプルなサンダルやデニムとの相性が良いポロシャツは、男性のアイテムではなく、スポーツをする人のものだけではありません。ウエスト部分にポイントが与えられえるように、インパクトがあるベルトを用いるのがおすすめです。

引用:CBK(カブキ)

柄物のショートパンツに合わせるポロシャツは、シンプルで洗練された白がおすすめです。スタイリッシュなサンダルや大きめのバッグなど、全身のトータルバランスを考えたコーデが実現しやすいでしょう。

引用:CBK(カブキ)

ゆとりがあるデニムガウチョパンツに合わせるポロシャツは、体にフィットするデザインのものが良く似合います。トップスをデニムガウチョパンツにインする着こなしは、気になるお腹周りをスッキリ見せる効果があるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

落ち好いた紺色のポロシャツは、華やかなショートパンツと組み合わせますと、自然と下半身がスッキリ見えるような着こなしができます。シンプルなデザインの靴は、歩く時にも疲れを感じないでしょう。

引用:CBK(カブキ)

鮮やかな緑のポロシャツが際立つコーデは、ボトムスとなるシックなタイトスカートと同系色のスニーカーなど、暑い季節でも上手に気候の変化を楽しむ柔軟性が必要です。素足で靴を履きますと、足元周辺が少しスッキリします。


引用:CBK(カブキ)

オーバーオールを着る時には、中に着るトップスをTシャツだけでなくポロシャツでも良く似合います。少し派手なスニーカーを合わせますと、足元のおしゃれを楽しみながら、自分らしいカジュアルコーデが確立できるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

ボーダー柄のタイトスカートは、同系色のポロシャツと合わせますと、ワンピースのような着こなしができます。ウエストに巻いたアウターや白いスニーカーなど、爽やかな着こなしがトータルコーディネートすることが可能です。

引用:CBK(カブキ)

モノトーンコーデに欠かせないポロシャツは、パンツとのバランスが重要で、体にフィットする少し小さめのデザインの方が綺麗な着こなしができます。バッグや帽子との組み合わせは重要で、夏らしいコーデの完成に大きな役割を果たすでしょう。

引用:CBK(カブキ)

 

大きなドット柄のポロシャツは、女性らしい着こなしができるデザインでしょう。短めの宇レアスカートやサンダルと合わせる着こなしは、普段使いから特別な日まで、自分にとっての大切な日に着まわしできる子でとなるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

ポロシャツをウエストにインした着こなしは、足長効果が期待できるスッキリコーデです。ボトムスから見えるベルトのカラーにもこだわりますと、着こなしのアクセントとして小物遣いのセンスが磨けるでしょう。シンプルなサンダルは、コーデにアクセントを加え宇存在となります。

引用:CBK(カブキ)

華やかなスカートに良く似合うポロシャツは、シンプルな着こなしに欠かせない白がおすすめです。サラリと着こなせるデザインは、暑い季節でも着心地が良く、鮮やかなボトムスとのバランスも程良く調和されます。同系色のスニーカーは、し元をスッキリとした印象に見せる効果があるでしょう。