黒ジャケットを使ったおすすめレディースコーデ15選!

コーデ全体をまとめる役割がある黒ジャケットは、着こなしのポイントになるのと同時に、アクセントを加える存在となるでしょう。

今回紹介する黒ジャケットを使った着こなしは、普段から良く黒ジャケットを着用している人から、手持ちの黒ジャケットがタンスの肥やしになっている人まで、誰もが役立つ情報です。

着回し術に困っている方は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介している黒ジャケットコーデレディースのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10 おすすめコーデ:11 おすすめコーデ:12 おすすめコーデ:13 おすすめコーデ:14 おすすめコーデ:15

この記事の作成者

R.K.さん【29歳】
元ファッションモデルでアパレル業のおしゃれ大好きR.K.さんがこの記事を作成しています

黒ジャケットを使ったおすすめレディースコーデ


引用:CBK(カブキ)

袖部分にスリットが入っているおしゃれなデザインの黒ジャケットは、肩に掛けるだけでもコーデにアクセントを加える存在となります。帽子やバッグも黒で揃えるようにしますと、思い通りのトータルコーディネートが実現します。

引用:CBK(カブキ)

パンツスタイルに合わせる黒ジャケットは、パンプスやバッグとの統一感を重視すると良いでしょう。ボトムスが淡いベージュですので、色のコントラストや強弱を楽しみながらオシャレができる黒ジャケットとなります。

引用:CBK(カブキ)

キャップと合わせてカジュアルな装いにも、ハイセンスな黒ジャケットが活用されます。デニム素材とも相性がよく、シンプルなパンプスも黒で揃えるなど、シックな装いをしたい時には黒ジャケットコーデを取り入れましょう。

引用:CBK(カブキ)

個性的なクラッチバッグやダメージジーンズなど、周囲と差をつけたおしゃれをしたい時には、黒ジャケットが便利です。中のトップスのロゴも黒で統一するなど、カラーを抑えた着こなしは更に落ち着いてシックなコーデが完成します。

引用:CBK(カブキ)

襟部分が特徴的で個性が光る黒ジャケットは、丈が短いショートタイプのデザインです。防寒対策には難があるかもしれない短い黒ジャケットですが、見た目のインパクトや華やかなボトムスとのバランスは抜群でしょう。厚底のスニーカーがありますと、小柄な人でも挑戦できるコーデとなります。

引用:CBK(カブキ)

カーキ色のボトムスに合わせる黒ジャケットは、シンプルなデザインでも華やかさがあるものがおすすめです。襟周りがスッキリとしたデザインは、黒ジャケットの重くなりやすい部分を回避して、普段使いのコーデとして活用できます。

引用:CBK(カブキ)

鮮やかなフレアスカートに合わせる黒ジャケットは、革製品のジャケット感覚で用いることができるライダーズジャケットが便利です。タイツやパンお薄を黒で揃えることで、黒ジャケットとの統一感が生まれます。ファー仕様のバッグと合わせた着こなしは、エレガントな要素も加えられるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

スポーツブランドのロゴが入った黒ジャケットは、スポーティなイメージが強いですが、普段着として活用できる便利さがあります。茶系のロングタイトスカートに合わせますと、色の強弱を楽しみながら様々なコーデに使える便利さが感じられるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

クリアバッグとの組み合わせで個性を主張できる黒ジャケットは、ジーンズやシンプルなパンプスなど、定番のコーデに加えるだけで着こなしにアクセントを与えることができます。サングラスやまとめ髪とのバランスは抜群で、コーデ全体を引き締める小顔効果があるようです。

引用:CBK(カブキ)

肩に掛けて羽織るだけでもハイセンスなおしゃれができる黒ジャケットは、エメラルドグリーンのタイトスカートに合わせることで、女性らしい華やかな着こなしができます。個性的なバッグを着こなしのポイントにしますと、まとまりがあるコーデがスムーズに完成するでしょう。

引用:CBK(カブキ)

黄色のサンダルがアクセントとなるコーデには、黒ジャケットと花柄模様のロングスカート風ガウチョパンツがおすすめです。年齢や体形を選ばずに真似できるコーデは、黒い大きめのバッグの存在感を活かして着こなしに取り入れますと、更にシックな装いに仕上がります。

引用:CBK(カブキ)

ギンガムチェックがアクセントとなるロングスカートのコーデには、黒ジャケットを組み合わせますと、トータルコーディネートが思い通りに完成します。大きめのバッグもモノトーンにすることで、コーデとの統一感が生まれるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

細いプリーツが女性らしいフレアスカートには、カジュアルな着こなしに便利な黒ジャケットが良く似ます。タイツやショートブーツとのバランスが良く、白いニットを合わせることで、黒ジャケットとのコントラストが上品に表現できるはずです。

引用:CBK(カブキ)

スリムアップ効果が高い着こなしは、体にフィットしたジーンズや黒ジャケットの存在がポイントです。ボーダー柄のカットソーに合わせる黒ジャケットは、全体のバランスを整える重要な働きをします。足元には黄色のパンプスでアクセントを加えますと、個性が光るバランスコーデが完成するでしょう。


引用:CBK(カブキ)

太めのボーダーが黒ジャケットとマッチする着こなしには、スリムなデザインのボトムスやシンプルなスニーカーが良く似合います。寒い季節にはジャンバー代わりにもなる黒ジャケットは、様々なデザインのものを用意しておくと、その日の気分に合わせたコーデが素早くつくり出せるでしょう。